INFORMATION試合情報

2022明治安田生命J3リーグ第15節
ギラヴァンツ北九州
VS
鹿児島ユナイテッドFC

2022.7.2SAT18:00

ミクニワールドスタジアム北九州

HOME

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

前半

後半

-

鹿児島ユナイテッドFC

鹿児島ユナイテッドFC

 

  • スタジアム
  • 入場者数
  • 天候/気温/湿度
  • 主審
  • 副審
  • 第四の審判員

MEMBERメンバー

REPORT試合経過

DATAデータ

STADIUM MARCHEスタジアムマルシェ

 
×

12とり唐のさんわ

ムネ身(100g) 190円

モモ身(100g) 220円

ハーフチツプ(100g) 230円

 
×

13まんまる

おにぎり 180~280円

クレープ 400~550円
生絞りジュース 500円

 
×

14ろくのれん

冷やし焼き芋(安納芋・紅はるか) 400円・450円

タピオカ 450円~

クロッフル 300円~400円
スティックワッフル1本・3本 400円・1000円

 
×

14スマイリー

ワッフルフルーツサンド 500円

チーズナンサンド 500円
ソフトクリーム 300円

  • ①あおいこい

    ギラチキンドラム 1000円

    ギラチキンドラムや、ふわっふわの台湾カステラなど是非!

  • ②若松観光物産

    オム焼きそば 500円

    毎試合大行列!大人気の「オム焼きそば」が今年も食べられます♪お子様からお年寄りまで幅広いファンがいるお店!

  • ③北九州駅弁当

    かしわうどん 500円

    北九州名物!「かしわうどん」、スタジアム限定「ギランのかしわ飯」を召し上がれ♪

  • ④いすずカフェ

    クッキー 400円

    行橋でランチ&スイーツがおいしく堪能できると言えばコチラ!大人気店の「いすゞカフェ」さん♪

  • ⑤魚cha北九州

    豊栄のたこめし/ 500円

  • ⑥架け橋

    ポップコーンM 400円

    リピーター続出‼ポップコーンを食べながら試合観戦はいかが??名物おじさんも必見‼

  • ⑦門司港地ビール工房

    フランクフルト 500円

    北九州で愛されている地ビール!今年はギラヴァンツ北九州とコラボ企画の【ギラヴァイツェン】を愉しんで♪

  • ⑧美健料理屋 禅

    ギラ勝つサンド(ピタパン) 800円

  • ⑨かけだれからあげ カラキチ!

    鹿児島醬油からあげ 500円

    味付けには鹿児島醤油や鰹節醤油を使用し、お肉には鹿児島県産の鶏を使用!こだわりのからあげをお届けします!

  • ⑩だるま堂

    焼きうどん 500円

    北九州名物「焼うどん」。サポーターの声により、復活出店!

  • ⑪つづみ団子

    みたらし団子 160円

    米粉を使用したもっちり食感の団子で舌つづみ!お茶うけ、おやつなどにお子様からご年配の方まで楽しめます。わらび餅や生チョコ大福など大人気販売中!ぜひお立ち寄りください!

  • ⑫味浪漫

    鶏もも(一口) 600円

    毎回行列必至の大人気店!

  • ⑬ヒナマルカフェ

    クレープ各種 400〜 600円

    北九州を中心に様々なイベントに出店中!もっちもちのクレープが美味しい♪とファン続出中~。久しぶりにミクスタに登場です!

  • ⑭スマイリー

    ワッフルフルーツサンド 500円

    ポコポコのワッフル生地にアイスやフルーツ等をトッピングした映えスイーツ

  • ⑮hitasura kitchen

    奄美の鶏飯 700円

    「海を渡らなくても本場奄美の鶏飯が手軽に食べられる」がコンセプト。出汁からこだわりぬいた、鹿児島の郷土料理である鶏飯をスタジアムでお楽しみください!

