ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2020明治安田生命J2リーグ
第9節

2020.8.2(日)

18:00KICK OFF

サンプロ アルウィン

試合終了

松本山雅FC

松本山雅FC

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  今節の松本山雅FC戦、次節のザスパクサツ群馬戦とアウェイゲームが2試合続きます。前節の徳島ヴォルティス戦を2-0で快勝、ホームゲーム2連勝として手にした自信と勢いをうまく生かして、さらに勝点を積み上げてほしいものですね。

                  まずは前節の徳島戦のおさらいから。リーグ屈指の攻撃力を誇る3位・徳島に対して、ギラヴァンツ北九州は臆することなくアグレッシブな攻守を披露して試合の主導権を握ると、7分にディサロ燦シルヴァーノ選手のヘッドで先制、前半終了間際には椿直起選手の自身プロ初ゴールで2点差とし、後半は徳島にボールを持たれる時間は増えましたが、慌てることなく組織的な守備で対応して無失点勝利につなげました。

                  徳島戦ではそれまで5試合で続いていた同じ先発メンバーを3人入れ替えました。トップに入ったディサロ選手が今季初、FW町野修斗選手と右サイドバックの野口航選手が開幕戦以来の先発。このメンバー変更の狙いを小林伸二監督は、こう明かしました。

                  「まず先発が続いていた選手の疲労を考慮しました。それから、徳島の高い攻撃力に対してウチは引き込んで対応するのではなく、これまで通りに前から行く、と決断した時に、(ボール回しがうまい徳島に対しては)プレスのスピードを速くしたほうがいいと判断したので、前の二人を代えました。あとは、攻撃面でパスコースを増やすことを考えたときに、相手の状況を見ながらポジションを柔軟に変えることができる野口を入れておいたほうがいいかな、と。野口は徳島のパスワークに対する守備でも、複数のパスコースがある時に、どこを優先して消せばいいのか、その判断力が高いから良い働きをしてくれるだろうと考えました」

                  変更に理由があるのは当然ですが、徳島という相手の特徴を考えての決断、特に野口選手の起用理由は深いなぁと感心させられます。しかも、その3人がきっちり仕事をしましたからね。ゴールを決めたレレ選手はもちろんですが、町野選手は椿選手のゴールを生む流れの中で、鮮やかなターンからのドリブル、ショートスルーパスという二つのプレーで魅せておいて見事なアシストを決めました。

                  野口選手は、1点目が生まれる流れの中で、左サイド、加藤弘堅選手からのサイドチェンジを受けたときに、ワンタッチで髙橋大悟選手にボールを落としたのですが、このワンタッチプレーがその後のパスワークのスピードを決定しましたね。中央の國分伸太郎選手を経由して、野口選手の起用によって左サイドバックでプレーしていた福森健太選手までのボール運びが実にスピーディーで相手守備陣を左右に十分に揺さぶり、福森選手の好クロスをレレ選手が頭でドンッ! 福森選手のクロス精度も日ごろの練習の成果が如実に表れた実に素晴らしいものでした。野口選手は守備面でも優れた状況判断を生かして対面のアタッカーの前進をことごとく封じて、その選手を前半だけでベンチに退けるほどの盤石のディフェンスを披露したのです。いや、素晴らしい!

                  徳島戦を振り返る小林監督は2つの得点に「選手たちがうまくなった」と感心し、喜んでいましたが、それよりもうれしそうに話した場面がありました。「相手の方が、やり方を変えてきたんですよ~」。これは、徳島がギラヴァンツ北九州のハイプレスを警戒して、本来はボランチである選手を3バックの中央に配置して、プレスから逃れやすい位置からのビルドアップを目論んだことと、後半序盤から徳島がシステムを変更したこと、この二つの変化はギラヴァンツ北九州の実力を認めたからこそ、という意味で小林監督が喜んだわけです。

                  他チーム、しかも上位チームが認める実力を備え始めている、という事実は実に喜ばしいことですが、一方で、相手の警戒がグッと強まることで戦いづらくなるなぁ、という心配が出てくるのは……、これもやはり喜ばしいことだと思いましょう。

                  さて、今節、松本戦の見どころを探っていきます。第7節の大宮アルディージャ戦を0-1、第8節の町田ゼルビア戦を0-2で落として2連敗中、順位も16位にまで落としている状況ですが、昨季のJ1リーグを戦ったチームで地力はあります。7年間指揮を執った反町康治監督から昨季は群馬を率いてギラヴァンツ北九州に続くJ3リーグ2位、今季からのJ2昇格に導いた布啓一郎さんを新監督に迎えて、チームの再建を図っている状況で、いまはまだ波に乗り切れてない印象ですが、個の能力の高さは小林監督や、経験豊富な加藤選手も認めるところです。

