ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019明治安田生命J3リーグ
第31節

2019.11.17(日)

19:00KICK OFF

正田醤油スタジアム群馬

試合終了

ザスパクサツ群馬

ザスパクサツ群馬

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  TODAY'S MACH PREVIEW VS
                  レーダーチャート レーダーチャート
                  得点パターン 得点パターン
                  ランキング ランキング
                  ホットゾーン ホットゾーン

                  J2昇格へ向けて大きなヤマ場となる2連戦の第一戦目、ロアッソ熊本戦は惜しくも1-1の引き分けに終わりました。これにより、アスルクラロ沼津に1-0で勝った2位・藤枝MYFCとの勝点差は4ポイントから2ポイント差に縮まりましたが、ヴァンラーレ八戸に追い付かれて1-1で終わった3位のザスパクサツ群馬との勝点差は5ポイントのままです。

                  熊本戦を振り返った小林伸二監督が「先制できたのに勝点1の獲得にとどまったことは正直残念。でも、大きな勝点1でもあると思います」と言ったのは、リーグ2位以内のチームにJ2への自動昇格の資格が与えられるということを考えれば、首位に立つギラヴァンツ北九州にとっては、2位チームよりも3位チームとの勝点差が重要なわけで、だから群馬との勝点差をキープすることにつながった熊本戦での勝点1には大きな意味がある、ということなのです。

                  アウェイの熊本に千人を超えるサポーターの皆さんが足を運んで下さったことへの感謝の気持ちは、小林監督はじめ多くの選手が口にしていたことでした。それだけに勝利の喜びを分かち合うことができなかったことを申し訳ないとの思いも強く残っていたようです。この悔しさを晴らすためにはまず熊本戦の反省を次に生かすことでしょう。小林監督は次のような反省点を挙げていました。

                  「ウチの選手は大事な試合でも緊張感なく入れたと思います。そこはたくましさを感じました。逆にさまざまなプレッシャーがかかる熊本さんのほうに硬さが見られて動きが重かったようです。だからこそ、前半のうちに1点が欲しかった。ボールはうまく握っていたのですが、前に飛び出す強度が足らず、ショートカウンターに威力がありませんでした。後半は球際の勝負のところで相手に持っていかれました。こっちにきそうかな、でもこない、というシーンが続きましたね。あとはボールを奪った後のつなぎの精度が悪かった。上位対決の場合、そうした細かい部分での精度の差で流れが変わる、ということを選手は感じたと思います。そこを次からの戦いに生かしたいですね」

                  さて“ヤマ場の第2戦"となる今節の群馬戦の見どころを探っていきましょう。まずは群馬の最近の戦いぶりについて。前回対戦の第8節でギラヴァンツ北九州に0-1で負けた時点での順位は16位。そこからまずは第10節から13節の4連勝で4位に浮上すると、第15節から第26節まで、途中の7連勝(第18節から24節)を含む12戦無敗の好調があり、第21節から首位の座につきました。ですが、第25節の藤枝戦と第26節のブラウブリッツ秋田戦をともに2-2で引き分けると、第27節のガイナーレ鳥取戦で0-1、13試合ぶりの敗戦を喫して3位に後退、第28節のカターレ富山戦をスコアレスドロー、第29節の熊本戦は後半アディショナルタイムの2ゴールにより3-1で勝ちましたが、前節の八戸戦で引き分け、ここ6試合で1勝4分け1敗という足踏み状態となっています。

                  群馬の停滞の要因の一つが得点源の負傷離脱にあるといっていいでしょう。10ゴールでチーム内得点ランク2位につける青木翔大選手が第25節から、同ランク1位で15得点を挙げていた高澤優也選手が第26節から欠場すると、第9節から第24節までで一度もなかった無得点試合が、ここ6試合では2度。また第24節まで1.96点だった1試合平均得点がここ6試合では1.33点と大幅に減少しています。青木選手と高澤選手の欠場で攻撃のバランスが崩れ、勝点獲得につながる得点力が低下したことが失速の原因と言えます。

                  そんな群馬に対する印象を小林監督は次のように話しています。

                  「良い守備をして素早い攻撃につなげるのがうまいチーム。青木選手と高澤選手の負傷離脱が響いているようですね。高澤選手の代わりに1トップを務めているのが、それまで2列目でプレーしていた加藤潤也選手と岡田翔平選手あたりで、まだ十分に機能はしていないようですが、2人ともこれまでに十分なゴールを挙げていますし(加藤選手が9ゴール、岡田選手が5ゴール)、技術がある選手なので、アバウトなボールでも個人で何とかやり切る力を持っているので、特にカウンター時にうまく対応しないと、やられますよね」

