ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2020明治安田生命J2リーグ
第23節

2020.9.30(水)

19:00KICK OFF

町田GIONスタジアム

試合終了

FC町田ゼルビア

FC町田ゼルビア

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  皆さん、気持ちの整理はつきましたか?

                  『今季2度目の2連敗』
                  『今季2度目の2試合連続無得点』
                  『首位から2位へ後退』

                  前節・東京ヴェルディ戦の敗戦によって、気持ちを落ち込ませる言葉が並びましたね。いずれも事実です。しかし、こういう事実もあります。

                  『第1節のアビスパ福岡と第2節のV・ファーレン長崎での今季一度目の2連敗後に好調へ転じた』
                  『第5節の京都サンガF.C.戦と第6節のジュビロ磐田戦での今季一度目の2試合連続無得点を経験した後、10試合連続複数得点、9連勝を含む10戦負けなしを達成した』
                  『2位へ後退したが、首位・徳島ヴォルティスとは得失点のみの差で、勝点は同じ』

                  つまりですね、必要以上に落ち込むことはないのではないか、と思うわけです。東京V戦をまだご覧になっていない方はぜひDAZNの見逃し配信をチェックしてください。水戸戦での敗戦を受けて選手たちは再び前を向いてファイトしましたから。小林伸二監督が東京V戦を前に話した「原点に戻る」をしっかりピッチ上で表現、試合序盤からアグレッシブな攻守で前に出ていき、効果的なハイプレスと背後と横幅、中央とサイドをバランスよく使い分けながらの攻撃を仕掛けることもできていました。

                  無得点に終わりましたが、町野修斗選手のポストをたたくシュート、池元友樹選手の相手GKの好セーブに阻まれたヘディングシュートなど、ゴールまであと一歩に迫る決定機もつくりました。また、池元選手を含めた後半からピッチに立った選手たちもしっかり個性を発揮してチームの反撃態勢の力に。佐藤亮選手のテンポのよいプレーとスペースをつくり、使う動き、池元選手のしっかりとしたボールの収まりとタメをつくる仕事、椿選手の果敢な仕掛け、川上竜選手と新井博人選手は9分間のプレー時間でしたが、その短い時間で攻撃的なプレー姿勢をしっかりと見せました。負けはしましたが、良い戦いをした、といっていいゲームだったと思います。だから、今節のFC町田ゼルビア戦で連敗を止めることを期待できるんです、期待していいんです。

                  リーグ後半戦の2戦目、第20節から続く5連戦の4戦目となる今節の相手、町田の近況を確認しておきましょう。第12節でギラヴァンツ北九州に1-2で敗れた後、第13節から第18節までは4連勝を含む6戦負けなしの好調に転じました。しかし、第19節・福岡戦(1-2)、第20節・大宮アルディージャ戦(0-0)、第21節・長崎戦(1-1)、そして前節・栃木SC戦(0-2)と未勝利が続いています。第18節・ツエーゲン金沢戦も1-1で引き分けているので5試合勝利から遠ざかっていることになり、調子が良いとは言えない状況にあります。

                  町田が今季表現しているスタイルはコンパクトな陣形を保ちながら前から相手に圧力を掛けていき、カウンターを主体とした攻撃でゴールを狙う、というものです。ピッチに立つ全員がボールとプレーにかかわり、局面でのバトルにも強い、“ファイトできるチーム”と、表現することができます。しかも、今季一度目の対戦でギラヴァンツ北九州に1-2で負けていますから、きっと2度目の対戦で勝利を目指すという強い気持ちで向かってくるでしょう。

                  ですから、まずは2連敗を引きずることなく前向きなメンタルをつくって試合に臨むことが必要です。残念ながら2位に後退してまさに“チャレンジャー”となり、挑戦的、積極的な判断とプレーを出しやすい状況になったわけですから、そこは選手の思い切りの良いプレーが期待できますね。

                  その上で、東京V戦と同様に「原点」に立ち返り、それをしっかりとピッチ上で表現することに意識を集中するべきでしょう。ハイプレスを掛ける。強く、速くかける。ボールを奪われたら素早く守備へと切り替えて相手のカウンターに対応する。

                  自分たちのカラーを出すことにこだわりを持つあの東京Vまでもが、ギラヴァンツ北九州のサイドの背後を狙ってきたわけですから、町田も得意のカウンターでそこを当然のように狙ってくるでしょう。ただ、小林監督が以前から言っているように、それに対する準備は必要ですが、必要以上に怖がることはありません。プレッシングの強度とスピードを増すことでそういうボールを出せない、そういう考え方を持つべきでしょう。

                  あとは東京V戦から中2日での試合ですから、小林監督がチョイスする先発メンバーの顔ぶれにも注目ですね。選ばれた選手がはつらつとプレーする、できるという環境をつくってきたこれまでのチームの取り組みが、またここでも生きてくるはずですから、誰が出ても期待していいでしょう。

                  前回対戦は勝利を収めましたが、その中で悔しそうな表情を見せていたのが村松航太選手です。終盤にゴール右寄りから安藤瑞季選手に中央へ折り返され、それを岡田優希選手に決められた失点の場面、安藤選手に対応したのが村松選手でした。「あのゴールは自分のせいです」と唇をかんだ村松選手にとっては、今節はリベンジを誓うゲームなのです。特に町田の攻撃の軸となる安藤選手をどう抑えるかは今節のテーマの一つになるわけですから、村松選手の働きも当然、重要に。個人のそういう思いも、連敗ストップの大きなエネルギーになりそうです。

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  【豪華!pring特別企画】「9月27日からのアウェイ3連戦」を応援しよう!

                  目指せ、チーム参加者555人キャンペーン!

                  下記アウェイ3連戦の期間中でpringのチーム(ギラヴァンツ北九州【公式】)登録者数が555名様に達成しましたら、「全選手サイン入りオリジナルフォト」をチーム参加者全員にプレゼントします。
                  また、10周年記念GKユニフォーム(GK4人の直筆サイン入り)が当たる企画もご用意しております。
                  ぜひ、友人や知人をチームにお誘いいただき登録者数555名を目指しましょう!

                  キャンペーンプレゼント企画

                  ①10周年記念GKユニフォーム(GK4人の直筆サイン入り)
                  対象:チーム参加者全員の中から抽選で1名様に当たる!


                  ②全選手のサイン入りオリジナルフォト
                  対象:チーム参加者全員!
                  (キャンペーン期間中に達成した場合のみ、6日を目処にプッシュ通知で送られます。)


                  ③各試合のオリジナルフォト
                  対象:各試合で500円以上のギフティング(ご支援)をいただいた方全員!

                  キャンペーン期間

                  10月4日(日)23:59まで

                  対象試合

                  9月27日(日)16:00キックオフ
                  東京ヴェルディ vs. ギラヴァンツ北九州

                  9月30日(水)19:00キックオフ
                  FC町田ゼルビア vs. ギラヴァンツ北九州

                  10月4日(日)16:00キックオフ
                  アビスパ福岡 vs. ギラヴァンツ北九州
                   

                  「pring(プリン)」を取得するには

                  「pring(プリン)」ギラヴァンツ北九州【公式】
                  ※アプリを事前にダウンロード、登録、チャージの上お待ちください。登録方法は下記ご参照ください。
                  送金アプリ「pring(プリン)」ダウンロード、登録方法

                  pring事前登録のお願い

                  1. 送金アプリ「pring(プリン)」をダウンロードしてください。
                  【iOS用アプリ】https://apps.apple.com/jp/app/pring-プリン-お金snsアプリ/id1295628648
                  【Android用アプリ】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pring&hl=ja


                  2. 会員情報を登録してください。


                  3. 投げ銭をしていただくには、銀行口座の登録とチャージが必要です。
                  本人確認は下記のどちらかで実施してください。
                  ‣pring提携銀行口座の登録
                  ※提携銀行はこちら https://www.pring.jp/campaign/money-stress#bank
                  ‣郵送での本人確認