  • ⑯福原学園 ギラヴァンツ北九州サポートサークル

    ジュレサイダー 300円

    福原学園の学生たちの行動力やアイディアをクラブに提供いただき、またクラブとしても実社会に即した社会活動の経験を学生に提供し運営をおこなっています。

 
×

1あおいこい

ギラチキンドラム 1000円

チュロス 500円

生ビール 600円

 
×

2若松観光物産

オム焼きそば 500円

から揚げ 300円

ポテト 300円

生ビール 14オンス 600円
チューハイ 400円
ノンアルコールビール 14オンス 400円

 
×

1創作割烹 博多溝家

博多名物!プリッぷりの牛丸腸が最高!

ギラもつ焼きそば(大盛り) 800円

ギラもつ焼き(大盛り) 1000円

佐賀がばい唐揚げ 大 1000円
佐賀がばい唐揚げ 中 800円
佐賀がばい唐揚げ 小 500円
佐賀がばい唐揚げ ミニ 300円
パイ生地たい焼き(3・10・11月) 300円
かき氷(7~9月)シングル 400円
かき氷(7~9月)ハーフ&ハーフ 500円
かき氷(7~9月)レインボー 500円
生ビール 14オンス 600円
ギラサワー 14オンス 600円
ギランゴールド 14オンス 500円
ギラスカッシュ 14オンス 400円

 
×

2ろくのれん

焼鳥といえばここでしょう!種類豊富な「ろくのれん」の串を堪能~♪お子様やお父さんのビールのお供にもおすすめ‼

焼鳥 100~600円

生ビール 14オンス 600円
チューハイ 14オンス 300円
ハイボール 14オンス 500円
焼酎お湯割り 8オンス300円
ホットコーヒー 200円

 
×

3北九州駅弁当

名物「かしわ飯」‼

かしわ飯 600円

「北九州」といえば、やはり「かしわうどん」。創業100年の安心の味!

かしわうどん 500円

名物「かしわ飯」の上にはギランの顔が‼ここでしか味わえないスタジアムグルメ。

ギランのかしわ飯 1,200円

小倉の人気ベーカリー「グランドアムール」と「北九州駅弁当」のコラボサンドイッチ。ギラヴァンツ北九州ホーム試合限定商品です。

ギラサンド 3種類 各400円

おにぎり(1個) 150円
いなり(3個) 250円
生ビール 14オンス 600円
焼酎(水・お湯割り) 14オンス 500円
お茶(ペットボトル) 200円
コカコーラ(ペットボトル) 200円

 
×

4いすずカフェ

クッキー 400円

ギランオリジナルクッキー(全5種類以上)

 
×

5魚cha北九州

豊栄のたこめし 500円

煮たこ弁当 650円 (一番人気)

●たこめしだしかけ 400円
●サザエめし 600円
●イカ天ぷら丼 500円
●煮たこ串 200円
●たこ串タワー 500円
●魚フライ 300円
●おかずミックス 250円

 
×

6架け橋

ポップコーンM 400円

ギラチョコ 300円

ギラクリームパン 300円

ギラメロンパン 300円

ギラジェットドーナツ 300円

ギラ天 2つセット500円

ポップコーンM3つセット 1000円
生ビール 14オンス 600円
ホットコーヒー 300円

 
×

7門司港地ビール工房

フランクフルト 500円

ギラヴァイツェン 18オンス 700円

ミックスナッツ 300円
地ビール18オンス 700円

 
×

8美健料理屋 禅

ギラ勝つサンド(ピタパン) 800円

キーマカレーサンド(ピタパン) 600円

揚げパン 300円
えびせん 400円
チキンカツ 400円
牛すじコロッケ 250円
ハイボール 14オンス 500円

 
×

9かけだれからあげ カラキチ!

