ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019.06.13

ホームタウン

スクール☆ギラヴァンツ in 椿市小学校

選手による小学校訪問授業スクール☆ギラヴァンツ。フレンドリータウンである行橋市の椿市小学校へ訪問した様子をお届けします。

スクール☆ギラヴァンツ in 椿市小学校

開催日

2019.6.7(金)

開催校

行橋市立 椿市小学校 (佐藤 佐代子 校長)

参加選手

DF5 寺岡 昌弘 選手、 MF22 藤原 奏哉 選手

 

スクール☆ギラヴァンツ5時間目

4年生~6年生の児童48名の皆さんが参加し、1年生~3年生の児童も見学に来てくれました。

5時間目は「クワコーチ」こと鍬塚コーチ主導のもと、ゲームで体を動かします。

子どもたちに負けないくらいの大きな声とジェスチャーの両選手。

クワコーチの巧みなリードで自然と子どもたちの心と体も開放されます。

スクール☆ギラヴァンツ6時間目

6時間目は、選手によるゆめ授業です。

夢を叶えるために目標設定を積み重ねてきたという寺岡選手。

夢へのきっかけはいつ訪れるか分からないから、日々の生活の中でも小さな目標を設定して一つずつ達成し夢に近づいてほしい。

 

夢に対してどれだけ真剣になれるか、という姿勢が大切だと伝えてくれた藤原選手。

高校生になった時は身長が150センチ位でしたが、一生懸命ごはんをたくさん食べて20センチ近く伸ばしたそうです。

 

両選手ともプロのサッカー選手になるという夢を叶えた今も、さらに次の夢に向かってしっかりと目標を定め努力を続けています。

「体がとても硬いので柔軟の方法を教えてほしい」というリクエストに、

「ケガをしないためには練習前後の柔軟がとっても大切!」と藤原選手自ら体の柔らかさを披露してくれました。

「サッカーボールと一緒にお風呂に入ってた」という寺岡選手は、お風呂でボールをピカピカに磨いていたそうです。

藤原選手も「サッカーボールと一緒に寝ていた!」と、2人とも幼い頃から道具を大切にしてきた様子が伺えます。

最後は6年生代表から謝辞をいただきました。

「内気な子どもが多い」とおっしゃっていた教頭先生の心配はあっという間に吹き飛ぶほど、子どもも大人も歓声と笑顔にあふれたスクール☆ギラヴァンツでした。

今後のミクスタでのホームゲーム

6/16(日)18:00キックオフ J3リーグ第12節 vs. 福島ユナイテッドFC

6/22(土)18:00キックオフ J3リーグ第13節 vs.藤枝MYFC

 

pagetop