                  4.アプリ内にチャージしてください。
                  ●現金でチャージ:全国のセブン銀行ATMからチャージできます。
                  ●銀行口座からチャージ:ご登録された銀行口座からチャージできます。

                  【株式会社pring】公式サイト
                  https://www.pring.jp/pring/

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前回のゲームでは、立ち上がりは良かったんですけど点が取れなかったというところでいくと、立ち上がりの良いところとプレスがかかる相手に対して自分たちでボールを運ぶというところはうまくいったと思っています。点が早めに取れたということは良かったです。ただ、点が早く取れたので難しい展開になったとは思いますけど、2点目が取れたら良いのですが、なかなかそういう形にならなかったです。前半の序盤の持ち出しが良い時に、2トップの関係がちょっと変わったのを見抜いて、パッとポジションを変えられるというところにちょっと時間がかかった。そこがまたうまく行きだしたら、ボールを運べるようになったという感じはしています。どうにか2点目を取りたかったんですけどなかなか取れなかったというのが事実で、勝つということはなかなか難しい。こういうものだと思いますけど、連敗の後にアウェイで勝点1を取って帰るというのは悪くはないので、これを次の福岡ダービーにつなげていきたいと思います。今日は収穫があったと言えると思うので、それをまたつなげていけたら良いと思っています。


                  Q:今回は東京に残っての調整だと聞いていますが、中2日間でどういう調整をしましたか?また、加藤弘堅選手を後半の途中からボランチに戻しましたが、その意図を教えてください。

                  A:中2日ということで帰ることもできたのですが、帰って1日準備して移動ということだと大変だということを考えると、コンディションを含めて正解だったなという事が1つ。もう1つ、決められた時間にクラブとして食事を提供できたということもすごく良かったなと思っています。2日間はグラウンドを借りて、リカバリーとゲーム前の準備をして、昨日は近くのホテルに移動してきたという意味では、この5泊6日は正解だったなという風に思っています。こういう風にすると随分リカバリーも早いんだなと、今日も随分動けだと思っているので、そこは良かったなと思っています。
                  色々な問題がありますけど、我々は先取点を取りたい。取られてもすぐ取り返してきたんですけど、最近はなかなか取れなくなってきているのと、後方からボールを運ぶ、組み立てをするところでプレスを受けてしまう。それをうまく回避するということで、今回は思い切って今日のような形を取りました。町田さんがトップのプレスが変わっていくので、そういうのを見ながら立ち位置を変えるということをやってきましたけど、段々ピポットのところで引っかかるようになったので、弘堅(加藤選手)を前に出して、守備の安定というところでセンターバックに村松を戻したということ。もう1つは、サイドバッグは初めての挑戦だったんですけど藤原を入れて、彼はボランチも出来ますし、公式戦ではやらせたことはないんですが、練習ゲームでやったことがあるので、そういうところに今回はかけてみました。相手が2トップになると彼は2トップの脇でちゃんともらえるので、それはうまくいったなと思っています。
                  ピンチも多かったですけど、我々はボールを後方から運ぶというところでいくと、今日は前半から悪くなかったと思います。前回のヴェルディ戦については、少しチャンスはありましたけど、うまく運べなかったので、そこは修正できたと思います。立ち上がりに点が取れたということは、ひょっとしたら相手からすると「あれ?メンバーが違う、どうなってんだ?」というようなところで点が取れたのかもしれないので、そこは選手にも初めが大事だという話をしていましたので、そこは上手くやってくれたと思っています。どうにか2点目を取りたかったんですけど、なかなか簡単なことではないですし、町田さんも球際は厳しいし、ハードワークをするチームですから、そんなに失点が多いチームでもないので、なかなか難しいゲームでしたけど、タフなゲームをしてくれたと思っています。
                   

                  選手コメント

                  MF17 加藤 弘堅 選手

                  Q:今日はセンターバックでの出場で、最後方から組み立てをするということを期待されていたと思いますが、実際にプレーをしてみて今日の成果をどういう風に感じていますか?

