ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第13節

2017.6.18(日)

15:00KICK OFF

とうほう・みんなのスタジアム

試合終了

福島ユナイテッドFC

福島ユナイテッドFC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  [試合総括]

                  A:まず最初に福島まで足を運んで頂いたサポーターの方、今日小倉の方でパプリックビューイングが行われて応援して頂いたサポーターの方に、アウェイでの勝ちをお見せすることができて本当に良かったなと思っています。ゲームについては1点目も2点目も時間帯を含めて、非常に良い点の取り方でした。ただ、ボールを持たれる時間もありましたが、非常に辛抱強く耐えて後半の得点にも繋がったのかなと思います。

                   

                  Q:2得点の小谷選手の評価について

                  A:彼については元々運動量がありまして、90分通して黒子の部分もあるんですけど、ああいうチャンスになると出て来る才能を持っていますので、そういった意味では今日の2点はいい意味で意外だったかなというとこはあります。相手の嫌なところに入って行く能力もありますので、そういった面が出ていたんじゃないかなと思いますし、チームとしてやりきるというところが、特に3点目はああいった角度から思いっきりシュートを打った結果が得点につながったのではないかと思っています。

                  選手コメント

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:チームとして狙っていた形で上手くゴールも取れたのでそこは良かったと思います。全体的な試合の流れは相手(のペース)だったと思いますが、勝てたことはすごく良かったですけど、まだまだ修正すべきことは多いのでしっかりと修正して次のホームに良い準備をして向かっていきたいと思います。

                   

                  Q:先制点のシーンを振り返ってください。

                  A:本当に樹(浦田選手)がいい形でサイドを崩して、いいボールをくれたので、しっかりと落ち着いて決めるだけでした。決めることができて良かったですし、時間帯もそうですしチームとしてアウェイでなかなかゴールを決めれてなかったので、そういった意味でも大きな1点だったと思います。

                   

                  Q:チーム2点目のアシストについて。

                  A:いいタイミングで翔馬(水永選手)からもいい落としが入ったので、そこからいい形で前に運んで健吾(小谷選手)からもう1回もらっても良かったですし、自分でも行っていいというようなイメージを持ってパスを出しました。ゴールにつながって良かったです。

                   

                  Q:今シーズン初の連勝とアウェイ初勝利ですが、それについてはいかがですか?

                  A:本当になかなか勝てない中で監督からも言われたんですけど、まずしっかりと自分たちのサッカーをやり切ろうということで、しっかりと良い準備をしてきた中でしっかりとゴールにも繋がったので、結果が出たことは自信を持って次に臨みたいと思います。

                   

                  Q:水曜日に天皇杯、週末に長野戦と連戦が続きますが。

                  A:やっぱり総力戦になると思いますし、3連戦がある中でまず最初の1つを取れたことは大きいですし、しっかりと3つ取れるように良い準備をしていきたいと思います。

                   

                  Q:サポーターに向けて一言お願いします。

                  A:いつも本当にアウェイでなかなか勝てない中でも沢山の方が来てくれて応援してくれた中でしっかりと結果を出せて、またそれをしっかり続けていけるようにまた頑張っていきたいと思うので、これからも共に戦っていきましょう。ありがとうございます。

                   

                  Q:今日はパブリックビューイングもありました。

                  A:嬉しいです。本当にそうやって遠いところからでも応援してくれているのは力になったと思うので。次はホームだし、いい結果を出したいと思います。

                  MF17 加藤 弘堅 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:いい形で先制点が取れて、その流れで我慢強く守備をしながら最終的に3-0までできたのはチームとしてアウェイも勝ててなかったですし、すごく良かったのかなと思います。僕個人的にもそうなんですけど、この試合で出た課題は改めて修正しながらチームとしていい方向に持っていけるようにできればと思います。

                   

                  Q:今日はセンターバックでの出場で気をつけた点は

                  A:前節の反省点も含めてなんですけど、ラインコントロールをマメにしようと言ってて、そこが90分通してできなかった点もあったので、それは今後の課題にも含めてやっていくことですし、あとは前節終わった後にも言ったんですけど、自分達がボールを保持する時間をもう少し増やせるように後ろでコントロールできればなというのは、個人的にチームをコントロールする上でも課題というか取り組んでいきたいと思います。

                   

                  Q:とはいえ失点ゼロという点はプラスの材料かなと思います。

                  A:そうですね、ディフェンスをやっていてそこへのこだわりというのはすごく強くなってきたので、失点をせずに勝ち切る。たとえ同点だとしても失点はしないっていうのはチームとして守備に自信がつくので、そこは引き続き取り組んでいきたいなと思います。

                   

                  Q:水曜日に天皇杯の清水戦、その後長野戦とハードスケジュールですが。

                  A:今シーズン始まってなかなかアウェイで勝てなかったこともありますし、ただここで連勝できた上にアウェイで勝てたことはチームとして凄くプラスなので、天皇杯を間に挟みますけどチーム一丸となって総力戦であと2試合の連戦をしっかりやっていければと思います。

                   

                  Q:今日福島まで来てくれたサポーターと小倉でパブリックビューイングで見ていた方に向けてお願いします。

                  A:いつも遠方まで足を運んで下さるサポーターの方は感謝してもしきれないので、その中で結果として僕らがプレゼントというか恩返しができれば、帰りの道のりも足取りは負けた時よりも軽くなると思いますし、ホームに来て下さる皆さんも含めて今シーズンはスタジアムもすごく良くなりましたし、そういう意味で一体感が昨シーズンに比べてすごく僕自身が感じているので、チームとして一丸となってというのはサポーターさんも含めての上なので、応援が確実に僕達の力になるので、今後ともよろしくお願いします。

