CLUB HISTORYクラブヒストリー

クラブヒストリー

2020

12月 2020明治安田生命J2リーグ[19勝8分15敗 勝点65]を[22チーム中5位]で終える

2019

1月 小林伸二監督兼SD 就任
4月 第23回福岡県サッカー選手権大会で優勝し、第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会に福岡県代表として出場
11月 2019明治安田生命J3リーグ第32節の結果により2位以内が確定し、J2昇格決定
12月 2019明治安田生命J3リーグ第33節の結果によりJ3優勝
2019明治安田生命J3リーグ[19勝9分6敗 勝点66]を[18チーム中1位]で終える

2018

1月 森下仁之監督 就任
6月 柱谷哲二監督 就任
12月 2018明治安田生命J3リーグ[6勝9分17敗 勝点27]を[17チーム中17位]で終える

2017

1月 原田武男監督 就任
3月 この年より開業したミクニワールドスタジアム北九州で開幕戦(vs.ブラウブリッツ秋田)を行う
4月 第21回福岡県サッカー選手権大会で優勝し、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会に福岡県代表として出場
12月 2017明治安田生命J3リーグ[13勝7分12敗 勝点46]を[17チーム中9位]で終える

2016

5月 行橋市・豊前市・苅田町・みやこ町・吉富町・上毛町・築上町とフレンドリータウン協定締結
11月 2016明治安田生命J2リーグ[8勝14分20敗 勝点38]を[22チーム中22位]で終え、クラブ初のJ3降格を喫する
12月 Jリーグアウォーズ フェアプレー賞受賞

2015

3月 直方市、宮若市、鞍手町、小竹町とフレンドリータウン協定締結
11月 2015明治安田生命J2リーグ[18勝5分19敗 勝点59]で[22チーム中7位]で終える
12月 Jリーグアウォーズ フェアプレー賞受賞

2014

2月 福岡県議会応援団発足
水巻町とフレンドリータウン協定締結
3月 2014Jリーグディビジョン2開幕
中間市、芦屋町、岡垣町、遠賀郡とフレンドリータウン協定締結
10月 天皇杯準々決勝〈ベスト8〉進出を果たす。
モンテディオ山形(J2)と対戦し0-1で敗戦
11月 2014Jリーグディビジョン2[18勝11分13敗 勝点65]で[22チーム中5位]で終える
12月 Jリーグアウォーズ フェアプレー賞受賞

2013

2月 柱谷幸一監督 就任
3月 2013Jリーグディビジョン2開幕
北九州市議会応援団発足
11月 2013Jリーグディビジョン2 [13勝10分19敗 勝点49]で[22チーム中16位]で終える

2012

3月 2012Jリーグディビジョン2開幕
11月 2012Jリーグディビジョン2[19勝7分16敗 勝点64]で[22チーム中9位]で終える

2011

2月 三浦泰年監督 就任
3月 2011Jリーグディビジョン2開幕
11月 天皇杯3回戦進出を果たす 名古屋グランパス(J1)と対戦し0-1で敗戦
12月 2011Jリーグディビジョン2 [16勝10分12敗 勝点58]で[20チーム中8位]で終える

2010

3月 2010Jリーグディビジョン2開幕
10月 天皇杯3回戦進出を果たす FC東京(J1)と対戦し0-2で敗戦
12月 2010Jリーグディビジョン2[1勝12分23敗 勝点15]で[19チーム中19位]で終える

2009

2月 第13回北九州市長杯争奪北九州招待サッカー大会にてJ2サガン鳥栖、ファジアーノ岡山を破り2連覇を達成
3月 第11回日本フットボールリーグ開幕戦を本城陸上競技場で開催。
過去最高の9,856名の観客が来場するもののスコアレスドローに終わる
4月 2010シーズンから使用する新しいチーム名称・エンブレムを公募(4/1~4/30)
8月 福岡大学を破り2年連続で天皇杯本大会への出場を決める
10月 新チーム名称「ギラヴァンツ北九州」・新エンブレムを発表
10月 第11回JFL後期第16節にてアルテ高崎にアウェイで勝利しJリーグ昇格条件である[4位以内]を確定させる
第11回JFL [16勝10分8敗]の[4位]
Jリーグ臨時理事会にてギラヴァンツ北九州のJリーグ入会が承認される

2008

2月 Jリーグ準加盟申請が承認される
12回北九州市長杯争奪北九州招待サッカー大会決勝戦にてファジアーノ岡山をPK戦の末破り初優勝を果たす
3月 第10回日本フットボールリーグ開幕
8月 第88回天皇杯福岡県予選決勝にて九州産業大学を2-1で破り、初めての天皇杯本戦出場を決める
10月 天皇杯3回戦進出を果たし北九州市役所にて壮行会を実施。3回戦はベガルタ仙台(J2)と対戦し0-2で敗戦
株式会社ニューウェーブ北九州設立 代表取締役社長に横手敏夫が就任
11月 JFL昇格初年度を[13勝10分11敗 勝点49]で[18チーム中10位]の成績で終える

2007

2月 与那城ジョージ監督 就任
4月 支援体制強化を目的に後援会組織「ニューウェーブ北九州後援会」が設立される
10月 全国社会人サッカー選手権大会(大分県)に出場(3回戦敗退)
九州リーグ初優勝 全国地域リーグ決勝大会出場権を獲得
12月 全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド(熊谷スポーツ文化公園開催)を1勝1PK負1敗で準優勝 JFL昇格を決める

2006

9月 九州リーグ3位(9チーム中)
10月 全国社会人サッカー選手権大会(秋田県開催)3位で全国地域リーグ決勝大会出場権を獲得できず

2005

10月 九州リーグ6位(10チーム中)
全国社会人サッカー選手権大会(兵庫県)に出場(2回戦敗退)
北九州市出身ミュージシャン大内義昭氏の協力によりニューウェーブ北九州応援歌を作成
11月 J:COM杯争奪第2回ニューウェーブジュニアサッカー大会開催(主催)

2004

2月 井筒屋・ゼンリンとスポンサー契約締結、スポンサーロゴ入りユニフォーム発表
4月 ニューウェーブ北九州U-18発足
ジュニアスポーツ体験教室事業を北九州市より受託
ドリームスポーツタウン事業(小中学生を対象とした巡回指導)を北九州市より受託
7月 事務局を新門司体育施設内に移転
9月 埼玉国体に福岡県代表として出場(1回戦敗退)
10月 指定管理者制度の導入に伴い、新門司体育施設の管理を北九州市から受託
NPO法人北九州フットボールクラブ設立
九州リーグ6位(10チーム中)
全国社会人サッカー選手権大会(岡山県)に出場(2回戦敗退)
ニューウェーブジュニアサッカー大会開催(主催)

2003

10月 九州リーグ4位(12チーム中)
小中学生を対象としてサッカー巡回指導を実施(主催)
高校生を対象としたサッカークリニックを開催
11月 少年サッカー大会「ニューウェーブ杯」及びサッカー教室開催(主催)

2002

4月 旧陣山中学校内に北九州FC事務局設置
9月 ニューウェーブ北九州支援自販機の設置が始まる
10月 九州リーグ8位(10チーム中)
少年サッカー大会「ニューウェーブ杯」及びサッカー教室開催(主催)

2001

5月 三菱化成黒崎サッカー部を母体としたクラブ「ニューウェーブ北九州」創立
桃園運動場を夜間、練習会場として使用開始
9月 福岡県代表としてみやぎ国体出場(1回戦敗退)
10月 九州リーグ8位(10チーム中)