ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2020.05.29

ニュース

クラブに関わるすべての皆様へ

 止まっていた歯車がようやく回り始めます。

 本日、J2リーグ再開の日が6月27日と決まりました。新型コロナウィルス感染拡大に伴って、中断を余儀なくされてから再開まで4か月余り。その日に向け、56クラブが一斉に動き始めます。

 しかし、私たちのホームタウン・北九州市は、再び新型コロナウィルスの感染拡大の第2波に見舞われています。極めて険しい状況ですが、封じ込めに向け、行政、医療関係者の皆さんは懸命に戦っていらっしゃいます。私たちは感謝の気持ちを胸に、再開に向け、最大限、安全を考慮し、細心の注意を払いながら準備を進めてまいります。コロナ禍の影響で、クラブの財政基盤が根底から揺らぐなど、これからも多くの難題が待ち受けています。

 ただ、重くて固く、錆びつきそうだった歯車はきしませながらも、少しずつ、着実に動かしていかねばなりません。それは私たちの力だけでは極めて困難な作業です。ファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、北九州市はじめ行政の皆様、そして、この北九州のすべての皆様とともに、力を合わせていければと願っています。

 新型コロナウィルスは、私たちの生活スタイル、経済活動など社会の様々な枠組みに変容を迫ると言われています。確かに、新たなスタイルをにらみ、柔軟な対応をすべきだと思いますが、あらためてクラブの基軸を堅持していかねばならないという想いも強くしております。

 ギラヴァンツ北九州はこの北九州という地域で生まれ、地域とともに成長していくクラブです。この基軸を揺るがせにしては、歯車を回していくことはできません。改革元年と位置付けた2019シーズン、私たちはクラブフィロソフィー(哲学)を北九州の精神風土、地域のDNAに立脚するものと定めて改革に着手。北九州の誇りをかけ勇猛果敢に攻めるサッカースタイルの確立を目指すとともに、若手選手の育成にも傾斜を強めていく路線を進んでいきます。それは私たちのクラブがこの北九州という地域に深く、しっかりと根を張って成長していくためです。ギラヴァンツ北九州は、この北九州(まち)のため、この北九州(まち)とともに在り続けます。

 これまで以上に、知恵を絞り、汗を流して力を尽くしてまいります。どうか、お力をお貸しください。ミクニワールドスタジアム北九州で、皆様と笑顔で、お会いできる日が一日でも早く訪れることを祈っております。

 

             2020年5月29日

                ギラヴァンツ北九州代表取締役社長

                          玉井 行人

 

pagetop