                  MF29 小谷 健悟 選手

                  Q:本日2ゴールということで、試合を振り返って

                  A:まずイケさん(池元選手)のゴールで先制したことが一番大きかったですし、続けて僕の2点目が前半の内に取れたことはチームにとって大きかったんじゃないかなと思います。

                   

                  Q:2点目は池元選手からのアシストでしたが

                  A:走り込んだところにいいパスが来て、あとはゴールを決めるだけだったので、パスで勝負はついたかなと思います。

                   

                  Q:3点目について

                  A:あれもケンタ(福森選手)から翔馬さん(水永選手)にいいパスが入って、あとは翔馬さんが僕にいい落としをしてくれたので、本当に決めないといけないところだったので、翔馬さんの落としとケンタのパスで勝負はついていたかなと思います。

                   

                  Q:チームとして良かった点は

                  A:チーム全体でゴールを意識していましたし、守備もアグレッシブに全体で奪いに行けていたのがいい形で勝利に繋がったかなと思います。

                   

                  Q:アウェイ初勝利となりましたが今後に向けて弾みになりそうですか?

                  A:ホーム・アウェイと今連勝で来てるので、このアウェイで勝ったことはデカいですし、またホームで負けてないのでそれを維持して連勝を続けていけば上位にいけると思うので続けていきたいと思います。

                   

                  Q:サポーターに向けて一言お願いします。

                  A:本当に遠いところまで応援しに来てくださったサポーターの皆さんと、北九州で行われたパブリックビューイングで応援してくださったサポーターの皆さんの前でアウェイ初勝利を見せることができて本当に良かったと思います。ホームでまた連勝できるように続けて頑張っていくので一緒に戦ってくれたら嬉しいです。

                  MF15 神崎 大輔 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:それはもう3点取ってゼロで抑えて勝ったので一番だと思います。

                   

                  Q:アウェイ初勝利ですが

                  A:絶対勝ちたかったし、みんな最初から勝ち点3だけ狙いに行きました。

                   

                  Q:今日のゲームで意識したことは

                  A:いつも通りチームとしてやるべきことをしっかりやって、その中で(自分自身でも)点が欲しかったんですけど、個人的には得点がとれなくて悔しいです。

                   

                  Q:連戦が続きますが

                  A:天皇杯はもちろん格上の相手とできるので、そういう相手とやれて一発勝負なので上に行けるチャンスもあるので楽しみにしています。リーグ戦は勝ち続けていくしかないので、ホームでまだ負けてないというのもあるし、アウェイで初勝利できたというのも力に変えて勝利したいです。

                   

                  Q:サポーターに一言お願いします。

                  A:これまで通り変わらず熱い応援をお願いします。一緒に戦いましょう!

                  DF13 浦田 樹 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:アウェイ初勝利っていうのは一番ホッとしているというか、良かったところかなと思います。

                   

                  Q:先制点のシーンを振り返って

                  A:結果には自分もこだわっているので、それが2試合連続出たのはすごく良かったと思うので、これから継続して続けていけばいいかなと思います。

                   

                  Q:ディフェンス面についてはいかがですか?

                  A:今日は相手が(ギラヴァンツの)右サイドから来ることが多くて、そこからのサイドチェンジに対してのボールへの対応はもう少し改善するところがあるかなと自分では感じています。

                   

                  Q:とはいえ失点ゼロっていうのは大きいですよね。

                  A:そうですね。ゼロにすれば負けることはないので、これからも全部ゼロでいって勝ち点を積み上げていければいいなと思います。

                   

                  Q:天皇杯、その後ホームでのリーグ戦ですが

                  A:連戦ですけど、チーム全体の力が試されると思うのでチーム一丸となって頑張ります。

                   

                  Q:サポーターに一言お願いします。

                  A:これから連勝してみなさんと勝利を分かち合いたいと思うので一緒に戦いましょう。

                  GK21 高橋 拓也 選手

                  Q:今日の試合を振り返って

                  A:試合を振り返って、先制点が取れたのが本当に大きくて、あれでゲームのコントロールもしやすくなりましたし、相手に押し込まれる時間が多くなってきた中で2点目を取れたのがチームとしてもすごく良くなってきてる点なのかなとは思いました。

                   

                  Q:アウェイでの初勝利ということに関しては?

                  A:やっぱり苦手意識みたいなものが生まれてきつつある中で、それを払拭できたっていうのは非常に大きな1勝になったかなと思います。

                   

                  Q:後半3点目が入ってちょっと押し込まれる時間帯が増えた中で、ゼロに抑えられたというのはよかったですよね。

                  A:ゼロで終われたことは非常に嬉しいですし、センターバック含めたディフェンスライン4枚の集中力も高かったので。ただその中でも不用意にセットプレーを与えてピンチを招くシーンが多かったので、あれは今後気をつけないとやっぱり相手に逆転するチャンスを与えかねないので、そういう部分はしっかり反省しながら、勝ちながら学んでまた強くなれるようにやっていきたいと思います。

                   

                  Q:連戦が続きますが

                  A:この3連戦はチーム全員の力が試されると思うので、今まで試合に出れなくても練習ですごくいいプレーをしている選手もいますし、本当にチーム全員の力でやっていけば必ず結果は出ますし、3連勝を目指してまずは初戦1勝できたのは大きいなと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop