ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2017明治安田生命J3リーグ
第33節

2017.11.26(日)

14:00KICK OFF

ミクニワールドスタジアム北九州

試合終了

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

-

-

-

アスルクラロ沼津

アスルクラロ沼津

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  まず最初に今日は今シーズンホーム最終戦ということで沢山の方に来て頂いて、本当に感謝しています。シーズンを通してホームでの戦いは多くのサポーター、ファンの方、関係者の方が足を運んでくれて本当に素晴らしい雰囲気を作って頂き感謝しています。

                  今日のゲームに関して言いますと、前半の立ち上がりは向こうのリズムでゲームが進んだと思っています。その中でも前半の途中から少しリズムを盛り返して何度かチャンスを作って、後半は前半で課題だった前線での収まり、それからボールを奪ってから1つ奥につけるっていうことに課題を持って改善できたかなと思っています。最終的には引き分けでしたので、フィニッシュのところがまだまだ改善できなかった部分かなと思っています。後半に向けて選手達が前向きにゴールを目指して、そして最後までゴールを守るという部分に関しては非常に満足をしていますし、この1週間は守備の部分にテーマを持ってやっていたので、そういった意味ではゼロで抑えられたということは満足しています。課題である得点力という点では次のゲームに向けて、できたこととできなかったことを検証し直したいと思います。

                   

                   

                  Q:残念ながら1年でこのチームを去る事になりましたが、今の心境をお聞かせ下さい。

                  A:まずやっぱり皆さんに申し訳なかったという言葉があります。それともう少しチャレンジしたかったという思いもあります。

                   

                   

                  Q:就任当初からJ2昇格を掲げてきたと思いますが、結果としてJ2昇格はなりませんでしたが、そのことについて監督はどう思われてますか?

                  A:結果論で責任を取るということでは私がやっぱり取らなきゃいけないと思っていますし、選手達を思うように動かせなかった責任は強く感じています。選手達、クラブを含めてJ3という特別なリーグということに関して言うと、初めての挑戦で私自身も含めて少し認識が甘かったのかなという感想です。今年1年戦ってみて、戦った選手達が感じてもらって来年に繋げることが非常に大事だと思っています。チームとしてのJ3での立ち位置、個人の立ち位置について、この経験を来年に繋げて欲しいと思います。

                   

                   

                  Q:初めての挑戦で難しい部分もあったと思いますが、対戦相手の監督は個の力で言えばJ3でもトップクラスという風に仰っていました。その中で勝ちきれなかったのはなにが要因だったんでしょうか?

                  A:サッカーは名前でやるものではないですし、グラウンドで1対1の局面で勝てるか、またやろうとしていることを表現できるかだと思います。名前でできればそんな簡単なことはないと思います。ただそれは私自身もそうですし、今回このリーグを経験したここにいる選手達も同じように感じてくれていると思っています。そういう風に評価して頂いた中で私が結果に結び付けられなかったということは本当に申し訳なく思っています。ただ、それだけではないということは皆さんにも理解して欲しいかなという風に僕は思っています。

                   

                   

                  Q:北九州で監督として1年過ごしたことを改めて振り返っていかがですか?

                  A:やり残したことがたくさんあったかなと思います。自分の思ってること、やりたいことができていれば結果もついてきたんでしょうけども、結果が出てない訳ですから自分のやりたいこと、それから伝えたいことが選手達に落とし込めなかった結果がこういう風になっていると思いますので、まだまだ自分の力が足りなかったんだなと感じています。

                   

                   

                  Q:チームとしては来年もJ2昇格に向けて戦うことになりますが、ファンやサポーターへメッセージをお願いします。

                  A:このギラヴァンツ北九州というクラブは非常にポテンシャルのあるチームですし、本当に可能性があるクラブだと思っています。ただ、池元の話にもありましたように昨年J3に降格、そして今年J2昇格を逃しました。クラブとしてはとても大事な時期だと思っています。ここでもがいてチームとしてもう1度強くなっていくこと、個人としても強くなっていくことが今後のギラヴァンツ北九州に僕は必ず繋がると思っています。ここでの苦い経験を来年、そしてその先のJ2・J1と大きなクラブになっていくために生かして欲しいと思います。

                   

                   

                  Q:今日の試合は今シーズンのホーム最終戦でしたが、試合前に監督からは選手にどういった言葉をかけたんでしょうか?

                  A:もちろんホーム最終戦ということで絶対勝ちにいこうということを伝えました。それだけじゃなくて最初に求めるものは今日試合に出ていたメンバー、それから外れたメンバーが納得できるような戦いをしていこうということを伝えました。その先に必ず勝利がついてくるだろうと話をしました。

                   

                   

                  Q:ホームでの試合は今シーズンは9勝5敗2分けと大きく勝ち越していますが、ホームでの試合は監督にとっていかがでしたか?

                  A:最初に話したようにこの新しくて素晴らしいスタジアムの中で、素晴らしいサポーター達に、J3とは思えないような環境を与えて頂いたのは本当にありがたいと思っています。それが選手達の後押しになったのは事実だと思いますし、この雰囲気でサッカーをできる幸せを選手達は感じてくれたと思っています。その結果がホームでの勝ち越しに繋がったんじゃないかなと思ってます。

                  選手コメント

                  DF6 西嶋 弘之 選手

                  Q:セレモニーが終わったばかりで余韻も残っていると思うんですが、今はどんな思いですか?

                  A:勝つことだけを考えていたので、試合に関して言えば思い描いていたのとは結果は違ったので悔しい思いはありましたけど、スピーチでも言った通り全てを出し切ろうと思ってピッチに立ったので、そういう意味では今はやりきったかなと今日に関しては思ってます。

                   

                  Q:セレモニーの中でも色んな方に感謝の思いを述べてましたけど、今日の90分間はどんな思いでプレーしましたか?

                  A:自分一人で生きてきたんじゃなくて、生まれたときから小中高、そしてプロに入ってからも色んな人のお世話になって、色んな人のお陰で自分というものが作られてきたので、ここで小さい頃からサッカー選手としての時間は一区切りになるので、色んな人の顔を思い浮かべながらこの1週間過ごしましたし、その思いの全てを出そうと思ってやったので、そういう意味で最後一発ゴールして結果を残したかったんですけどあっぱりそううまくはいかんなと思いました。

                   

                  Q:サポーターの応援はいかがでしたか?

                  A:北九州に来て3年ですけど、最初は僕のことなんか全く知らんような状況やったと思うし、そんな大した選手でもなかったですけど、3年間在籍させてもらって街でも声をかけてくれる人も増えたし、応援してくれる人も怪我をしている時に声をかけてくれる人も段々増えてきて、本当にそういう人に支えられた3年間だったと思います。言葉では言い表せないような大きな感謝の気持ちがあるので、最後こういう形ですけどありがとうを伝えられたのは良かったかなと思ってます。

                   

                  Q:17年間のプロ生活の最後がギラヴァンツでしたが、そこに関してはいかがですか?

                  A:スピーチでも話したように、自分自身で色々考え抜いて自分自身で決断して歩み続けてきた17年間だったので、それには本当に色んな人の助けがあって自分なりの自分だけのサッカー人生になったので、その日その日、その時その時で自分自身ができることとか考えるべきこととかをしっかりできることとか考えるべきこととかをしっかり向き合ってきたつもりなので、北九州に来たということが運命というか全てが決まってたかなとも思いますし、とにかく常に感謝の気持ちを持って謙虚な気持ちで北九州のためにと思って最後やっていたので、最後はここでダメやったらという覚悟を持って3年前ここにやってきたので、気持ちよく終わることができたかなと。あと1週間ありますけど、今はそういう気持ちです。

                  Q:1番感謝の思いを伝えたい人、そしてファン・サポーターへメッセージをお願いします。

                   

                  A:誰がどうとかじゃなくて、僕に少しでも関わってくれた人、全ての皆さんに感謝の気持ちが強いし、それが1人だけでも欠けていただけでも今の自分というのはないと思うので、まずその気持ちが強いです。あとやっぱりありきたりかもしれないですけど、両親と家族ですね。僕のサッカー人生によって色々連れ回してるというか、息子なんかどこで生まれてどこで育っているのか訳がわからないような状況になってると思いますし。そういう意味ではここまで付いてきてくれたのでありがとうと伝えたいと思ってます。

                   

                  Q:今日のプレーを見る限りまだできそうだと思いました。なぜ引退を決めたんですか?

                  A:これっていう決め手はないんですけど、総合的に色んな部分で見て自分で考え抜いて今がそのタイミングかなと決断しました。あと、さっきも言ったんですけど、ギラヴァンツに来た時にもうここであかんかったらあかんぞという覚悟を持ってやってきたので、そのときが来たなという感じです。

                   

                  Q:あかんかったというのはどこなんでしょうか?

                  A:あかんかったっていうのはやっぱり結果を出せなかったこと、今年1年チームに貢献できなかった。僕自信の選手の勝ちというのは監督どうこうとか戦術どうこうとかじゃなくて、どんな監督、どんな戦術でも信頼を得れるそういう選手だと自分は思っていて、それができなかった今年は、そこに対する色んな僕自身の見られ方はあると思いますけど、自分の中でそれができなくなったら選手としての価値としてはあれかなというのが1つの判断基準ではありました。

                   

                  Q:厳しくないですか?