                  A:ビルドアップする際にセンターバックには入っていたんですけど、実際に僕がボランチにいて左に落ちる形とそんなに変わりはなかったので、そこまで違和感もなくボールは出せていたと思います。チームとしてなかなか効果的なチャンスというのは少なかったと思いますけど、ボールを動かせたのかなと思います。
                   

                  Q:ボランチからセンターバックに落ちるのと、守備の時からセンターバックに入るという今回の形を比べると、どういうところにメリットを感じましたか?

                  A:守備の面では、もちろんセンターバックの経験者がやった方が安定はすると思うんですけど、僕自身も2017年ですかね、J3に落ちた年に1シーズン通してセンターバックをしていたので、違和感はなくプレーできたんですけど、メリットってなると僕自身が声をかけて周りを動かせる、全体を見て動かせるという点ではメリットかと思います。
                   

                  Q:連敗をストップしたということを、次節のダービーに向けてどういう風につなげていきたいですか?

                  A:2連敗してしまっていたので、それを1点先制した上での追いつかれた形でもったいない感じはあるんですけど、連敗を止めたというのはチームとしてプラスになりますし、勝点1を積み重ねられたので。ダービーってなると順位は関係なく、今日の引き分けは勝点1などそういう意味でプラス要素はあるんですけど、対アビスパという意味ではそういうのは関係ない対戦となると思います。
                   

                  Q:加藤選手は2015年から北九州で生活をされ、開幕戦での対戦もありました。どういった思いでダービーを戦いますか?

                  A:僕がプロになってから、他のクラブでもダービーというのは経験しているんですけど、同じ県でライバルチームとダービーを戦うというのは北九州に来てからが初めてなので、そういう意味でちゃんと熟知できているかというのは正直分からないですけど。やっぱり北九州としてアビスパ福岡さんに対するリスペクトを持った上でのライバル視はありますし、向こうは今調子が良いので、僕らが勝点を取ることによって僕ら自身もまた乗っていける機会になると思いますし、そういう意味では僕はすごく対戦を楽しみにしています。
                   

                  MF39 椿 直起 選手

                  Q:今日の試合を振り返ってください。

                  A:良い形で先制点が取れて、チームとしても元々の前から行くサッカーがうまくいっていた前半ではあったんですけど、勝ちきれなかったのは悔しいです。
                   

                  Q:今日はいつもと違うシステムで、監督も初めが肝心と言っていたようですが、実際にシステムを変えたことで、相手に隙が見えたとか、良い攻撃ができているというような感触はありましたか?

                  A:前半は相手もちょっと迷ったっていう感じはしたんですけど、システムのところで動きはそこまでの違いはなかったので、得点のシーンは右サイドがしっかり起点になって、僕が斜めに抜けるというところでは良いところが出たかなと思っています。
                   

                  Q:次節のアビスパ福岡戦の事をお伺いしたいのですが、昨年から北九州で生活をされていて、また開幕戦で対戦をした印象など、どういった思いで臨みますか?

                  A:自分自身は開幕戦は出場していなかったんですけど、外から見ていたのもありますけど、今連勝中で勢いに乗っているチームでもありますし、同じ福岡ということで、どの試合も負けられないですけど、自分たちの中では気合が入る一戦であることは間違いないです。僕たちは今のところ3試合勝てていないということで、次の試合に臨む気持ちというのはここで勝って勢いに乗りたいという気持ちだし、どの一戦も変わりはないですけど、気合いは多分みんな入っていると思います。
                   

                  Q:今日の結果でアビスパ福岡との勝点の差が縮まりましたが、現時点で順位争いというのは意識されるものですか?

                  A:意識していないことはないです。一戦一戦勝つという気持ちはどの順位でも同じですけど、僕たちは今優勝を狙って後半戦に臨んでいるので、順位というのは意識しながら戦ってはいます。

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop