ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018明治安田生命J3リーグ
第3節

2018.3.21(水)

13:00KICK OFF

藤枝総合運動公園サッカー場

試合終了

藤枝MYFC

藤枝MYFC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  前節のガイナーレ鳥取戦は、最高のホーム最終戦になりましたね。もちろん勝利を収めていればさらに良かったとは思いますが、多くのサポーターの皆さんとともに優勝の歓喜を分かち合えたことを選手たちは心から喜んでいたようで、今までに見たことがないほどの、はじける笑顔にその充実感が表れていました。

                  クラブにとってのJリーグ初タイトルではありましたが、ほとんどの選手にとっても優勝は初体験のこと。小林伸二監督が「これまで地味に積む重ねてきた日々の努力がこういう形で報われることの喜びを味わえたことは本当に幸せなことです。この喜びを知ると、もっと上の喜びも知りたいと思うようになり、さらなる努力を惜しまなくなる」と話していました。J3というカテゴリーにおけるものではありますが、タイトルの獲得はクラブと選手を大きく成長させるエネルギーになることを指揮官は指摘しているのでしょう。

                  昇格も決めたし、優勝も決めた。でも残り1試合がある。監督や選手たちはどんな気持ちで今節の藤枝MYFC戦に臨むのでしょうか。小林監督はこう言いました。

                  「われわれは目標を達成しましたが、リーグとしての状況は混とんとしています。2位のサズパクサツ群馬はその座を維持してJ2昇格を果たしたい。4位のロアッソ熊本にも昇格の可能性は残されています。そして藤枝は2位に入っても(J2ライセンスを保有していないため)昇格はできないけれども、2位に入ることで来季以降のチームづくりにおいて様々なチャレンジができるはずですからその位置を狙いたい。そしてJ2の鹿児島ユナイテッドFCも2位に藤枝が入ればJ2に残留することができる。ですから12月8日のJ3最終節は、それぞれのクラブの立ち位置が決まるという意味で特別な日になるわけです。そんな日にわれわれもゲームに臨むわけですから、最高の準備をして最高のサッカーをピッチ上で表現することに全力を尽くさなくちゃいけないんです」

                  小林監督と同様な言葉を残したのが加藤弘堅選手です。

                  「最終節はしっかりと勝利で締めたい。自分たちの目標は達成しているけど、熊本、群馬、藤枝、それからJ3というリーグに対してのリスペクトをプレーに表さなきゃいけない。僕らが群馬とか熊本の立場なら、『おい、ちゃんとやってくれよ』と思うはずですから」

                  今季のJ3リーグにおける最終戦の価値、意味合いを考えて、気を抜いた試合をしてはいけないというのが2人の考えですが、小林監督は自分たちにとっても意味のある試合になると話します。

                  「もちろんわれわれにとっても大事な最終戦です。勝ってトータル『20勝』として、しっかりと今季を締めくくることがきっと来季のJ2での戦いにつながるからです。藤枝との最終戦は、シーズンを通して積み重ねてきたものをしっかりと表現することに努めます。確かに2つの目標を達成して解放一歩手前の状態で迎えるゲームですから、選手はメンタルコントロールが難しくなると思います。でも、良い試合をするには選手のメンタルはとても大事。ですから藤枝戦はモチベーションの高い選手を優先的に起用していくつもりです」

                  先発メンバーにも注目したい藤枝との今季最終戦はしっかりとした内容のゲームが期待できそうですね。では、藤枝の情報を整理しておきましょう。第21節から第30節までの5勝5分け、10試合負けなしの好調もあって第27節から第32節まで2位をキープしていたのですが、前節の17位・Y.S.C.C.横浜との一戦でまさかの0-3の敗戦、3位に後退しました。とはいえ、2位の群馬との勝点は「60」と同じ、得失点10差で3位になっている状態。群馬の試合結果もかかわりますが、引き分け以上でも順位を逆転できる可能性が残されています。

                  前節でYS横浜に完封負けを喫した藤枝ですが、内容的にはスコアほどの差はなかったと小林監督は見ていました。

                  「藤枝は経験豊富な選手が多いから試合運びもうまい。うまさだけではなくて球際もしっかり戦える良いチーム。前節はYS横浜の勢いにやられましたが、前半もしっかりチャンスをつくっていたし、内容的には0-3のゲームではありませんでした。ちょっとしたところで点が取れずに、相手にペースを持って行かれた試合でした。良いチームであるということはわれわれが前回対戦した試合(第13節)でも感じたことです。ボランチの松岡亮輔選手に縦パスのコースをうまく消されて良い攻撃の形がなかなかつくれませんでしたし、森島康仁選手には本当に危ない場面をつくられました。そこでミスをしてくれて、ウチは相手に助けられる形で勝点1を手にした(0-0の引き分け)わけですからね」

                  16ゴールを挙げて藤枝のチーム内得点王となっている森島選手の高さと強さをいかに抑えるか、その得点源へのパスの出どころ、例えば左サイドから鋭いクロスを入れる、昨季北九州に所属していた安藤由翔選手にどれだけの圧力を掛けられるか、というあたりが守備のポイントになりそうです。攻撃では、5バックとしてつくる藤枝の守備ブロックを崩すための、個人とグループによる仕掛けができるか、またはスキをつくるための緩急を含めた変化のあるボールの動かし方ができるか、そのあたりがポイントになりそうです。

                  攻撃に関して言えば、フィニッシャーも気になるところです。現在のチーム内得点王は前節で同点ゴールを決めて通算8ゴールとした町野修斗選手。2位にはいずれも7ゴールで、池元友樹選手、北川柊斗選手、レレことディサロ燦シルヴァーノ選手、髙橋大悟選手の4人が並んでいます。レレ選手は今季のオープニングゴールを決めているので最後も締めるのではないか。髙橋選手は第27節のアスルクラロ沼津戦で期限付き移籍元の清水エスパルスのサポーターが大挙して応援に駆け付け、決勝ゴールを決めた前例があり、同じ静岡県でのゲームとなる今回も同様のストーリーとなるのではないか。町野選手はここまで連続得点が2試合止まりだが、最後に3試合連続を果たすのではないか。北川選手は前々節で2ゴールを奪って感覚を取り戻しているし、当初の目標「7」を超える「8」に意欲を見せるのでは。そして今季まだ1試合での複数ゴールがない池元選手が2ゴール以上を奪って逆転トップとなるのではないか。

                  と、まあ、いろんな空想ストーリーを描きながら楽しめそうな最終節はアウェイゲームですが、パブリックビューイングが実施されます。入場無料、北九州国際会議場で行われる今企画の詳細はこのHP上のバナーで確認していただきたいのですが、キックオフ前にはミュージック・ライブも予定されていますので、ぜひお誘いあわせの上、ご来場願います。最後も勝って、笑って、締めましょう!

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  2019明治安田生命J3リーグ 第32節
                  ギラヴァンツ北九州 vs. カマタマーレ讃岐

                  ■11月24日(日)15:00キックオフ
                  ■ミクニワールドスタジアム北九州

                  開場時間

                  ■ 横断幕事前搬入:11:30~12:00
                  ■ シーズンパス先行入場 : 12:30〜
                  ■ ファンクラブ会員先行入場 : 12:45〜
                  ■ 一般開場 : 13:00〜

                  横断幕事前搬入時間の変更について詳しくはこちらから

                  入場ゲート及び待機列

                  新ルール「入場待機受付」が始まりました。
                  詳しくはこちらをご覧ください。

                  選手バス入り待ちエリア

                  詳しくはこちらをご覧ください。

                  イベント

                  ステージイベント/1F スタジアムプラザステージ

                  ボートレース若松PR
                  ■13:10~13:20

                  12月に行われるギラヴァンツ杯のPRのため、パインシェルジュ菊池さとみ様、かっぱ君、ひめちゃんが来場してくれます。


                  【祝】ギラヴァンツ北九州U-15全国大会出場!(選手紹介)
                  ■13:20~13:30

                  ギラヴァンツ北九州アカデミーとしては"初めて"となる、高円宮杯の全国大会に出場が決まりました!
                  全国大会に出場する将来のギラヴァンツ選手たちへ、ステージでエールを送ってください。
                  (高円宮杯 JFA第31回全日本U-15サッカー選手権大会は12月21日(土)より開催されます。)

                  http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u15_2019/


                  サポーター対決!北九州サポーターvs. 讃岐サポーターの熱い戦い。
                  ■13:30~14:00

                  令和で最も熱い、クイズ対決を行います!!!
                  プラザステージで“熱い熱い"両チームのサポーター対決。
                  サポーターを代表して戦う参加者の応援に、是非スタジアム前にお集まりください。


                  ギラヴァンツ北九州の選手が登壇。記念撮影&握手
                  ■14:00~14:20

                  ギラヴァンツ北九州の選手が、写真撮影と握手を行いますのでステージにお集まりください!

                  ※選手は当日発表となりますので、予めご了承ください。
                  ※サイン対応は致しかねます。
                  ※写真撮影は、ひとグループごとの撮影にご協力ください。

                  【シーズンパス・ファンクラブ会員様限定】ご来場時からキックオフ開始までにワンタッチパスにタッチして豪華賞品をゲットしよう!

                  抽選で合計30名様に阪九フェリー(デラックスまたは1等)ペア往復乗船券(1名様)、2019オーセンティックユニフォームFP 1st 上下セット(1名様)、2019オーセンティックユニフォームFP 2nd 上下セット(1名様)、イオンギフトカード(5名様)、サンリブ商品券(10名様)、第一交通産業タクシーチケット(12名様)が当たります。

                  当選発表

                  ・阪九フェリー(デラックスまたは1等)ペア往復乗船券(1名様)
                  ・2019オーセンティックユニフォームFP 1st 上下セット(1名様)
                  ・2019オーセンティックユニフォームFP 2nd 上下セット(1名様)

                  をハーフタイム時に大型ビジョンにて当選番号を発表いたします。
                  ※その他の賞品の当選者は、後半開始後40分までに1Fシーズンパス・ファンクラブブース・1F東ゲート、・2F総合案内所・2F南サイドスタンドで掲出いたします。

                  賞品のお受け取りは

                  シーズンパス・ファンクラブブースにてお渡しします。
                  ※必ず当選番号が分かるシーズンパスICカードもしくはファンクラブ会員カードをお持ちください。後半開始から試合終了後40分までにお越しください。
                  ※ホームゲーム当日受け取りに来られなかった方は、当選の権利は失効しますのでご注意ください。


                  ※イベントのスケジュール及び開催場所は変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

                   

                  スタジアムマルシェ

                  [1]ONO

                  トマトカレー
                  500円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  鶏唐揚げ、金賞コロッケ、ポップコーン、ビール、スコールサワー、焼酎

                  唐揚げ
                  new

                  [2]からあげ味浪漫

                  ●キッチンカー
                  からあげ
                  100~500円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  フライドポテト、綿菓子、ビール、かき氷

                  唐揚げ

                  [3]小春日和

                  若松トマトカレーパン
                  230円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  ごまあんぱん

                   

                  new

                  [4]ビッグベアーズピザ

                  焼きカレー
                  500円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  ピザ、丸天うどん、クリスピーポテト、日南どりの竜田揚げ、ポップコーン、ビール、ソフトドリンク

                  唐揚げ

                  [5]門司港地ビール工房

                  地ビール煮込みカリーブルスト
                  500円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  カレーライス、幻のチーズケーキ、牛スジ煮込み、地ビール、ミルクセーキ【新商品】復刻サクラビール

                  唐揚げ
                  new

                  [6]九州スタグル研究所

                  90分闘える!スタミナプルコギ丼
                  700円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  幸福の黄色いひまわりカレー

                  唐揚げ

                  [7]北九州駅弁当

                  かしわうどん
                  500円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  かしわ弁当、いなり(3個入り)、おにぎり(2個入り)、枝豆、カラアゲ、生ビール、ソフトドリンク、焼酎(水割り・お湯割)

                  唐揚げ

                  [8]まる

                  たこ焼き
                  400〜500円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  ニクマキ、からあげ、豚汁セット、ポテト、揚げタコ、生ビール、ハイボール

                  唐揚げ
                  new

                  [9]ろくのれん

                  焼き鳥
                  200〜400円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  おでんセット、ホットドック、生ビール、生樽酎ハイ、生樽ハイボール、ソフトドリンク、点滴ジュース、コーヒー

                  唐揚げ

                  [10]若松観光物産

                  オム焼きそば
                  500円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  どんチャン騒ぎ、唐揚げ・ポテト、フランク・アメリカン、ビール、ノンアルコール、ソフトドリンク

                  唐揚げ

                  [11]瑠璃ズキッチン

                  龍之介カレー
                  600円(税込)

                  〈取扱い商品〉
                  あかもくカレー、情熱一魂、華麗にカツ、からあげ、カレーパン、黄金のササミ、コロちゃん、ビール、ハイボール、酎ハイ、ノンアルコールビール、ソフトドリンク

                  唐揚げ

                  監督コメント

                  今日は本当に選手たちがよくやってくれたなと思いますし、この天候が悪い中、北九州から来ていただいたファン・サポーターの皆さまにも感謝したいと思います。

                  これまで優勝も昇格も経験してきましたが、今日の勝利がこれまでのどの試合よりも一番嬉しい勝利かもしれません。それだけ大きなプレッシャーの中で勝ち点3が取れたことは嬉しく思います。選手たちは最後まで集中してやってくれたなと思います。今日の入り自体は非常によかったし、攻撃面でもいい距離感でボールが動かせていた上でのゴールでした。その後少し藤枝さんの前からのプレッシャーもあり、自分たちがボールを持った時に自信がなさそうにプレーしてしまうところがあったのですが、後半また更に前へプレッシャーをかける中で、自分たちがいいリズムを作って主導権を持てたと思います。これが90分間通してやることができれば勝ち点は積み上がっていくんじゃないかなと思っていますし、今後の試合もアグレッシブに戦って行くことで、私たちの素晴らしいホームスタジアムに来ていただいたファン・サポーターの皆さまに、自分たちの戦う姿、ファイトする姿で何かを感じてもらえるようにシーズンを通して表現し続けたいと思います。

                  選手コメント

                  DF13 浦田 樹 選手

                  前半はチーム自体がうまくいかずに難しい戦いで、ハーフタイムにチームでもう1回やり直そうという話をしました。それで前半よりはいい形ができるようになってきて勝利という結果につながって良かったと思います。

                   

                  Q:勝ち越しの得点シーンについて

                  A:今年は結構フリーキックの練習をしていて、ずっと狙っていたんですけど、あの時にキーパーが結構ファーポスト寄りで竜くん(川上選手)とニアいけるなって話をして、それで狙って決めました。

                   

                  Q:次節に向けて

                  A:開幕したばっかりですけど1年間を通して1試合1試合を本当に全力でやらないと上の順位にはいけないと思っています。本当に1試合1試合全力で戦う気持ちで連戦ですが次に向けて準備をしたいと思います。

                  DF4 川上 竜 選手

                  前半はチーム全体で考えすぎて試合に入ってしまいました。その結果少し迷いが生まれて、ゲームへの入りは良かったんですけど、自分もそうですけどそこから迷いながらプレーして攻守ともに後手を踏んで琉球戦と同じような反省がありました。ハーフタイムにモリさん(森下監督)から檄をもらって、あんまり考えすぎずミスを恐れずに前に向かって行こうと選手みんなに伝えて、その結果勝てたのはいいんですけど、気持ちの面で監督から喝をもらうというのはよろしくないことなので、そこは次の試合は自分たちで入りからいけるようにやっていきたいです。

                  次はホームゲームだし、この前のホーム開幕戦では負けてるので、今日こういうゲーム内容で勝てたというのをポジティブにとらえてホームで勝利を見せられるように頑張りたいです。

                  MF8 安藤 由翔 選手

                  まず勝てたのは良かったです。前半の早い時間帯に点を決めることができて流れに乗れるかなと思ったんですけど、なかなか自分たちの思うようなサッカーができなくて追いつかれてちょっとしんどい時間が続いたんですけど、後半にしっかり修正して樹(浦田選手)のスーパーシュートから勝ち越しに成功できたのは良かったです。

                   

                  Q:安藤選手自身の得点シーンについて

                  A:茂が奥まで見ていてくれて、いいボールを上げてくれたので、それをしっかり決めることができてよかったです。次節は沼津で去年も強いチームだったんですけど、ホームでしっかり勝ちます。

                  DF30 村松 大輔 選手

                  1戦目で勝てなかったということで、この2戦目というのはすごく大事だったと思うので、そこをアウェイの難しい試合で勝ち点3を取れたというのはすごく良かったと思います。前半はネガティブな感じになっていて、ハーフタイムに監督に喝を入れられて、後半は前へ前へという姿勢で勢いが出てきたと思います。今日勝てないと正直チームがかなり焦ってくると思っていたので、この勝利は今後にかなりプレスになるかなと思います。

                  自分自身にとっても新しいチームに来て勝たないとやっぱり認められないと思うので、今日の勝利はすごく大事だったと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop