ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

天皇杯 JFA 第 101 回全日本サッカー選手権大会
2回戦

2021.6.9(水)

18:00KICK OFF

ミクニワールドスタジアム北九州

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

-

-

SC相模原

SC相模原

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  チケットのお買い求めはこちら
                   

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前回磐田戦のシステムがなかなか良かったので、そのままリーグ戦とは別の天皇杯ですけど、同じシステムでチャレンジをしてみました。チャンスは思った以上に作れたと思うんですけど、それをものにできなかったというのは残念だなと思っています。
                  後半にああいう形で押し込んだ中でどう崩すかというのは大変難しいと思うので、チャンスがあるときにやっぱり決められたら違うんだなというふうに、これは我々も選手もわかっていると思いますけど、そういうところにハマッてしまったというようになってしまいました。天皇杯はこれで終わりなので、リーグ戦だけに照準を合わせてしっかり頑張っていきたいと思います。
                   

                  Q:チャンスが作れた反面、課題も色々見つかった試合なのではないかと思いましたが、いかがですか?

                  A:チャンスは真ん中だったりサイドだったりできたと思うんですよね。当然相手があるので真ん中に縦が入るところを何回か稲本選手に引っかけられたというところもあったと思いますが、真ん中が緩いのでああいうふうになるし、逆にそこが閉まれば脇が開くと言うふうなことはできたと思います。ただ、少し自分たちで判断してプレーが止まってしまうというのが前半見受けられたので、そこは切り替えてプレーを続けるということ。そのプレーによって切り替えと同時に連動してサッカーが繋がっていく攻守の切り替えがあるというところは前半少し足りなかったと思っています。3-4-3の相手には結構つかみどころがなくて、ボールがうまく回るなというふうに思っていますから大事にはしたいんですけど、前回と同様点を取れるところまでは行っていないというところ。システムを変えていつものシステムになった時は立ち位置はちょっと良くなりますけど、やはりなかなか点が取れなかったというふうに思っています。
                   

                  Q:ボランチからバイタルエリアに入っていく部分のクオリティを上げていくのは、選手のアイデアなのかシステムや戦術面なのか、どういうふうに考えていますか?

                  A:選手のアイデアだけでは難しいと思います。当然相手の後ろ3枚とボランチ2枚というところをダイヤモンドの形でどう破っていくかというのはあるので、例えばボランチの脇で前を向いたら裏を取れるというのはありますし、縦パスが入った時に3人目が絡むというような形もあると思うんですよね。そういうのは1度にはできないと思いますけど、作っていく必要があります。そうすると、中に人が集中するので今度は外側が空くというようなところは作っていく必要があると思っています。個人の技量だけではないのは事実と思っていて、そこは当然ボールがひとつ入るのも誰かがアクションを起こすから他の所に入るわけで、足元に入るのが裏に出たりということや足元に入ったのを3人目が絡むという連動の部分も少しずつやっていますけど、なかなかそれが実践の場で得点まで結びつ
                  いていないという所になると思います。
                   

                  Q:今日の試合をリーグ戦で勝ち点を積み上げていくために、どういうふうに活かしたいですか?

                  A:今までよりもはるかにチャンスは作っているんですね。今までの中で1番チャンスを作っているので、それをものにするというのがすごく大事だと思います。ペナルティエリアの中で結構チャンスを作っているので、そこを得点にするというのは必要です。そこで点が取れればいいですが、こういう形で失点を食らうとなかなか崩せないというのはあると思うので、先制点の重さというのは大きいと思います。
                   

                  選手コメント

                  MF10 髙橋 大悟 選手

                  Q:今日の試合を振り返ってください。

                  A:勝たなきゃいけない試合だったと思いますし、これが今の僕らを表していると言うか。難しいゲームだったとは思いますけど、しっかり自分たちがやることをやれば勝てたのではないかと思います。
                   

                  Q:システム的には磐田戦と同じような形でしたが、惜しいチャンスを作ることができたと思います。悔しい敗戦にはなったと思いますが、手応えもあったのではないでしょうか?

