ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018.12.23

ホームタウン

加藤弘堅選手 母校「都賀の台小学校40周年式典」講演に出席しました

いつもギラヴァンツ北九州にたくさんのご声援をいただき、ありがとうございます。

12月15日(土)千葉県千葉市立都賀の台小学校で開催されました40周年式典に、2001年(平成13年)3月卒、20期生の加藤弘堅選手が出席しました。

プロサッカー選手へと成長した加藤選手が母校へ帰り「ゆめ」をテーマに講演した様子を皆さまへお伝えします。

 

こうけんの恩返し ~加藤弘堅選手 都賀の台小学校40周年式典講演出席~

開催日

12月15日(土)

 

場所

千葉市立都賀の台小学校 (千葉県千葉市若葉区/亀山恵美子校長)

 

都賀の台小学校の紹介(校風・特色)と40周年式典の概要

都賀の台小は今年で創立40周年を迎え、456名の子どもたちが「ねばりっ子」を合言葉に、日々粘り強く、全力で学習や運動に取り組んでいる小学校です。 12月15日に行われた「40周年記念式典」は、40周年記念児童実行委員会の子どもたちが中心となって企画・準備をし、当日も自分たちの手で式典の進行を行いました。会場も全校児童で分担して作った40周年記念のロゴマークやお祝いのメッセージ、紅白の花々で飾られ、子どもたちが主体となった手作り感いっぱいの温かな式典となったそうです。 加藤弘堅選手は、式典の第2部「40周年記念講演」に登壇しました。

 

講演の様子・・・

いつもシーズンオフなどで故郷へ帰った際は、お世話になった指導者や関係各所へ細やかなご挨拶をしている加藤弘堅選手。

今回も母校への訪問を控え、「子どもたちへのプレゼントに」と500枚以上の直筆サイン入りステッカーを準備して北九州を立ちました。

記念式典では少々緊張した面持ちにも見えますが、亀山校長先生のご挨拶をはじめ各関係者からの祝辞に続き、加藤選手の講演が始まると、いつものように落ち着いた優しい表情で後輩たちへ語った様子が伺えます。

加藤選手から子どもたちへ「ゆめ」をテーマに伝えてくれた5つのキーワード、子どもたちはきっと受け取めてくれたことでしょう。

都賀の台小学校への里帰りは自分を育んでくれた小学校や地域の皆さまへの大きな恩返しとなり、またこの経験が加藤選手自身の大きな財産となって今後の更なる活躍へと繋げてくれることを期待しています。 頼むぞ、弘堅!!

 

加藤弘堅選手コメント

千葉市立都賀の台小学校40周年おめでとうございます。
このような記念すべき式典に呼んでいただき感謝いたします。
僕は今回の講演で、
目標を持つ事、
努力をする事、
努力を続ける事、
諦めない事、
感謝の気持ちを持つ事、

を伝えられたらなと思い、話をさせていただきました。
子供達はすごく元気もよくて、抽選会をさせて頂いた時にはすごく楽しんでくれていたと思います。

またこのような機会を頂いた学校関係者の皆様、保護者会の方々、そして全校生徒の子どもたちに感謝いたします。
ありがとうござました。

 

恩師:北貝塚FC 上福元コーチからのメッセージ

加藤弘堅、1年入学と同時に#10で活躍!出る大会ほとんどメダルゲット。3、4年あたりでは、コーナーキック、フリーキックを左右で蹴り更に目立って「規格外!」「弘堅、はんぱないって!」と千葉市、市外にも名をとどろかせ、6年では県トレセン#10を背負ってスペイン遠征。そんな突出した力を持ちつつ、皆とも楽しく強調してやっていってくれる選手でした。

最後に一言、引いたり上げたりするリズムはあっても上げた時の力は規格外!これからも活躍楽しみにしています。

 

亀山校長先生からのメッセージ

夢に向かって努力し、実際にその夢を実現させた人の言葉には力があり、子どもたちは加藤選手の話に強く引き込まれていました。また、それが自分たちの先輩であることに驚きつつ、「自分たちも、夢を実現させられるかもしれない」という希望をもつことができ、「夢に向かって努力していこう」という思いを強くすることができました。貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

 

pagetop