                  大枠で見れば、松本の個の能力をギラヴァンツ北九州が組織力で抑えることができるかが、見どころの一つと言えそうです。ただこの対決の構図は、前節の徳島戦で経験ずみ、しかも大きな成果を出していますからね。しかし、「きっと大丈夫でしょう」というこちらの楽観的な考えをやんわりと制したのがGK高橋拓也選手です。

                  「ウチの前からのハイプレスに対して、これまでの対戦相手は、それでもボールをつなごうとしてくれるところがあったので、そこでボールを奪って攻撃につなげることができました。でも、松本はこちらがプレスを掛けたときに、割り切って、僕らの最終ラインの裏にポーンとロングボールを蹴ってくるシーンが結構あると思うんですよね。実際、ロングボールをスピードで生かすことができる選手、高さと強さを生かせる選手が向こうにはいますからね」

                  なるほどー。もし松本がロングボール主体の攻撃に出てきた時には、チームのリズムをつくる上で大事なスイッチとなっていたハイプレスが機能しなくなる可能性が出てきます。どうしましょう? もちろん小林監督の頭の中にそれを解決する戦略はあるのでしょうが、試合前にそれを明かしてくれるわけがありませんから、これはぜひ皆さんにDAZNの中継を見ながら確認していただきましょう。つまり、そこもゲームの見どころということです。

                  ちなみに先に高橋拓選手のコメントがあるのは、松本戦で今季初出場を果たす可能性が高いと考えて話をうかがったからです。なぜなら、前節の徳島戦までの8試合でゴールマウスを守ってきた永井堅梧選手が松本からの期限付き移籍によりギラヴァンツ北九州でプレーしている選手であり、そこでの契約上、松本戦には出場できない。代わりに8試合でサブメンバーに入っていた高橋拓選手の出番だろう、と踏んだからです。今季初出場の可能性が高まる状況に、きっと高橋拓選手も気合が入っているだろうと思いきや、肩透かしを食らうほどに冷静でした。その理由を聞き、また深く納得するのです。

                  「チームの流れが良いので、僕はそれに乗っかっていくイメージで行くほうがいいだろうな、というのと、自分がどうこうというより、チームとして昨季J1を戦ったチームに対してどこまでできるのかを意識する。自分が初出場とか、そういうのは意識していません」

                  そんなに簡単に割り切れるものですか?

                  「久しぶりに出場機会を得たから良いアピールをしてやろうと気合が入り過ぎると、難易度の高いプレーを選択してしまいがちです。難易度が高いからリスクも高いわけで、つまりミスをする可能性が高くなります。例えば、チームの状況が悪くて、その打開策としてキーパーが変わった時は、キーパーは自分のアグレッシブなプレーで変化を生み出す刺激をつくることも必要ですが、今はそれとは異なる状況です。チームの調子自体は良いから、自分が強くアピールする必要ない。“余計なこと”をしない方が良い時、それが今。だからチームの流れに乗っかる、ということなんです」

                  とにかく今回の松本戦に向けての取材では感心させられる言葉がバンバン出てきました。先に出てきた加藤選手の言葉も深かったですねー。加藤選手は今季攻守で大活躍ですが、特に、攻撃面ではもしかしたら得点やアシストの場面で名前が出てこないので、目立っていないかもしれませんね。

                  直接的アシストとして記録されるのは第4節・ファジアーノ岡山戦の佐藤亮選手へのスルーパスだけですが、前節のレレ選手のゴールの始まりは加藤選手の野口選手への効果的なサイドチェンジですし、第7節のレノファ山口FC戦の髙橋大選手の先制点を生んだロングカウンターのスタートは加藤選手から國分選手へのパスでしたし、第3節のFC琉球戦の國分選手の先制ヘッドもアシストがついた髙橋大選手へパスを通したのは加藤選手でした。アシストの前、あるいは前の前、という意味で、プレ・アシスト、プレプレ・アシストと名付けたいと思いますが、そういう働きを重ねている加藤選手が言うのです。

                  「自分の中では同じサイドチェンジでも、サイドハーフやサイドバックを走らせて『そのままクロスを上げて来いよ』というメッセージを込めた場所とスピードを考えたパスもあれば、『そこから周囲との連携で崩せよ』というメッセージをこめたパスがある。徳島戦のレレの先制ゴールにつながった航(野口選手)へのサイドチェンジは後者で、あれは僕のメッセージを航がきちんと受け取ってワンタッチで大悟(髙橋選手)に落としてくれたのも大きかった。琉球戦の伸太郎(國分選手)の得点も、左で自分がつくっておいて、右の大悟に入れましたが、あの大悟のプレーもある程度はイメージした上で、大悟の左足へ向けて、ワンタッチでプレーしやすいボールを送ったつもりです」