                  A:負けて手応えにしてはいけない試合だったと思いますし、勝って次に向けての課題にしないといけないと思っているので、全然意味がないかなと思います。
                   

                  Q:監督からは前半のチャンスで決めないとこういう試合になるという話もありましたが、その辺りは同じ感覚でしょうか?

                  A:どのシーンもそうだと思いますけど、決めるところはしっかり決めるとか、それ以前にやっぱりもっと確実なチャンスを増やさないとチームとして勝っていけないと思います。シュートは打っていたと思うんですけど、もっと入る確率が上がるような状況を作らなきゃ、これから先、上には行けないんじゃないかなと思います。
                   

                  Q:リーグ戦に向けて意気込みをお願いします。

                  A:応援してくれている方にもとても残念な結果だと思います。本当に勝たなきゃいけない試合だったので。こんなことを言ってはいけないと思いますけどポジティブに捉えてリーグに絞れて良かったなと後から思えるように、しっかりリーグで結果を出してみんなで喜べたらなと思います。
                   

                  FW7 佐藤 亮 選手

                  Q:今日の試合を振り返ってください。

                  A:自分達はリーグ戦もあまり順位が良くないですし、ここは気持ちの整理をして、天皇杯でどれだけ躍進できるかというチームの真価が問われていた中で、同じJ2というカテゴリーの相模原さんに自分たちが決定機を決めきれず、逆に少ないチャンスを決められ0-1で敗戦したというのは悔しいという言葉で片付けてはいけないと思います。アタッカーの自分を含めて攻撃陣は0点に終わってしまったということは反省しなければいけない大きな課題です。あとは、やっぱりこういった連戦でリーグ戦からメンバーを変えずに戦った中で、最後の最後まで全員が走り切れたか、戦い切れたかというところも反省しないといけないポイントかなと思っています。
                   

                  Q:佐藤選手はリーグ戦とシステムの変更によってプレースタイルも変更せざるを得ない部分もあったかと思いますが、ご自身のプレーについてはいかがですか?

                  A:リーグ戦の前々節までは1番前でプレーをさせていただくことが多かったのですが、前節磐田戦からは右サイドを主にポジションを変えて、ワイドに張りながら個で打開したり、仲間と連携しながらいかに相手のサイドを取って工夫してチャンスメイクをするというところ、あとは自分でゴールまで持っていくというところを監督含めてスタッフ陣には求められていた部分ではありました。今日もサイドを起点にチャンスメイクは何度かありましたが、なかなかそれがゴールに結びつかなかったというのは自分のラストパスの精度、あとは自分でゴールまで持っていく技量というのがまだ足りなかったのかなというふうに感じています。


                  Q:中3日で琉球戦がありあります。次も強い相手との試合になりますが、意気込みをお願いします。

                  A:琉球さんは今年調子が良いと言うか、勝つべくして勝っているとは思いますが、勢いがあるチームのひとつだと思うので、その中で自分たちは順位を見つめながらも順位にこだわらず、自分たちが持っているサッカーをぶつけるだけだと思います。個人的には結果を残さなければこの世界というのは生き残っていけないというのは重々承知していることなので、いかに自分でゴールだけではなく1対1で仕掛けた数、仕掛けた中で相手を抜いた数、逆に守備でインターセプトをした数、対人でどれだけぶつかって相手に勝ったかというそれぞれの数字にこだわって、それがチームの勝利に直結するようにやっていくだけだと思います。今日もそうですけど、チームとしてもっと選手それぞれがエゴを出したり、闘志を全面に出して戦えるかというところは今年に入ってからずっとある課題だと思うので、明日から良い準備をして自分がそういった面ではチームを引っ張っていけるように次の琉球戦に向かってやっていきたいと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop