ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2018
第13節

2018.6.10(日)

13:00KICK OFF

いわぎんスタジアム

試合終了

グルージャ盛岡

グルージャ盛岡

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  遠い盛岡まで北九州から応援に来てくださったサポーターの皆さんに勝利を届けられなくて非常に残念に思います。ゲームへの入り自体はそれほど悪くなかったですし、特に前半はチャンスもありました。ただチャンスの後にあっさりと失点してしまうのはここのところ同じようなゲーム展開になっていると思います。それでも後半仕切り直して出ようとしたところで、また簡単にミスから2点目を与えてしまいました。0-1の状況でもう少し粘ることができれば自分達にもチャンスがあったのではないかなと思います。しかし、ずっと勝てていない中で一つ一つのプレーが消極的だったり、選手全員がなんとかしたい気持ちはあるんですけど勝てないことで焦りだったり、プレーが後ろ向きだったり自信のなさだったりが全てに影響しているのかなと思います。下がるところまで下がっているので、上を向いてやるしかないですし盛り返したいと思います。

                  選手コメント

                  DF4 川上 竜 選手

                  Q:試合をふりかえって

                  A:やっぱり気持ちの部分が今このチームには一番必要な要素だと思います。苦しい時に気持ちが折れちゃうというのはどうしても人間なのであると思いますけど、もっともっと一人ひとりが戦う姿勢、90分の中でみんながそういう気持ちを出して戦えば、チームとしてこの壁を乗り越えることが出来ると思うので、戦術云々よりもそういうところが今の課題であり必要な部分だと思います。チームみんなでもっと戦う姿勢や気持ちを前面に出していけるように、本当に一日でも早く修正していって、次のホームゲームでは90分通してサポーターの前に戦うチームの姿勢を見せて勝ちたいと思います。

                  MF10 井上 翔太 選手

                  Q:試合をふりかえって

                  A:前半、自分たちの時間に点を取れないなか一発でやられて、後半しっかりやっていこうと言っていた中で失点をしたので難しいゲームになったと思います。点を取るチャンスもあったし、結構スペースが空いていたのでシャドーの僕とか奏哉(藤原選手)でボールを受けられるシーンはありました。最初から外ばっかり使うと狙われやすいというのは感じていたので、全体的に中を使いながら外を使っていかないといけないと思ってはいたのですが…。次の試合はホームゲームになりますが、ホームで勝てていないので次はやっぱり点を取りたいですし、全員で声を出して攻撃的に、もっとチーム全体で勝ちたいという意欲を出していきたいと思います。

                  FW14 平井 将生 選手

                  Q:試合をふりかえって

                  A:遠く盛岡まで来てくださったサポーターの皆さんありがとうございます。皆さんに勝利を届けることができなくてとても悔しいです。今日はシュートを外してしまったので、また練習で繰り返しやっていくしかないと思います。個人としてもチームとしてもまだ軽率なミスが多いので、少しのズレでも修正して、正確なプレーとしてできるように集中してやらないといけないと思います。特に立ち上がりは大事な時間帯なので追及していき、次の試合では必ず勝つことができるように向かっていきたいと思います。

                  MF8 安藤 由翔 選手

                  Q:試合をふりかえって

                  A:今日の敗戦を次の試合に生かせるように、しっかりと戦う姿勢を見せて、次の試合では必ず勝点3を取ることができるように、日々のトレーニングから意識を変えて全員で向かっていけたらなと思います

                  MF18 内藤 洋平 選手

                  Q:試合をふりかえって

                  A:ベンチから見ていた時は、チームとしてボールを握れるように感じていたので、自分達のペースで試合を運べると思っていたんですけど、中に入ってみるとボールは持っているけどバタついているというか、チームとして落ち着きがないなというのを感じました。得点を取るために、相手が嫌がるところで効果的にプレーできるように間で顔を出してボールを呼び込む事を意識しました。毎試合チャンスはあるので、もっとチームとして意志統一できれば、得点に繋がっていくと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop