ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第23節

2017.10.11(水)

19:00KICK OFF

ヤンマースタジアム長居

試合終了

セレッソ大阪U-23

セレッソ大阪U-23

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  Q:本日の試合について総括

                  A:まず本当にサポーターの方にはあと一歩というところで2試合連続、こういった形で失点をしてしまって勝てなかったことに関して、非常に申し訳なく思っています。この平日の中、わざわざ足を運んでいたいたことに関しても申し訳なく思っています。ゲームに関して言うと、後半の立ち上がりに非常にいい形で逆転することができたのですが、結果的にはドローに終わってしまいました。原因は3点目を奪えなかったということが大きな要因だと思っています。それから得点を奪った後のこちらのイージーなミスから何度か相手にカウンターを受けてしまって、1番やってはいけないっていうところを選手たちにもゲーム前から伝えていたことが現象として出てしまって、相手にまた逆にまだやれるという勢いをつけてしまったのかなと思います。それが結果的に最後のあの時間帯での同点ゴールを生んでしまったのかなと、非常にもったいないゲームだったのかなという印象です。

                  選手コメント

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:今日の試合を振り返っていかがですか?

                  A:今日だけの試合に限らず失点の時間帯が良くないですし、点を取った後にもう1点取れないという部分だったり、奪った後の攻撃の形というのがなかなかできないですし、またボールの奪われ方だったり一人ひとりの質がまだまだ低いので、そういうところで相手のペースになっていって、その積み重ねでああいう時間帯での失点になってるのかなと思います。

                   

                  Q:前節は勝ち点3を落とし、今節は勝ち点2を落としたという意味では非常にもったいない試合を続けてしまったという印象があります。

                  A:でもその2試合だけでなくて、シーズン前半戦もそういう時間帯での失点も多かったですし、そういうのも含めてやはりまだまだ修正しきれてないのかなと思いますし、1試合を通じて自分たちでなかなかコントロールできてないのかなと思います。

                   

                  Q:池元選手は2得点を取り、得点ランキング上位となりました。それよりもチームとして勝ちきりたいという気持ちが強いですか?

                  A:そうですね。すぐに試合はあるし、そういう中でも一つ一つしっかりと課題は多い中でクリアにしていかないといけないので、またみんなで良い準備をしておきたいと思います。

                  MF17 加藤 弘堅 選手

                  Q:あの時間帯、本当にもう1点あればというところでしたよね。

                  A:監督にも言われたんですけど、やっぱり3点目を取れなかったというのが大きかったです。結局ロスタイムにやられちゃったんで。

                   

                  Q:もったいないゲームだなっていう感じがします。

                  A:本当にそうですよ。もったいなかったです。

                   

                  Q:ゲーム的には加藤選手からいい形でサイドへとボールが出ていました。

                  A:僕ももう少し感覚的にやんないと、センターバックの名残が僕の中にちょっと残ってるし、いい意味で勉強になったところもたくさんあったんですけど、それは自分の中で整理しながら生かさないといけないと思います。

                   

                  Q:ちょっと後ろに重たくなってる感じがあるんですか?

                  A:それはありますね。

                   

                  Q:週の真ん中での試合でチームとして難しかったと思うんですけどいかがですか?

                  A:そうですね。J3はなかなか連戦がないので。でも相手も同じ状況なのでそれは言い訳にできないと思います。まだ続くので切り替えないといけないですし、次に向けて準備したいなと思います。

                  MF18 内藤 洋平 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:これが力です。これまでも何度もこういった形があったので、逆に自分たちが目標をどこに置いているのかというのをしっかりと考えながら、これからも練習したりゲームに臨まないといけないと思います。これができないというのが今の自分達の力だと思います。前半の入りから自分たちのペースにできなかったのも良くなかったし、逆にあそこで失点したことが後半にいい意味で切り替えられて、気持ち的には2点取って逆転できたというのは良かったと思うんですけど、3点目を取りに行くという姿勢をなかなか見せられなかったのが悔しかったです。そこで相手に勢いをつけさせてしまったんだと思います。セットプレーは取りたかったです。

                   

                  Q:狙いはよく見えてる感じはあったんですけど。

                  A:そうですね、はい。

                   

                  Q:練習でもやってることなんですか?

                  A:そうですね。

                   

                  Q:失点した時間帯というのはチームの中でどういう感じですか?

                  A:みんなが力を抜いてる訳じゃないし集中してない訳じゃないんですけど。それまでの時間帯がずっと向こうのペースであの時間に失点してしまったというだけで、それよりもっと手前に原因はあると思うし、試合を通してどうやって戦っていくかということをまず改善していかないと繰り返してしまうかなと思います。

                   

                  Q:連戦が原因という訳ではないですか?

                  A:それはもう与えられた状況でやるしかないし、そこを理由にしてるとなにも進めないので。

                  MF10 井上 翔太 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:前節もそうだったと思うんですけど、ゲームの締め方というのか前半の終わりに失点してしまうというのが現状だと思います。そういう点はチームとして上手くやっていかないといけないというのがあります。あとは3点目が取れなかったという点です。前の選手の責任もありますし、取れなかった時に最後耐えきるっていうことでもチームの勢いもついてくると思うので、最後の締め方をしっかりしようと思います。

                   

                  Q:中2日での試合は厳しい部分もあったんじゃないですか?

                  A:連戦はうまくやるしかないので。あとはコンディションだけですね。

                  フォトアルバム

                  pagetop