鹿児島醬油からあげ 500円

鰹節醬油からあげ 500円
肉巻きおにぎり 350円

 
×

10だるま堂

焼きうどん 500円

焼きうどんパン 200円

 
×

11つづみ団子

みたらし団子 160円

三色団子 160円

よもぎだんご 160円

きびだんご 160円
あんよもぎだんご 160円
あん入りみたらし 200円
冷やし団子 200円
チョコ大福 250円
夢大福 220円
紅大福 220円
抹茶大福 220円
塩豆大福 220円
桜餅 220円
おはぎ 220円
あべかわもち 700円
わらび餅 700円

 
×

13ヒナマルカフェ

クレープ各種 400〜 600円

アイスコーヒー 400円

アイスカフェ・オ・レ 400円
レモンソーダ 500円
巨峰ソーダ 500円

 
×

12味浪漫

鶏もも(一口) 600円

鶏もも串 350円
手羽先 120円
すなずり 200円
フライドポテト 300円

 
×

15hitasura kitchen

奄美の鶏飯 700円

マーラー鶏飯 800円
山かけ鶏飯 800円
チーズ鶏飯 800円
わらび餅ドリンク 500円

 
×

16ギラヴァンツ北九州サポートサークル

ジュレサイダー 300円

はしまき(プレーン、卵、チーズ)各種 400円
綿菓子 300円

 
お客様へのお願い
レジ袋が有料となっています。
お買いあげの際はエコバック等をご準備ください。
順番待ちの際は、社会的距離を保つようお願いします。

前節・カマタマーレ讃岐戦での10試合ぶりの勝利、皆さん本当におめでとうございます。選手たちも皆さんの笑顔を久しぶりに見ることができてかなりほっとしている様子でした。しかし、今週末の鹿児島ユナイテッドFC戦に向けて素早く気持ちを切り替えてもいました。

天野賢一監督は鹿児島戦に向けた準備のスタート日である6月29日、選手たちにこう話しています。

「讃岐戦での勝利を次の1勝につなげよう。シーズン前半戦も鹿児島戦、その次のガイナーレ鳥取戦と第17節のFC岐阜戦の3試合となった。ここでどれだけ勝点を稼ぐことができるか、それが後半戦に大きく影響してくる。だから、3戦の初戦となる鹿児島戦がとても大事になる。一丸となって戦おう!」

確かに、かなり苦しんだシーズン前半戦を良い形で締めくくることができれば良い雰囲気で後半戦をスタートさせることができ、逆襲が可能となります。そのために鹿児島戦で何としてでも勝点の獲得を、いや天野監督と選手たちは讃岐戦に続くホーム2連勝を絶対に果たすのだ、と大いに燃えているのです。

ただ鹿児島戦が非常に難しいゲームになることは確かです。鹿児島は首位チームで、5月22日の天皇杯1回戦で1-3のスコアで敗れたチームですからね。ただ、天野監督は「鹿児島は確かに強いが、隙はあると思います。そこを突いていきたい」と話します。

鹿児島は首位ではあるのですが、前節・愛媛FC戦を0-1で落とし、前々節の岐阜戦も1-2で敗れてここ3試合は1勝2敗。対するギラヴァンツ北九州はここ3試合で1勝2分けと負けなし。チームの調子の波はむしろギラヴァンツ北九州の方が良い、とも言えます。

首位チーム、しかも天皇杯で負けているので、選手はネガティブな意識が働いてしまうのではないかと皆さんも不安に思われるかもしれませんが、複数の選手たちに話を聞く限りそういう様子はありませんでした。

「チームが良い状態にあるので鹿児島に怖さは感じないし、1シーズンで同じ相手に2度負けることは許されない。しかもサポーターの方々が大事にする九州ダービーですから、なおさらのことです」と言うのは髙澤優也選手です。

永野雄大選手は「天皇杯で負けているからビビってしまう、そんな選手はいないと思います。なぜならみんなホーム2連勝に向けて燃えていますから」と。

メンタル面で押されてしまう、ということは心配しなくてよさそうです。しかし、鹿児島が首位に立つチーム、それにふさわしい攻守を表現していることは事実なので、ピッチの中で彼らを上回るパフォーマンスを発揮しないことには勝点3を手にすることはできまません。どう戦えば勝利に近づけるのでしょうか。