                  前節の熊本戦で、上位対決では細かなところの精度やこだわりが試合の流れを左右することを学んだばかりですから、足踏み状態にあるとは言え、上位につける群馬に対しては細心の注意が必要だということでしょう。そして今節は今季初の19時キックオフ。ナイトゲームという点で言えば、これは18時のキックオフでしたが、第20節のガンバ大阪U-23戦以来となりますし、かなり冷え込むことも予想されるので、環境の違いにも十分に注意する必要がありそうです。特に試合序盤ですね。そこは小林監督も認識してますが、少しこだわりを持っているようでした。

                  「これまで13時、14時開始が多くて、起床してからのリズムもつくりやすかったのですが、19時ということになると難しい面があるのは確か。それと久しぶりのナイトゲームということで、試合の入りには注意が必要。とはいっても静かに慎重に入る、という意味ではありません。まず動くことが大事。動きながら慣れていく。動くことで頭も働くんです。そういう方向に選手の意識を向けさせたいと思います」

                  試合環境は変わるけれども、アグレッシブに向かっていく自分たちのサッカーは変えない、ということ。群馬が古巣となる加藤弘堅選手もこう言います。

                  「ゲームは相手があってのもので、常に相手の状況は見ておかなくてはいけないんだけれども、こういう大事な試合、いろいろなプレッシャーがかかる試合では、まず自分たちのサッカーを表現することに意識を集中することも大事かなと思います。へんに相手のことばかり気にし過ぎると緊張することも考えられますから」

                  そして加藤選手はこう続けました。

                  「でも、緊張してはいけないとは思いません。緊張している自分を『ダメ』だと思うのではなく、その自分を客観視しながら『だったら、とりあえず走ってみよう』とか『だったら、声を出してみよう』とか、自分なりの『だったら』というチャレンジをしてみること。その試行錯誤がもっと緊迫感が出てくるはずの今季残りの試合や、今後の自分のプレーに生きてくるはずなんです。だから群馬戦を含めた残りの試合、チームとしてはもちろん、個人としてもチャレンジすることがとても大事だと思っています」

                  「まず動くことが大事」と話す小林監督は、足を動かすことでボールもよく動くようになり、ボールを動かすことで相手のプレッシングをかわせる。そうすることで『プレスで引っかけてからのショートカウンター』という群馬お得意のパターンを発揮させないことにつながるとも考えているようです。

                  応援する側にとっても緊張感が高まるゲーム。でも、加藤選手が言うように、緊張することは悪いことではありません。『だったら、動いてみよう』。その考えに向かったら、ぜひJR小倉駅のJAM広場に足を運んで下さい。入場無料のパブリックビューイングが開催されます。詳しくはこのHP上のバナーで。

                  [文:島田 徹]

                  前節のハイライト

                  監督コメント

                  Q:試合の総括をお願いします。

                  A:前半の入りは上手くいきました。切り替えが早いということと大きな展開ができたので、群馬さんを揺さぶることができました。最後の3分の1のところで工夫が見られるともう少し良かったんじゃないかなとは思いますけど、そこはなかなかすぐには変わらないので、もう少しレベルを上げる必要があるんじゃないかなと思います。1つのパスだったり、1つのアイデアだったりというところは少し状況に応じて引き出しが増えていくと面白いんじゃないかなと思います。うまくカウンターで点が取れる、スピードアップする攻撃がああいうふうにできたので、群馬さんが得意な所をまず先手が取れたというのは良かったと思います。
                  ポジションに着くのが少し遅い選手がいると、やっぱり群馬さんの切り替えが早くて裏を取られたというのは前半の途中からあったので、そういうところを少し直さなくちゃいけないなと思っています。後半、もう少し個の精度が高ければもう1点、前回もそうですけど取れたのではないかというところはまだまだ我々の課題だと思います。そういう中で今回はああいう形でしのげたというのはすごく大きいと思いますし、もう少し5分くらいキープをするのにサイドを使ったりサイドにスローインを切れるように工夫するとかちょっと冷静に流すということをできなくて、ボールを蹴ったりとかいうところはちょっとどうなのかなと思いますけど、その辺ができればもう少し落ち着いてサッカーができるのではないかなと思います。
                  こういう際の戦いは初めて経験することなので、そういう経験だったりを積んで選手が伸びていけばチームも強くなると思うので、そういうことを伝えながらまた次のゲームに準備をしていきたいと思います。
                   

                  選手コメント

                  DF6 岡村 和哉 選手

                  Q:試合を振り返っていかがですか?

                  A:自分たちがやることはできましたし、耐えられたということは大きかったと思うんですけど、追加点を取って試合を決められたという時間帯もあったので。でもそこは僕たちの持ち場ではないというか、0点に抑えたら負けないと割り切って声を掛け合いながら集中してできたので良かったかなと思います。


                  Q:監督が先ほど熊本戦よりも締まっていたと言っていました。

                  A:そうですね。感じていたのは、僕は久々にスタメンで出るということとやっぱり緊張感もあったし、いつもよりは固くなっていた部分もあったんですけど、そういう自分の置かれている状況から見たら、人も入っていたこともあってかちょっと緩いなというのはありました。でもただ自分にもそんなに余裕がなかったので、負けたら終わりくらいの気持ちで意気込んでやっていたので。だからそれこそ勢いを止めるじゃないですけど、そういうのができなかった部分は少し甘さが出たのかなと思います。


                  Q:そこを正して直していこうという話になったんですか?

                  A:今日も試合まで意識していたのは良い声も出さなくちゃダメだけど、ちょっと厳しく、でも厳しく言い過ぎてコーケン(加藤弘堅選手)に止められたので(笑)。そういう役割分担をできたら、チームとして成長できるんじゃないかなと思います。イケさん(池元友樹選手)とかとも話して、でも試合の迎え方は人それぞれだから、試合に入った時とかピンチになった時とかアウェイだとちょっとのチャンスでもすごくピンチみたいな雰囲気になるので、そういうのは中で話し合って対応できたと思います。


                  Q:最後ゲームを締めるところはどういう意図でプレーしていましたか。

                  A:相手は3人大きい選手が前に来て、ただ大きいからと言ってラインを下げるとピンチになるので、とりあえず自分達より後ろに置いてオフサイドを狙って、下げてきたところを頑張って競る、そしてカバーをする、その共通認識でやれていましたし、この戦い方は練習からやれていたので今日につながったかなと思います。


                  Q:わかりやすいプレーをしてくれるのは見ていて楽な部分はあります。

                  A:自分たちのスタイルを貫きすぎて失点食らって同点という時期もあったので。勝ちにこだわるというところは、勝つのが全てじゃないけど、勝って反省した方が良いというのは前から思っていました。良いサッカーをしても負けたら意味がないので。そこは恥ずかしいプレーをしようが、時間稼ぎをして今日はタクヤ(高橋拓也選手)がイエローカードをもらいましたけど、ああいうのはやっぱり大事だと思うし。そういうふうな面でも今の順位にいるという経験から生まれてきているものがあると思います。

                  MF17 加藤 弘堅 選手

                  Q:どんなゲームプランで試合に入ったんですか?

                  A:前半はボールも持てていたし、後半はもう少しボールが持てるのかなと思っていたんですけど、そこまで大きなピンチもなかったので我慢はできていたと思います。前半にもう1点取れていたらなと思います。


                  Q:前からのプレスがハマっていたように見えました。

                  A:群馬相手だからというよりはシーズンを通してやっていたし、割と中に後藤選手が入ってきたので繋いでくるかなと思ったんですけど、スカウティングを見たら縦に結構早かったし、そこに制限さえかけられたら高さではうちの方に分があったので、狙いは上手くハマったかなと思います。


                  Q:ボランチでボールをコントロールしていたように感じました。

                  A:前節、熊本戦では点を取った後にボールを裏に蹴る時間帯が多くなって、それは試合前からみんなで点を取っても失点をしてもやることをやろうという話をしていたので、そこは意識してプレーしました。


                  Q:この勝利はチームにとってすごく大きなものだと思います。

                  A: 3位との直接対決だったのでかなり大きいです。1つ肩の荷が下りた訳じゃないけど、群馬や熊本とやる緊張感よりは1つリラックスをして残りの3試合に臨めるのかなと思います。


                  Q:久しぶりに群馬の地ででプレーしていかがですか?

                  A:お客さんがたくさん入っている感じがしました。ゴール裏も人が多かったし懐かしいなと思いました。あとは風がないなと思いながらプレーしていました(笑)


                  Q:北九州に移籍してもう5年になるんですね。厳しい時もありましたよね。

                  A:去年はJ3でビリだったので。スタッフ含め選手も入れ替わって立ち直ってここまで来れているので。今年は絶対にやらなくちゃいけないなと思っています。


                   

                  MF28 髙橋 大悟 選手

                  Q:ゴールシーンを振り返ってください。

                  A:たまたまです(笑)。練習をしてた形が出せたので良かったと思います。


                  Q:試合を通じてものすごくハードワークをしていました。

                  A:いや、きつかったです。きつかったですけど、やっぱりこの試合は僕達にとって大きな意味がある試合でしたし、本当に負けられないというか、負けたくない気持ちが奮い立たせてくれたので良かったです。


                  Q:次節は勝てば昇格もしくは優勝が決まる一戦となりますが、サポーターに向けてメッセージをお願いします。

                  A:スタジアムを満員にしてほしいと思います。勝てれば昇格なので、その瞬間を一緒に、僕は半年しかプレーしていないですけどみんなが1年間積み上げてきたものだと思うので、みんなでその瞬間を迎えられたらなと思います。


                   

                  フォトギャラリー

                  ハイライト

                  pagetop