ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第5節

2017.4.16(日)

14:00KICK OFF

鹿児島県立鴨池陸上競技場

試合終了

鹿児島ユナイテッドFC

鹿児島ユナイテッドFC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

鹿児島ユナイテッドFC

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  Q:試合に関してコメント

                  A:まず結果は結果としてしっかりとチームとして受け止めたいと思います。ただやってる内容自体は悪くないと思いますし、しっかりチャンスを作れていたと思います。ただチームの課題である決定力の差がこの結果に出てしまったのかなと思います。やっている内容は悪くないので引き続きこれを続けていくことと、更に課題の部分をしっかり改善していきたいと思います。

                   

                  Q:改めて今日の試合を振り返って収穫と課題について。

                  A:収穫は狙い通りできて部分、チャンスも作れていた部分もたくさんあったということです。課題は決定力だったり苦しい時間で守りきれるかという所、辛抱強さだったりというところは課題かなと思います。1失点目も最終ラインが早く飛び出さないようにしていたのですが飛び出して空いたスペースを使われてしまったので修正できる部分はしっかり修正をかけていきたいなと思います。

                   

                  Q:連敗となりましたが、次の試合に向けての意気込みをお聞かせ下さい。

                  A:連敗はしたんですけど決して悪い内容の連敗ではないですし、必ず次に繋がる敗戦だと思っています。選手達も一緒だと思います。天皇杯を挟んでそこは切り替えてできると思います。

                   

                  Q:九州ダービーということで北九州からも多くのサポーターが来られて、白熱した試合になったかと思うんですが、新しいカテゴリーで対戦した鹿児島の印象をお聞かせ下さい。

                  A:ニューイヤーカップでも対戦はしましたし、ある程度相手の特長は理解していました。そこを抑えるのが今日の勝因かなと思っていましたが、結果的に2点取られてしまって抑えなければいけないところで失点してしまったので、そこは次に対戦する時にはそこと出所のところをしっかりケアして次の課題としていきたいなと思います。

                   

                  Q:試合前にはどういう試合展開になるだろうと思われていましたか。

                  A:楽なゲームではないと思ってましたし、先にどっちが点を取るかで最終的な結果に繋がるだろうなとは思ってました。立ち上がりの2つくらいあるチャンスの中でしっかり決めることができていればまた違った結果になったんじゃないかなと思います。

                  選手コメント

                  MF17 加藤 弘堅 選手

                  Q:難しい展開だったのかなと思いましたがいかがでしたか。

                  A:そうですね、チャンスはあったので相模原戦もそうですし決めきれずに自分達で苦しくしているという印象として強いです。

                   

                  Q:自分達の狙いとしているサッカーはできている感じですか。

                  A:もちろん課題もありますし修正すべき点もあるんですけど、形としてできている部分もあるので、そこはこれから自信にしていくべきところですし、更に質を上げなきゃいけないっていう。そこで本当に最後のところなので、そこは形ができても結局入らなきゃ意味がないですし、そういうところは難しいところというか。

                   

                  Q:ディフェンス面はいかがでしたか。球際はかなり厳しかったようにも感じられましたが。

                  A:僕らがですか?

                   

                  Q:はい。

                  A:もちろんスカウティングして9番の選手に、1トップに当ててくるというのも言われてましたし、その中で2・3度裏を取られてしまったんですけど、そこは僕らディフェンスラインがしっかり修正しないといけない部分っていうのは感じてます。もちろん球際というのはやっぱりそこで、ちょっと難しいとこですけど、気持ちの部分というかそこでは負けてはいけないと思うので。それは今後も続けていかなきゃいけない部分だと思います。

                   

                  Q:200試合出場になりましたが率直なご感想を。

                  A:そうですね、こういう試合で勝てないというのは個人的に持ってないのかなというのはありますね。もちろん今まで京都・富山・群馬、そして北九州で試合に出させて頂いて自分の中で積み重ねられているものもたくさんあるので、それは糧に変えて通過点として今後もプレーできればと思います。

                   

                  Q:ここまでの試合を追えてJ3というカテゴリーはどういう風に映っていますか。

                  A:簡単ではないというのはやる前からわかっていたことですけど、その上でJ2に比べてスタジアムの雰囲気であったりとか、そういうものも含めて僕らに与えてくる影響というのはあると思うので、そこは実際やってみて感じるものもたくさんありますね。

                   

                  Q:ピッチコンディションはいかがでしたか。

                  A:グランドにかんしては問題なくプレーできました。

                   

                  Q:少し暑くなってきましたが。

                  A:そうですね、今日は湿度が高かったので、それは朝起きた時点で感じたのでマメに水分を採りました。そういうこともあって体には大きな問題はなかったので大丈夫です。

                   

                  Q:センターバックは慣れてきましたか。

                  A:もちろん始めた当初に比べたら見えてくるものも増えてきましたし、また自分の中で違った課題というかもっと伸ばしていこうという部分も増えてきているので、その辺は楽しみながら結果に繋がられたらなという気持ちです。

                  MF24 小野寺 達也 選手

                  Q:試合を振り返って。

                  A:リズムを作れなかったのは、前半は特に僕の責任だと思います。相手のフォワードにボールが納まったり、決定力がある選手がいたのでそこのセカンドボールを意識して試合に入りました。

                   

                  Q:後半はお互いに少し形を崩してでも取りに行っていたようにみえましたが。

                  A:そうですね。あとは、チャンスは作れていた中でスカウティングにもあったボランチが抜け出てくる動きに対して、僕が後手を踏んで背後を取られて折り返されて失点したっていうのはやっぱりもったいなかったなと思いますし。

                   

                  Q:前半の展開から後半はお互いに少々崩し合っての打ち合いになった中で、すぐに対応するというのは難しいことなのでしょうか。

                  A:いや、そこまで考えてなかったですけど、背後を取られた1失点目のシーンは、単純にボールが動いている時の準備が足りなかったのかなと思います。

                   

                  Q:黒星が先行する形になりましたが、内容的にはとてもいい試合だったと思いますし、どっちが勝ってもおかしくなかったと思います。

                  A:相模原戦の負け方と今日の負け方は違うと思いますけど結果的に黒星なので、勝負を分ける部分、決めるところと守るところの部分をもっと強調してできたらと思います。

                   

                  Q:今日はJ3初めての九州ダービーでしたがいかがでしたか。

                  A:いい雰囲気の中でやれたのは本当に幸せです。

                  MF29 小谷 健悟 選手

                  Q:今日の試合を振り返って頂きたいのですが。

                  A:立ち上がりはどちらかというとこっちのペースで、その中で点を取れなかったというのが今日の敗因につながったかなと思います。

                   

                  Q:どういうところが課題だと思われますか。

                  A:決定的なチャンスを多く作れていたのにそれがなかなか点につながらなかった、そういうところを決めきれないと勝ち点3は取れないと思うので、もっとそこの精度を上げていかないといけないかなと思います。

                   

                  Q:前半はギラヴァンツペースだと感じたのですがどうですか。

                  A:それは僕も感じて、右サイドを僕と弓崎で崩したり、逆サイドの神崎さんがシュートまでいけたりと結構チャンスはあったので、そこを決めきれなくて逆に相手に少ないチャンスを決められたっていうのが負けた原因かなと思います。

                   

                  Q:次節に向けての意気込みをお願いします。

                  A:僕もまだJリーグで点を取っていないので、まず自分が点を決めてチームの勝利に貢献できるようにプレーするのと、やっぱり勝ち点3をなにがなんでも取っていかないと昇格は難しいと思うので意識してやっていきたいと思います。

                   

                  Q:神崎選手を生かしている場面もありましたが作戦だったのでしょうか。

                  A:作戦っていう訳ではないですけど、僕がボールを持って逆サイドにいた時にいけるな、チャンスだなと思ったので出したりしていました。点にはつながらなかったですけど、僕も出すパスの精度を上げないと今後のチームの勝利にはつながらないと思います。

                   

                  Q:ハーフタイム中はどういった指示がありましたか。

                  A:決定的なチャンスがあった中で決めきれなかったというのが1番大きなとこだったので、あとは僕がボールをもらう位置で監督からは上手く中で受けたりサイドに引っ張ったりと相手の状況を見ながらもっとボールに絡んでくれというのはあったので、それは意識してやりました。

                   

                  Q:鹿児島のご出身ということで、鹿児島でプレーしたことについて一言お願いします。

                  A:まずこのアウェイの鹿児島戦には絶対にメンバーに入りたいという気持ちはありましたし、昔から鴨池はいい舞台というか思い入れのある舞台だったのでその中でやれたことは嬉しく思うし、家族も見に来れたので嬉しかったです。その中で勝ちを見せれたらもっと良かったんですけど。

                   

                  Q:その中で先輩の永畑選手、後輩の野嶽選手とプレーしてみていかがでしたか。

                  A:やっぱり負けれないという気持ちはまず一番大きかったし、後輩だったり先輩だったり、淳樹さん(五領選手)は今日は怪我でいなかったんですけど、一緒にやれたことはすごく嬉しかったし、一緒にプレーしてて楽しかったというのはあります。

                   

                  Q:小谷選手が今日鹿児島でプレーされてまた新たに成長しなくてはいけないと感じたのはどういうところですか。

                  A:やっぱりもっとボールに関わって、僕自身この試合はシュートは全然打ってないので、僕もシュート本数をもっと増やしていってゴールにつながるプレーをしないといけないかなと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop