NEWSニュース

【5/22vs.鹿児島】マッチレビュー

2022.05.22

ニュース

[試合総括]
なんとか勝って次の長崎戦につなげたいと考えて臨んだゲームでした。相手は予想したメンバーとかなり変わっていたんですけど、相手の攻撃のやり方、守備のやり方を整理した中で臨んだゲームでしたが、前半はなかなか自分達の攻撃の狙い、守備の狙いが出せなかったです。守備に関しては、少し最初に長いボールで背後を突かれたのもあって、前の選手の取りに行く意識と最終ラインのコントロールの部分でうまく意思疎通が合わずに少し間延びしていた時間がありました。その辺は前半の途中に前を少し下ろす形にしてコンパクトにした状態から守備に行くように少しずつ修正していきました。それは後半も同様です。
攻撃に関しては相手の4-2-3-1の守備に対して、例えばうちのセンターバックからサイドバックのところには結構スペースがあって、前半の最初の方はそこを起点にしながら相手の背中に入って行ったりということができていたんですけど、徐々にそういうことができなくなって少し追い込まれたような状態がありました。
後半はそこを整理して、メンバーを入れ替えながら0-3の状態から最後はゴールが決まっていたら逆転できるような雰囲気にまで持って行ってくれたので、そこら辺は途中から入った選手の頑張りというのはあったのではないかと思っています。
天皇杯は終わってしまいましたが、リーグ戦のYS横浜戦に向けて今日の悔しい気持ちをバネにして、もう1回戦術的にも整理して戦う姿勢を持ち、次の試合に向けて準備していきたいと思います。
 

Q:試合が終わった後に長めにミーティングをされていましたが、どのようなお話をされたのでしょうか?

A:なかなかチームがうまくいっていない状態なので、実際にチームとしてこういうプレーをしようと皆で準備してきたことが、ゲームが進んでいく中で少し上手くいかないと、ちょっとチームとして崩れてしまうような状態があります。メンタル的な問題、戦術的な問題もあるし、個人のプレーの質の問題もあるんですけど、そういうことをもう1回見直してチームとしてまとまりを持ってやっていこうという話をしました。相手に向かっていく闘う姿勢とかそういうものはベースとして大事なことだし、今日も球際の部分だったり走る部分だったり闘う部分というのは鹿児島さんに上回れていた時間帯が多かったと思います。後半はそこら辺を立て直したことによって、途中から出た選手がパワーを出して実際逆転まで行ける状況は作ったと思うんですよね。それを前半からやらなくてはいけないということを選手に話をしました。

 

Q:今日の試合を振り返ってください。

A:今日は相手のビルドアップの部分ですごく剥がされて、ロングボールも裏に通されてというのが続いてすごく苦しい展開で、なかなか前半に流れがつかめなかったと思います。なかなかボールの所にプレッシャーに行けなくなったので、前半は我慢して中を閉めて外で回させようということは話していました。ハーフタイムに、ビルドアップの部分でもう少し落ち着いて、相手の陣地でボールを回して自分達の流れをつかむ、あとはプレッシャーの部分でもう少し行けるところは前から行って連動しようという話もしていました。
 

Q:リーグ戦に向けてやっていきたいこと、やらなくてはいけないことは?

A:全体が連動して前からはめに行くというところをシーズン初めの頃はできていたので、そこは大事かなと思います。あとビルドアップのところでもう少し自信を持ってやるべきかなと思います。
 

Q:次節ホームゲームの意気込みを聞かせてください。

A:ホームでできますし見返すつもりで、サポーターにも楽しんでもらいたいですし、やるべきことをしっかりやりたいです。最低限頑張る姿勢だったりというのは見せなければならないと思います。

 

Q:今日の試合を振り返ってください。

A:チームとしてなかなか良い状態ではなかったので、今日の天皇杯こそチームとして必ず勝つという意気込みで臨みましたが、結果的に1-3で敗戦となってしまってすごく悔しい気持ちしかないです。自分としても鹿児島というクラブはお世話になったクラブですし、半年間ではありましたけど、自分のサッカー人生の中でもすごく濃い時間を過ごさせてくれて感謝しかないクラブだったので、そういった相手に対して必ず勝ちたいという思いはあったんですけど、こういう結果になってしまって残念な気持ちでいっぱいです。
 

Q:今季初ゴールとなりました。

A:チームとして得点を取れていなかったので、セットプレーからの流れでしたけど、結果的に得点を取れたというのは良かったと思います。ただ、流れの中やチームの強みであるサッカーをしたうえでの得点ではないので、そういったところをもっと突き詰めてやらないといけないと思います。シュート数やチャンスは増えてきているので、しっかり前線の選手が決めきる力をつけないといけないと思っています。
 

Q:後半のようなプレーを前半からするために必要なことは?

A:相手がいることでなかなか難しい面も出てくるとは思うんですけど、しっかりチームとしてやるべきことを1人1人がやらないと後半のようなサッカーにはならないですし、前半から全員が1人1人勢いを持ってやらなくてはいけないと改めて今日の試合で感じました。
 

Q:試合後に選手たちで話したと思いますが、どのような話がありましたか?

A:チームとしてここから本当に勝つという気持ちを持ってやっていくしかないという話をしましたし、選手同士で試合についての話もしました。やっぱり1人1人が上手くなるため、勝つため、今日鹿児島の地まで応援に来てくださったサポーターのため、そういった感謝の気持ちを持たなきゃいけないというのは自分自身も思うし、チームもそういった思いを持ちながらプレーしないといけないと思います。もう1度そういう根本の部分、サッカー選手以前に人としてどうあるべきかというところをもっと意識しないといけないと思います。

 

 

フォトギャラリー