                  パス1本に込めるメッセージの深さ、ですよ! そして、そのメッセージをしっかりと感じている受け手。チームに『つながり』がある証拠です。加藤選手の意図ある配球、そして、チーム内で確立しつつある高い連動性、このあたりも松本戦でぜひ注目してください。そして、つながってつながって、ぜひ3連勝、4連勝へとつなげてほしいものです。

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  ギラライブ配信詳細

                  8月2日(日)松本山雅戦の試合前に、ギランとガンズくんのマスコットコラボ企画をpring(アプリ)にて配信することが決まりました。

                  配信内容

                  鳥の会会鳥のギランと、企画部部鳥のガンズくんがpring(アプリ)にてリモート場外戦をおこないます。
                  皆さまからのコメントで勝敗が左右される対決も企画しておりますので、ドシドシコメントをお寄せください。

                  対象試合

                  8月2日(日) 18:00キックオフ
                  明治安田生命J2リーグ第9節 vs.松本山雅

                  配信時間

                  17:10~17:40(予定)

                  出演者

                  鳥の会企画部部鳥 ガンズくん
                  鳥の会会鳥 ギラン

                  視聴者参加型企画

                  1円以上のエール(投げ銭)を頂いた方はプレゼント抽選会にご参加いただけます。
                  北九州サポーターには松本の名産や厳選の品が!
                  松本のサポーターには北九州の名産や厳選の品が当たります。

                  配信

                  「pring(プリン)」ギラヴァンツ北九州【公式】
                  ※当アプリを事前にダウンロード、登録、チャージの上お待ちください。登録方法は下記ご参照ください。
                  送金アプリ「pring(プリン)」ダウンロード、登録方法

                  pring事前登録のお願い

                  1. 送金アプリ「pring(プリン)」をダウンロードしてください。
                  【iOS用アプリ】https://apps.apple.com/jp/app/pring-プリン-お金snsアプリ/id1295628648
                  【Android用アプリ】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pring&hl=ja


                  2. 会員情報を登録してください。


                  3. 投げ銭をしていただくには、銀行口座の登録とチャージが必要です。
                  本人確認は下記のどちらかで実施してください。
                  ‣pring提携銀行口座の登録
                  ※提携銀行はこちら https://www.pring.jp/campaign/money-stress#bank
                  ‣郵送での本人確認


                  4.アプリ内にチャージしてください。
                  ●現金でチャージ:全国のセブン銀行ATMからチャージできます。
                  ●銀行口座からチャージ:ご登録された銀行口座からチャージできます。

                  配信当日の投げ銭方法

                  送金アプリ「pring」を開いて、動画を視聴しながら投げ銭をする!
                  投げ銭ページはこちら↓
                  https://team.pring.app/teams/2174

                  【株式会社pring】公式サイト
                  https://www.pring.jp/pring/

                  監督コメント

                  [試合総括]
                  前半は直線的なプレスを受けてなかなか持ち込めませんでしたけど、そういう中でディフェンスゾーンで丁寧にボールが回せるようになって、裏が何回か取れたと思います。そこのカウンターのスピードと精度が上がれば、もう少し良かったのではないかなと思います。前半の途中から押し込んだ状態で、幅広い攻撃がもう少しできればいい形になったのではないかなと思います。
                  後半は上手く修正ができて、自分たちのリズムに戻すことができたこと。コーナーキックで少し守り方が変わっていたのを上手く突いて点が取れたこと。ポジションチェンジした福森が良いパスを出して、途中から入った鈴木からのマイナスのパスを町野が決めたということがすごく、本数は少ないですけど一つ一つの精度が高くて、ものすごく良い得点だったなと思います。
                  2対0ということで、少しメンバーをいじったところで失点を食らったので、そこは反省をしなくてはいけないなと思います。この失点が次に繋がるように、この形で得点ができたということが次の5連戦に繋がるように、良い準備をしていきたいと思います。


                  Q:ここ3試合は前線の二人を同時に交替していましたが、今日町野選手を残した狙いはどこにあったのでしょうか?

                  A:(代えてしまうと全体の)身長が低くなるんですね。リスタートが怖いので、そこはどうにか置いた状態で、コンディションが良かったので置いた状態で選手を変えるということを最後は考えました。

                  選手コメント

                  FW9 ディサロ 燦シルヴァーノ 選手

                  Q:これで3試合連続ゴールとなりましたが、好調の要因はどこにあると思いますか?

                  A:常に平常心でいることだと思います。
                   

                  Q:シュートの場面も打つ前にキーパーの動きを見て蹴り込んだという感じがしましたが、そういう冷静さが好調の要因なのかなと感じました。

                  A:そうですね、監督から常にプレッシャーに行くときは力を込めてスプリントをして、ボールが来た時はすっと力を抜いてみたいなことを毎日言われているので、それが活きている感じですね。
                   

                  Q:レレ選手がゴールを決めると負けないという流れができつつあるのではないかと思います。

                  A:あまり意識したことがなかったので、今聞いてびっくりしたんですけど、結局自分のゴールでチームを勝たせられているということは良いことだと思いますし、勝利に繋がるゴールをこれからも取っていきたいと思います。
                   

                  Q:4ゴールのうち2つずつ途中出場と先発で決めていますが、それぞれ価値が異なるものですか?

                  A:価値は一緒だと思います、1点は1点なので。ただそれが先制ゴールなのか、突き放すゴールなのか、逆転ゴールなのか、同点ゴールなのかということでは価値は変わってくるのかもしれないですけど。フォワードにとって1点は1点なので、どんなゴールでも1点だと思います。
                   

                  Q:今日は前半にビルドアップがなかなか上手くいかなかった時間帯があったと思うのですが、あの時間帯はレレ選手はどんなプレイをして打開しようと思っていたのでしょうか?

                  A:前半は松本さんが中をかなり締めていて、ボランチのスライドとかがすごい頑張っていたので、自分は足元で受けるというよりもちょっと背後に走ってあげて、ディフェンスがつられて他の人が空いたらという風に思っていました。後半は、結構来ていたので落ちるだろうなと思っていて、それは皆の共通認識だったので、そんなに焦れることなくやれたと思います。
                   

                  Q:一週間空いて5連戦となりますが、意気込みをお願いします。

                  A:過去に5連戦とかあまりやったことがないんですけど、今のギラヴァンツはベンチに入っていてもベンチに入っていなくても、みんなが一体となって誰が出ても常に良い試合ができるメンバーと準備ができているので、何も心配はないですし、自分が出た時、各々が出た時に自分が出来る最大限をやるっていうことで大丈夫だと思います。
                   

                  FW18 町野 修斗 選手

                  Q:今季初ゴールおめでとうございます。難しい角度からのシュートだったと思うんですが、ダイレクトで打とうというイメージであの場所に入って行ったんですか?

                  A:そうですね。マイナスがくるだろうなと思っていたので、来る前にしっかりゴールキーパーの位置を把握できていて、きっちり決められて良かったです。
                   

                  Q:蹴った瞬間に入ったなという感触はあったんですか?

                  A:そうですね。良いコースに入ったなというのはありました。
                   

                  Q:出場4試合目での初得点というのは、個人的に遅いのか、こんなものだろうと思っていたのかどちらですか?

                  A:遅いですね。別にアシストは必要ないと思っていたんですけど、2試合連続アシストだったので。前半を振り返れば自分で打てたシーンとかもパスを選択してしまったりしていたので、思い切って触れてよかったです。
                   

                  Q:前半の半ばまで松本の守備が良くて、なかなかビルドアップが上手くいかなかったと思うんですけど、トップ下でプレーしている町野選手は何をしたら良いと考えていたのでしょうか?

                  A:相手の2ボランチを困らせるポジションを常に取り続けて、後は3枚の両センターバッグを出させずに、椿(直起選手)と大悟(髙橋大悟選手)に使わせることとか、そういう細かいレレ君の裏への走りだったり、そういうのは共有できていたので、前半はゴールできませんでしたけど、前半があったからこそ相手もちょっと疲れてきて、後半に得点できたというのは狙いではあったので。70分以降の攻撃というのがメインと僕は思っていました。
                   

                  Q:トップでプレーしている時とトップ下でプレーしている時で少し違うのではないかなと思うんですけどいかがですか?

                  A:練習のターンだったり下りて相手のボランチを動かすところだったり、普段なかなか1トップで僕が1番前だとあまりしない動きではあったんですけど。やることははっきりボランチを困らせることとか、隙があれば前を向くこととか、3バックの両ワイドのセンターバックを困らせることとか、はっきりした簡単な戦術といえば戦術だったので困りはしなかったですね。
                   

                  Q:それは試合前の練習準備期間でしっかりやれていたことなんでしょうか?

                  A:そうですね。伸二さん(小林 監督)や弘堅君(加藤 選手)、伸太郎君(國分 選手)から言われていたことなので、よくできたかなとは思います。
                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop