ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

試合日程・結果

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

明治安田生命J3リーグ 2017
第31節

2017.11.12(日)

13:00KICK OFF

とりぎんバードスタジアム

試合終了

ガイナーレ鳥取

ガイナーレ鳥取

-

-

-

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

 

  • スタジアム

  • 入場者数

  • 天候/気温/湿度

  • 主審

  • 副審

  • 第四の審判員

メンバー

              試合経過

                データ

                  監督コメント

                  Q:試合総括
                  A:まず鳥取まで駆けつけて頂いたサポーターの方には本当に感謝しています。その中で、厳しい内容にはなってしまいましたが、勝利という形で結果を出せたことは良かったと思います。前半は悪いながらも3点を取ることができましたが、後半4点目を取りに行こうとする中でシステム変更の判断が早すぎて、失点してしまったというところは私の責任だと思っています。その中でもしっかり4点目が取れて、選手たちの頑張りによって勝利することができたと思っています。前節と今節で2連勝しましたが、まだ今シーズン2連勝しかありませんので、1節空きますけど沼津戦に向けて3連勝ができるようにやっていきたいと思っています。

                  Q:前半は悪いながらということでしたがその悪い点、システム変更されたということですがどういう狙いでどのように変更したのかお聞かせください。
                  A:前半で言うと、立ち上がりが良くなくて、動き的にも少し重たい感じがありました。ただ、前半の立ち上がりでいい形で点を奪えてから少し前向きになったかなと思います。後半のシステム変更については、少し相手がハイラインということもありましたし、それプラスうちのサイドの選手がイエローカードをもらっていたというところで、そこの狙いを1つ加えて更に4点目をという狙いを持たせたつもりだったんですけど、相手もシステムを変えてきたというところがあり、3点差あったので、もう少し相手を見た中でのシステム変更、メンバー変更でもよかったのかなという、結果論ですけどその部分です。

                  選手コメント

                  DF6 西嶋 弘之 選手

                  Q:今日のゲームを振り返って

                  A:とりあえず勝ったことが良かったなと思います。連勝できたのでまた次に繋げることができたのでそこは良かったと思います。ディフェンダーとしては3失点してしまっているのですごく悔しいですし、反省点は多々あるのでまた2週間しっかり準備して次の試合に挑みたいなと思います。


                  Q:2連勝で2試合続けてスタメンで、意識していることはありますか?

                  A:今年はなかなかピッチに立てない時間が長かったけど、本当に自分自身が思っていたのは常に自分自身に目を向けてというか、他人がどうとか周りがどうとか思うのではなくて、自分自身はどうだということを常に思いながら日々のトレーニングと生活をして来たつもりなので、ちょっと遅くなっちゃったけど、そういう作業をしてきたからこそシーズン最後になって試合にも出られるようになったと思っているので、少し遅かったのでそこは悔しい部分はありますけど、残り2試合あるのでそこで自分の力を発揮できるように今まで通りしっかり準備をして行くだけです。

                  FW11 池元 友樹 選手

                  Q:試合を振り返って

                  A:立ち上がりにいい時間帯でゴールできましたし、その後もしっかりとチームとして前からの守備も行けてたと思うし、そういう中で2点目、3点目が取れて非常にいい形で前半は終えられたんですけど、後半は相手に勢いをつけさせるような形になって自分達もコントロールできずに3失点してしまったので、非常に大きな課題が出たなというゲーム展開でした。次は1週間空くのですがしっかりと修正して、今年は3連勝はしていないので、しっかりと3連勝できるように良い準備をして、次はホーム最終戦ですし何が何でもいいゲームと最高の結果を出せるようにまた頑張っていきたいと思います。

                   

                  Q:立ち上がりから前からプレッシャーに行けていたように見えました。

                  A:そうですね、チーム内でも話をしていたし、個人的も前から行こうと思うところはあったので、意識してやれたのがいい形で出たのでそこは良かったなと思います。

                   

                  Q:残りの試合に向けて。

                  A:残り2つ、チームの勝利に繋がるようなゴールを取れるように良い準備をしてまた頑張ります。

                  MF20 花井 聖 選手

                  Q:試合全体を振り返って

                  A:前半の早い時間帯に得点できて試合運びが楽になったのと、前半3-0で折り返せたところまでは良かったんですけど、後半は流れが悪くなってから2失点してああいうゲーム運びではいけないですし、今後に向けて修正するべきポイントだと思いますし、そういう課題が出たことをプラスに捉えて次の試合でそういうことが起きないようにやっていく必要があるかなと思います。

                   

                  Q:得点を振り返って

                  A:将生くん(平井選手)がキーパーからボールを奪ってくれて、ゴールに流し込むだけだったので僕のゴールというよりチーム全員の立ち上がりの得点に対する意識がああいうゴールに繋がったと思います。良かったです。2点目も翔馬くん(水永選手)がうまく潰れてくれて自分の所にこぼれてきただけなのでチームメイトに感謝したいです。

                   

                  Q:前から奪いに行く意識が強かったように思いますが

                  A:そうですね、なるべく前からプレッシャーをかけられる時はかけたいと思ってましたし、いい形で前からプレッシャーに行けていた時は、自分達のボールになる可能性も高いですし、前線からプレスをかけることによって後ろも全体が押し上げたり、前に人数をかけたりできると思うので、ああいうところはもっと90分通して、相手に好きにさせないという意味でももっともっと運動量を増やしてやっていく必要があると思います。

                   

                  Q:残り2試合に対する意気込み

                  A:昇格という目標はなくなってしまったけど、僕たちはプロだし目標がなくても1試合1試合勝つことだけを考えて、それを見に来てくれるサポーターだったり応援してくれるサポーターのためにも勝つことが恩返しだと思いますし、そういう姿を見せることでまた見に来たいと思ってくれるサポーターも増えると思うので、そういう意味でも最後2試合勝って終われるようにしたいと思います。

                  MF 18 内藤 洋平 選手

                  Q:今日はどの辺がうまくできたと思いますか?

                  A:前半うまくいったことは3点取れたことに尽きると思うんですけど、内容を振り返るとそんなに良くはなくて、向こうにボールを握られる時間が長くて、その中でも前に前にという意識が得点に繋がったとは思うんですけど、守備の面ではボール保持者に対して行けてなかったので後半はそこを意識してやったんですけどね。あんまり結果としてはうまくいかなかったです。

                   

                  Q:後半に布陣を変えてから、立ち上がりに失点してから少し相手のリズムになったと思いますが、そのあたりはプレーしていて前半との違いや難しさはどのように感じましたか?

                  A:そんなに僕はシステムが変わったからという観点では思ってなくて、前半と同じような展開だと思っていました。裏に出て行く選手が少なくなった点で相手に押し込まれ出したというところは前半とは違う点かなと思います。ボールを前に運べなくなったというのが失点を招いた原因だと思います。

                   

                  Q:その中で逃げ切って2連勝です。チームとしては3連勝というのが次の目標にもなると思うんですが、そのあたりを踏まえてどういうところを改善していかなきゃいけないと思いますか?

                  A:得点の後にバタバタしないというか、チームとしてやることを徹底して、明確にしていけば、たとえ相手に流れが行ったとしても自分たちがやることをはっきりさせて、共通理解として徹底していけばまた自分達に流れを引き戻せると思うので、そういった悪い時に我慢をする時間帯をしっかりとチームで守りきって、そしてやるべきことを明確にしていくということですね。

                   

                  Q:今日はサポーターもたくさん来ていました。心強かったんじゃないですか?

                  A:そうですね。1年通してなかなか期待に応えられてないゲームが続いていたので、それでもこうして応援してくれる人がいるというのはありがたいですし、僕らはもちろん試合がある以上全力でやりますけど、来てくれるサポーターに応えていきたいと思います。

                  フォトギャラリー

                  pagetop