                  A:あとは本当にいろんなことです、本当に。フィジカル的なとこもありますし、色んな部分で。難しいですけど、自分で本当に色んなことを色んな要素を考え抜いて出した自分なりの結論です。そこは尊重して頂ければ嬉しいです。

                   

                  Q:最後の2~30分はキャプテンマークをつけてプレーされましたけど、どういうお気持ちでプレーしていましたか?

                  A:あれは池ちゃん(池元選手)の計らいというか、僕も池ちゃんが交代になるのを全然知らず、パッと見たら池ちゃんが近くにいて、されるがままにキャプテンマークを腕につけてくれた感じやったんで断る時間もなかったですけど。つけた瞬間は涙が出そうになって逆に声が出なくなっちゃったというのはありますけど。この試合にとにかく勝ちたかったし、勝つために、それだけのために戦っていたので、監督選手スタッフ1人1人に色んな感情っていうのが、色んな気持ちがあったし、置かれてる立場や状況も違いますけど、それを1人1人が大きなエネルギーやパワーに変えてグラウンドで試合にぶつければいいと思ってたので、僕がキャプテンマークをつけることによってチームにパワーが出て1点もぎ取る事ができたら良かったんですけど。そこまでいけなかったのは残念やったなと、僕の力不足だったと思いますけど、最後にああいうことをしてくれて素直に嬉しかったです。

                   

                  Q:西嶋選手が在籍している間にチームとしても色んなことがあったと思いますし、来季以降離れる選手も残る選手もいますが、そういう選手に伝えたいことはありますか?

                  A:まずはプロとしてしっかり1人1人よりレベルの高いものを目指して、J2・J1・日本代表・ワールドカップとか。1年でも無駄にしたらダメやし、1日1日を本当に大事に過ごして欲しいなというのがまず一選手として。そしてよりレベルの高いところでサッカーをできるように、1人1人がまず高い意識を持ってやって欲しいなというのが一選手としての思いです。もう1つはギラヴァンツ北九州の選手としては八角選手が最後スピーチでも色んなことを伝えてくれましたけど、本当にこの今ギラヴァンツ置かれてるリーグとか置かれている状況は本当にもったいないなと、もっともっと上にいけるしそういう可能性を本当に秘めたクラブだと思うし、街・地域だと思うので。ここからそこまで這い上がっていくのは本当に大きなエネルギーがいると思いますけど、来年以降ギラヴァンツに来る選手、残る選手、スタッフ、監督みんなで力を合わせてギラヴァンツ北九州がJ2・J1・日本一・アジア一になれるように頑張っていて欲しいなと。そういう可能性をたくさん秘めていると感じているので、それはもう託したいと思います。

                  MF8 八角 剛史 選手

                  Q:ホーム最終戦が終わりセレモニーも終わりました。今の心境を改めてお願いします。

                  A:本当にみんなに感謝したいですし、でもやりきれたとは自分の中で思えてないサッカー生活だったので悔しい部分、後悔している部分、そういうものが今頭の中に溢れているので、今後のためにも整理して次に進みたいなと思ってます。

                   

                  Q:怪我に苦しんで理想とは程遠かったというコメントもありましたけど、改めて振り返っていかがですか?

                  A:サッカー人生で5回の手術と、それ以外にも数知れない怪我をしたので、そこの部分に対しては、それがなければもっとやれたという自信もありますし、でもそれも含めてサッカー人生だったので。最後の最後まで怪我をしてしまって、プレーしている姿を応援してくれた人達に見せることができなかったのでそれは凄く心残りです。日常生活に支障が出ないことを今後思っています。

                   

                  Q:セレモニーではチームへ向けての本音もぶつけてましたけど、改めてその思いをお願いします。

                  A:中学生くらいかな、サッカーをやるということだけじゃなくて色んな角度でサッカーを見ることが凄く好きで、選手をやりながらでも組織だとかサッカーを取り巻く環境だとか、そういうものに凄く興味があったので、そういう中でここに5年間いてたくさんの物事、人を見てきて、街のポテンシャル含めて本当にもっとやれることがあるんじゃないかなという風に率直に感じていたので、こういう場があったので折角なので言わせて頂きました。

                   

                  Q:そのポテンシャルがある街、あるクラブで最後のプロ生活を終えた、そこに関してはいかがですか?

                  A:今後のことはわからないんですけど、サッカー界の時間の流れも早いですし、社会の時間の流れもどんどんスピードが早くなっていってると思うので、そういう時にこういう街のプロスポーツクラブが何をしていけるのかというのは今後問われると思いますし、挨拶でも言いましたけど、サッカーというものが持つ可能性、人に与える影響は凄く大きなものがあるので、そういうものを通じてならもっと色んなことを発信できますし、本当にここに来た時に楽しかったねじゃなくて、「マジでヤバかったね!」くらいじゃないとお客さんはもう1度来てくれないですし、サッカーを知らないお客さん達もたくさんいる中でどう伝えていくか、サッカーだけ見に来てくれって言っても来るお客さんは少ないと思うので、そういうのをプロクラブとしてどういう風にやっていったらいいかなとずっと考えていたので。北九州はそういう可能性があると思うので言わせて頂いたので、本当に日本でも誇れるような、Jリーグの中でも素晴らしいクラブだねと言われるようなクラブになることを本当に心から願っています。

                   

                  Q:10年のプロ生活の中で半分をこの北九州で過ごしてきた訳ですけど、1番感謝を伝えたいのは誰になりますか?

                  A:妻と子供・・・いないか(笑)やっぱり両親だと思います。本当にいい家に生まれたなと感謝していますし、僕が海外でサッカーがしたいという夢を叶えさせてくれて、小さい頃から何度も海外に行かせてもらって、そういう経験がプロに繋がったと思いますし。本当に感謝したいと思ってます。

                   

                  Q:チームは来年またJ2昇格へ向けて戦っていくわけですが、エールはありますか?

                  A:やはり現場の力だけでは無理だと思います。クラブとして、ギラヴァンツ北九州のサッカーっていうのはどういうものなのかっていうのをこの街と共に追い続けて欲しいですし、勝った時に北九州の誇りだよねって言われるように、そういったサッカーを含めてやっていって欲しいなと思ってます。

                   

                  Q:現状がどうだからもったいないと思うんですか?

                  A:そこはシビアなとこですね(笑)単純に本城からこっちに移ってきてお客さんが増えたかというとイベント以外はそうじゃないと思います。それが物語っている部分が大きいと思うし。ただギラヴァンツって創設してからここまでこれだけのJ2の早さで上がってくるってなかなかないと思うので、それも含めてじゃあ現状で上がってきた時の勢いがあるかっていうとそうではないと思うので。もう1回本当に自分達が上を目指すというか、素晴らしいクラブになっていくことを目指すエネルギーというか、そういうものが足りないんじゃないかなと思います。

                   

                  Q:それはこちらに移籍してきた5年前と比べてですか?

                  A:5年前と比べても今も、JFLからJ2に上がってきて、僕が入って来た時はJ2だったんですけど。そうですね、5年前と比べても、まあ。5年前も変わらないですね(笑)

                   

                  Q:せめて1分だけでもミクスタでプレーを見たかったです。

                  A:本当ですよね。最後の最後まで練習試合には出れて、そこでまた少し大きな怪我をしてしまったので。このスタジアムは本当に日本でも屈指だと思いますし、応援してくれた方々とこういう環境で最後にサッカーができなかったというのは本当に悔しいです。

                   

                  Q:ギラヴァンツで思い出の試合はありますか?

                  A:2014年のアビスパとのダービーですね、アウェイでしたけど。僕の中ではあの試合がベストゲームで、1-0で勝った試合ですけど。あの時は意図した訳じゃないけど北九州らしいゲームができたんじゃないかな。どんどんアグレッシブにいって、そういうサッカーができていたと思うのでその試合が印象に残ってます。

                   

                  Q:今後のプランなんですが、考えいることはありますか?

                  A:そうですね・・・なにも考えてないと言っておきましょうかね(笑)色々な人にあってゆっくり考えたいなと思ってます。

                  MF20 花井 聖 選手

                  A:チャンスもあって全然勝てたゲームだなと思っています。

                   

                  Q:入りが悪かった要因はなんでしょうか?

                  A:やっぱり相手の勢いもそうだし相手が前から全力で仕掛けてきて、ボールを取りづらい状況はある程度しかたないと言うとあれですけど、我慢するという意識でフィールド全員の選手は居たと思うので、そこから盛り返して前半の途中からは自分達もボールを持つ時間が増えましたし。それを前半からやっていくためには自分達も勢いを持ってないといけない、相手以上の圧力をディフェンスラインだけじゃなくて前線からかけるというのをやることも必要なのかなと思いました。

                   

                  Q:引き分けてしまったというところでは、決定力よりも前線のプレーによるところが大きいという感じでしょうか?

                  A:そうですね。チャンスも作れていたし、決定的なチャンスもお互いあったしそこを決めるか決めないかの差だと思うので。あとは決定力もそうだし、チャンスを作る回数を増やせば自ずと得点も増えてくると思うので、そういうところに自分が絡んでいけるように

                  チャンスを作れるようにラストの試合を頑張りたいなと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop