ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2020.09.25

ホームタウン

曽根干潟クリーン作戦にて循環型社会の実現に向けた地域参加型リサイクル プログラム実施のご報告

幣クラブと北九州市立曽根東小学校の児童、地域の方々が共同で行う「曽根干潟クリーン作戦」にて、ダウ・ケミカル日本株式会社と国際環境NGOバードライフ・インターナショナル、テラサイクルジャパン合同会社が連携し、循環型社会の実現に向けて、地域と連携した清掃活動と環境教育、さらに回収した廃プラスチックをリサイクルするプログラムを9月17日(木)・18日(金)の2日間で実施しましたのでご報告します。

事業の概要はこちら
 

9月17日、児童が曽根干潟でごみ拾いをする事前授業として、本プログラムにおいて回収物のリサイクルを行うテラサイクルジャパンが、地球温暖化や海洋プラスチック問題などを分かりやすく解説する環境教育を行いました。
児童はプラスチックごみが及ぼす影響や、回収したプラスチックごみがどのようにリサイクルされるかを学びました。
また、国際環境NGOバードライフ・インターナショナル東京、清掃活動で連携をする幣クラブの社長玉井行人、マスコットのギランからも児童にエールを送りました。

曽根干潟では2日間にわたり清掃活動を行い、9月17日に曽根東小学校PTAなど地域の方々、ギラヴァンツ北九州スタッフとギラン、ダウ・ケミカル日本、テラサイクルジャパン、バードライフ・インターナショナル東京の関係者が、翌9月18日には曽根東小学校の児童と曽根東小学校PTA、ギラヴァンツ北九州スタッフとギランが一緒に清掃を実施しました。

環境授業の様子

清掃活動の様子

回収されたゴミ

今回の海ごみ問題を通して、協力企業、NGO、教育機関などさまざまな異業種団体と協力することで、循環型社会に向けての環境活動の幅が広がり、ギラヴァンツ北九州としてもこの取組みに参加させていただけたことを大変嬉しく思っています。
今後もギラヴァンツ北九州とギランは環境活動に取り組んでまいります。
協力いただきました多数の関係者の皆様ありがとうございました!
なお今回のプログラムで回収された約150キロのプラスチックごみの一部は、テラサイクルでごみ袋などにリサイクルされる予定です。

 

pagetop