ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2019.06.06

ホームタウン

曽根干潟クリーン作戦

ギラヴァンツ北九州のオフィシャルクラブマスコット「ギラン」は、ズグロカモメがモチーフだというのをご存知ですか?

ギラヴァンツ北九州では、ホームタウンである北九州市とともにSDGs未来都市を目指す取組みを行っています。

今日は、環境省の絶滅の恐れのある野生動物に分類されているズグロカモメが越冬する小倉南区の曽根干潟の清掃事業に参加しました。

〈北九州市 SDGs 未来都市〉

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kikaku/02000156.html

曽根干潟は、北九州市小倉南区の東側に広がる市内最大の干潟で、面積は517haあります。干潟には、生きている化石と言われるカブトガニを始めとする多種多様な生物が生息し、冬には大陸から100種以上の渡り鳥が飛来してきます。

(遠くに見えるのは北九州空港連絡橋です)

この曽根干潟クリーン作戦は、曽根干潟が校区の曽根東小学校を中心に、PTAや曽根東市民センターをはじめ曽根漁協・新門司環境センター他たくさんの企業団体のみなさんによって、年2回(6月と10月)行われています。

ギランの役割は、まず小学校から干潟に向かう児童たちの見送り。

そして、ギランの故郷である曽根干潟をゴミ拾いをするみんなの応援です。

児童には、校区にある曽根干潟のゴミ拾いをすることを通して、故郷に対する愛着をもち、環境を守ろうとする心情を培ってもらうことを目的にしています。

半年に1回の清掃ですが、とてもたくさんのゴミが集まってきました。

ギランはJリーグ鳥の会の会鳥として、野鳥が安心して生息できる環境保護活動を応援しています。河口に広がる干潟を守るには川をきれいにする事が大事です。そして川をきれいにするにはみなさんの家庭から出る排水をきれいにすることが大事です。みなさんもご協力をお願いします。

pagetop