天皇杯での敗戦を心から悔しがっていた天野監督ですが、その理由は「特に前半に自分たちらしいサッカーを表現できなかった」ことにありました。後半の1失点を含む3失点のすべては、自陣でのビルドアップの際にボールを奪われたことが起因した失点でした。

相手のプレスをうまくかわしてボールを前進させることが、ギラヴァンツ北九州が目指す攻撃的スタイルのスタート地点であるのに、そこをうまく表現できなかったことに天野監督は悔しさを覚えたということです。

しかしあれから1カ月、リーグ戦で苦しい戦いが続きながら日々のトレーニングで細かなレベルアップを図ることで、ビルドアップのレベルは確実に上がっています。天皇杯のゲームで先発、3失点を喫して悔しい思いをしたGK田中悠也選手はこう言います。

「天皇杯のころの僕たちは相手のプレスを外すときに短いパスだけで回避しようとしていましたが、今は長いボールも入れることで、相手の圧力をうまくコントロールできるようになりました」

「ビルドアップのリズムを変える長いボールが入れられるようになったのは、前線の選手がエネルギーをかけて背後を突くアクションを起こしてくれているから。あれから僕らも成長しているので、それを今度の試合で見せたいですね」

鹿児島の統制の取れたプレッシングからの回避は良い攻撃を仕掛けるための大事なポイントになりますが、守備面でのポイントは何でしょうか。

鹿児島は[4-2-3-1]の形で選手を配置するのが基本で、特にトップ下のロメロ・フランク選手と木村祐志選手と中原秀人選手の両ボランチ、このトライアングルが攻撃をコントロールします。

3人とも30代の経験豊富な選手で、高い技術はもちろんですが、勝負どころを抑えた上手な駆け引きで攻撃のリズムをつくりだしていくのです。その能力を十分に理解している永野選手は彼らへの警戒心を露わにします。

「あのトライアングルにはいろいろな意味での巧さがありますから、彼らを抑えることがボランチの僕の大事な役目。僕の長所は足を動かせることで、そこに関しては彼らにも負けないと思っているので、とにかく足で勝りたい。ガンガン圧力を掛け続けて自由を奪えば、試合の主導権もこちらに傾いてくると思います」

ここ2試合連続で貴重なアシストを記録している六平光成選手は、鹿児島の中盤のトライアングルへの対応のほかにも注意しなければならないことがあると言います。

「天皇杯のゲームでもそうでしたが、サイドをかなり破られて劣勢になりましたから、サイドの突破力を抑えることもとても大事になると思います」

六平選手が言うように、鹿児島のサイドハーフとサイドバックの攻撃力はかなり高いレベルにあります。左サイドハーフの米澤令衣選手と左サイドバックの薩川淳貴選手、それから右サイドハーフの五領淳樹選手と右サイドバックの星広太選手は個々で突破力を備えた上で、コンビネーションも抜群です。

天野監督も彼らへ対応するサイドハーフとサイドバック、さらにボランチを含めた組織的な守備が大事になると話しています。突破するだけではなく米澤選手は、7得点を挙げてチームトップスコアラーである有田光希選手に次ぐ6ゴールを挙げており、その得点力にも警戒しなければなりません。

確かに鹿児島の攻撃力は高いのですが、前節・讃岐戦で見せた粘り強い守備ができれば2試合連続の無失点も十分に可能なはずです。それができれば今季2度目の2連勝にも近づけるでしょう。

「去年も引き分けを挟んだりしたので、僕自身は2連勝をプロになってまだ経験したことがありません。だから、鹿児島戦で何としても経験したい。しかもホーム2連勝となれば最高でしょうね」と語るのは前節で自身今季初の無失点を果たした田中選手です。

6試合連続無得点で苦しんだ攻撃面ですが、今は4試合連続得点中。そして2試合連続無失点を期待できる状況にまでなった守備。攻守両面のレベルが上がってきた今、首位撃破の期待は高まるばかりです。白熱の一戦になること間違いなしの九州ダービー、ぜひミクスタに足を運んで、その熱を感じてください。

[文:島田 徹]

MATCH DATA マッチデータ

STATS スタッツ

スタッツ スタッツ

THE LAST TIME STARTING LINEUP

GK 27 田中 悠也
DF 4 河野 貴志
DF 22 永田 拓也
DF 23 藤原 広太朗
DF 44 藤谷 壮
MF 7 佐藤 亮
MF 8 六平 光成
MF 11 永野 雄大
MF 29 藤川 虎太朗
FW 10 髙澤 優也
FW 13 前川 大河

THE LAST TIME STARTING LINEUP

GK 31 白坂 楓馬
DF 17 星 広太
DF 4 広瀬 健太
DF 23 岡本 將成
DF 5 薩川 淳貴
MF 30 木村 祐志
MF 35 中原 秀人
MF 10 ロメロ フランク
FW 11 五領 淳樹
FW 9 有田 光希
FW 36 米澤 令衣

RADAR CHART レーダーチャート

レーダーチャート レーダーチャート

PATTERN 得点パターン

得点パターン 得点パターン

RANKING 得点ランキング

得点ランキング 得点ランキング

HOT ZONE ホットゾーン

ホットゾーン ホットゾーン

COMMENT 試合前コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

「久しぶりの勝利をつかめた前節ですが、どんな試合でも良かった点と修正点があり、ミーティングや練習においてそういった点を選手と共有し、次回の対戦相手を分析したうえで、どう相手の良さを消し、自分たちの良さを出していくかというのを追求するのは変わりません。ただ、1勝できたという結果を次の1勝につなげていきたいですし、最大限の準備をして首位の相手にぶつかっていきたいです。

鹿児島はやはり強いチームだと思います。ただ、隙はあると思いますし、そこをいかに突いていけるか、そして自分たちがしっかりプレーできるかが重要です。また、相手の強力なサイドの選手へのケア、相手のプレッシャーに対してどう剥がしていくかという点も大事になってきます。

前半戦は残り3試合なので、ここでどれだけ勝点を稼いで後半に入るかはものすごく重要。そして、天皇杯の雪辱を果たすという意味でも次の鹿児島戦、なんとか勝利できるようにやっていきます」

 

PLAYER

田中悠也Yuya TANAKA

18

「前節無失点で勝利できたことが後ろの選手としては一番嬉しい点でした。チームとしても、前と比べて割り切るところは割り切れるようになっているように感じていて、うまくいかない時は長いボールを使って相手陣地に押し込むとか、縦パスを差し込んでミスをしたとしてもしっかりそれを受け止めて皆がカバーしあえているのも大きい。守備で言うと、押し込まれている時に全体が中をぐっと閉めて皆で我慢することもできていると思います。

鹿児島には天皇杯で悔しい負け方をしていて、天さん(天野監督)も強調しているように、やられたらやり返すじゃないですけど一度やられた相手に二度は負けられないですし、そういう悔しさは今出ている選手の中で僕が一番あると思っています。ホーム2連戦ですし、個人としても連勝したことがないので、鹿児島相手にしっかりやられた借りを返して連勝できればチームも波に乗っていけるんじゃないかと思います。

選手もそうですけど、サポーターの方も天皇杯でああいう負け方をして悔しい思いをされている方が多いはず。僕たちも皆さんも気持ちの入る一戦だと思いますし、今季2度目の連勝を目指して精一杯戦うので、サポーターの皆さんは応援で後押しいただけたら嬉しいです!」

 

PLAYER

藤谷壮So FUJITANI

18

「ここ最近の試合では自分たちのサッカーができるようになってきて、それが徐々に積み上がっている感触はあったので、そのタイミングで前節勝てたことはすごくよかったです。あとはサポーターの皆さんに勝利を届けられずにもどかしい気持ちだったので、皆さんと一緒に喜べたことが何よりも一番嬉しかったですね。

周りとの連動性も合ってきていて、それで点を取ることもできているので、引き続き精度を高めていきたいですし、もっと攻撃回数を増やせるように全員で意思疎通してゴールに向かっていきたいです。

鹿児島はサイドの選手の攻撃力が高いので、守備のポジショニングなどケアしなければならないですが、攻撃にもしっかり出て行って点を奪いたいです。天皇杯で負けているし借りを返せるよう、勝ちに貪欲に闘い抜きたいと思います」

 

COMMENT監督コメント

MANAGER

天野 賢一Kenichi AMANO

[試合総括]
九州ダービーということで我々のサポーターとアウェイの鹿児島から沢山のサポーターに来ていただいて、素晴らしい雰囲気でゲームができたことをすごく感謝しています。ゲームとしては我々が先制点を取って、追加点を取って突き放したいゲームでした。それができるチャンスは十分にありましたし、それができずに逆転まで持っていかれたというのは我々の力がまだまだ足りないところだと思っています。
ただ、今日の狙いとしていたところは前半後半ともによく出ていましたし、我々の方がチャンスも多かったと思うし、相手に圧力をかけられていたと思うので、そこはチームと個人が成長している点だと感じています。先ほども話しましたが、2点目が取れないところはまだ我々の力の無さで、そこを追求していきたいです。

今日のテーマは、先制点を取って追加点を取って勝つというのが目標でした。もう一歩のところまで来ていると思うんですけど、もう1つ力が足りなかったです。
失点に関しては、1点目は相手のストロングでもあるカウンターで、我々のフリーキックからのものでした。2点目はセットプレーということで、もう1度その辺も隙がないようにやっていかなくてはいけないし、もう1度顔を上げて次の鳥取戦に向かいたいと思います。選手達は準備してきたことを十分に発揮してくれましたし、すごくたくましい戦いをしてくれたと思います。ただ、現状では首位の鹿児島さんより実力が足りないというところで、そこを受け入れつつ、次の鳥取戦、前半戦最後の岐阜戦。この2戦にまず自分達の全精力を傾けて、ここを2勝できるように頑張っていきたいと思います。

Q:さすが首位チームだなと感じたという話がありましたが、どんな点ですか?

A:相手の狙いは出ていなかったと思うんですよね。ただその中でひっくり返されるというところは、まだ我々の弱さがあると思うし、逆にそれをひっくり返すだけの鹿児島の精神面も含めた強さがあると思います。ただ、ゲーム全体に関しては我々が支配していたと思うし、相手は攻撃の仕方を途中で工夫して変えていましたけど、それに対しても対応できたし、かなり高い位置からプレスもかかり相手陣内に入って行くチャンスも多かったと思います。そういうゲームの狙いはうちの方が出せていたと思うんですけど、セットプレー絡みで持っていかれるところにまだ我々の弱さがあるし、逆にそこに彼らの強みがあると思います。これを後半戦はひっくり返せるように、なんとしてでも選手達と頑張りたいと思います。

COMMENT選手コメント

PLAYER

乾貴哉Takaya INUI

18

チームとして準備していたことは出せたと思いますし、練習でも鹿児島のやり方を想定してサイドを絶対に割らせないようにしていたので、そこは意識してやれたのではないかと思います。
失点シーンはまずは球際のところ。そして戻るスピードの部分が不足していました。枚数は足りていたと思うので、やはり球際のところだったと思います。
内容的には悪くないので、細かい部分の修正をしっかり施して次の鳥取戦に向かいたいと思います。

PLAYER

藤川 虎太朗Kotaro FUJIKAWA

18

攻撃の場面では良い形が出来ていて、そこで決められる力をもっとつけないといけないと思いますし、粘り強さがもっと必要だと感じました。
先制点の場面は、クロスには人数をかけてゴールに向かっていくということを日頃の練習から共通意識を持ってやっていたので、練習でやっていたことが試合で出たのかなと思います。
内容が悪くても勝てばサポーターの皆さんも選手も嬉しいですし、内容が良くても勝てなかったら何の意味もないと思うので、勝利への執念をもっとチーム全体で高めていけないと思います。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー