ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第17節

2017.7.15(土)

19:00KICK OFF

沖縄県総合運動公園陸上競技場

試合終了

FC琉球

FC琉球

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  試合総括
                  A:まず最初に、沖縄まで足を運んで頂いたサポーターの方には本当に感謝しています。ゲームに関して言うと、負けはしなかったんですけど、なかなか1点が取れなくて非常に難しいゲームになりました。先にゴールをどちらが取るかで大きく変わるんじゃないかなと予想した中で、消耗戦になった中での最後の質、最後の仕掛けのところが最後まで響いたかなというのはあります。ただゲームのプランとしては狙い通りにできていたところもありました。ただそれが結果に繋がらなかったというところでは非常に残念です。

                  Q:今日のFC琉球戦でのゲームプランについて
                  A:まず琉球さんが細かいパスやドリブル中心の攻撃的なチームだったので、それに対する守備をテーマにやってきました。その中でボールを奪った後、どこに優先順位を持っていくか、どこでスイッチを入れていくかということをやってきました。

                  Q:スコアレスで終わった要因について
                  A:最後の質が落ちたのは体力的な問題なのかどちらが先かはわからないですが、これが早い時間帯で得点が奪えていたらもう少し違う展開になっていたのかなと思います。ただ、1つ評価しなきゃいけないのは負けなかったこと、最後にピンチがありましたけどそういったところで守りきった、そして負けなかったというとこでは評価をしなきゃいけないと思います。非常にこういうコンディションの中で選手達は戦ってくれましたので。そこは評価をしなきゃいけないと思います。ですけども、私たちは得点を奪って勝たなくてはいけない立場ですので、そういった意味ではそういったところが次へ向けての課題かなと思っています。

                  Q:J3リーグ折り返しとなりました。現状について。
                  A:前半戦を振り返ると、ゲーム自体、中身自体はある程度自分達の考え方だったり、やりたいサッカーができたと思います。ただその中で決定力でいうと、前半戦の前半の部分で言うと非常に低かったかなと思います。それはシュートを決める人だけではなく、今日の課題であったラストパスの質、シュートの質という部分が大きく影響してたんじゃないかなと思っています。ただ後半戦に向けてそういったところも若干改善しつつある中で、ただやっぱり私たちは厳しい状況を戦っていかなきゃいけない、そういった中でこういったとこで決めき切る力を今後つけていかなきゃいけないんじゃないかなと考えています。

                  選手コメント

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:今日の試合を振り返っていかがですか?

                  A:前節いい形で勝てて、今日の試合が大事だとみんなで臨んだ試合だったので、結果が出なくて残念です。試合の内容も決して悪くはなかったと思いますけど、やはり決めきれるところで決めないと苦しくなると思うし、その中で後半ちょっと単調な攻撃になったのがもったいなかったと思うし、自分達で変えていかなきゃいけなかったなという印象です。次に向けてまたしっかり修正して、この引き分けをしっかり生かせるようにまたいい準備して頑張っていきたいと思います。

                   

                  Q:シーズン折り返しになります

                  A:やはり今の結果、順位には自分達も納得してないですし、周りの人達も納得してない状況だと思うので、その中でも少しずつ内容だったり自分達のサッカーというのを出すことができて来ていると思うので、しっかりとこれから精度だったり質をみんなで上げていって、もっと良いサッカーをして結果を出し続けて行きたいと思います。

                  DF13 浦田 樹 選手

                  Q:今日の試合を振り返って
                  A:自分達は勝利が必要だったので、勝ち点1は取れましたけど勝ちたかったというのが正直なところです。

                  Q:2位までの勝ち点が8ですが、その状況について
                  A:今日は引き分けてしまいましたけど、本当にやっぱり勝つしかないので、そういう勝ち点の差の開き方だと思うので、これから全部勝ち抜かないと、負けられないというか引き分けも負けも許されない戦いかなと思っています。

                  Q:沖縄のピッチに立って
                  A:去年いた選手がほぼいたので、そういった意味で楽しみでしたし、やってみてすごい楽しかったです。改めて琉球は良いサッカーをするなというのは感じました。

                  Q:これから後半戦になりますが、チームのために自分自身のためにどういったプレーをしていきたいと考えていますか?
                  A:最近セットプレーでアシストできているんですけど、流れの中でもっとアシストという結果を増やしてチームの貢献できたら一番いいのかなと思います

                  MF17 加藤 弘堅 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:アウェイの沖縄にたくさんのサポーターが来てくれて、その人達の気持ちを考えると勝ち点3取らなきゃいけなかったですし、内容的には最後の部分はずっと課題にしながら僕らも取り組んでいるところですけど、そこの質はこだわり続けつつ、やり切るというかシュートで終わるという回数をもっともっと増やせれば良かったのかなと思います。

                   

                  Q:今後チャンスの機会を増やしていくために

                  A:チームとしての形は、クロスだったりとか真ん中でいく形は練習でも相手の形を見て、

                  ウィークポイントだったり、ルーズなところはスタッフが分析してやってくれてるので、その中で僕らはそういう練習でやってた形もそうですけど、実際に対戦して違う部分もあるので状況を見ながら判断を変えてやれるのがベストなのかなと思います。

                   

                  Q:今日で折り返しです。次のFC東京U-23戦から後半戦に入っていきます。

                  A:前期を今日で折り返してアウェイで1勝しかできていないので、逆を言えばホームで1敗はしてしまいましたけど勝ててるゲームが多い中で、後半戦はアウェイで勝ち点を積み重ねるチームになっていかないといけないですし、前期で全チームと対戦してある程度選手の特長だったりチームの癖は把握できてる部分もあるので、後半戦はそういう意味で、もう少しいい形で入れると思いますし、ちょっと中断しますけどより一層チームとして厚みを増せれるように、まず後半戦1戦目は来週あるので、そこをしっかり勝って中断に入りたいと思います。

                  FW9 水永 翔馬 選手

                  Q:本日の試合結果について

                  A:勝てなくて非常に残念です。やはりFWとして結果を残せなかったことが非常に悔しいです。しっかり練習から質にこだわり続け、取り組んでいくしかないです。次は勝てるようにしっかりトレーニングをしていきます。サポーターの皆さんも遠い沖縄まで多くの方に足を運んでいただいて、熱い応援をありがとうございました。

                   

                  Q:シーズン後半へ向けて

                  A:僕たちは絶対にJ2に昇格しないといけないですし、満足している人はいないです。個人的にはまだ得点が少ないですし、もっとゴールに関わる場面を増やさないといけないと思っていますし、結果にこだわっていかなければいけないので、トレーニングからしっかりやっていきたいと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop