ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018.09.06

ホームタウン

スクールギラヴァンツ in 富野小学校

選手による小学校訪問授業「スクール☆ギラヴァンツ」

9/5(水)北九州市立富野小学校6年生を対象にDF野口 航 (のぐち わたる)選手とGK高橋 拓也(たかはし たくや)選手が訪問しました。

校長先生が授業の趣旨やギラヴァンツ北九州について詳しく説明して下さいました。

野口選手、高橋選手と平井コーチの紹介も終わり、早速5時間目スタート。

まずは「集合ゲーム」から。

平井コーチが笛を吹いた数だけ人が集まればOK。

こちらは手を繋いで輪になり、手を放さず正面から後ろにいかに早く向けるかを競う「手つなぎゲーム」の様子

次は「ダルマさんが転んだゲーム」

平井コーチがボールを放した時だけうごけるゲームで放つ振りをするフェイントもあり大盛り上がり

続いてスクギラ鉄板メニューの「ナンバーコールゲーム」

ボールを使ってのゲームに児童の皆もウキウキ♪

野口選手も高橋選手も子どもたちと一緒に喜び、一緒に笑う!

常に会場の雰囲気を盛り上げてくれました♪

そして野口選手と高橋選手によるリフティングパフォーマンス。

さすがのプロの技に児童の皆から歓声があがっていました。

そして6時間目。

「夢を持つことの大切さ、夢を叶える為に努力することの大切さ」を伝える授業。

野口選手と高橋選手の自己紹介とチームのPRから始まります。

野口選手、高橋選手にも共通して伝えていたことは、

上手くいかないことがあっても諦めずにチャレンジすることの大切さ、

短所だと思うことにも向き合って長所に変えられること。

子どもたちの聞く姿勢も素晴らしかったです♪

最後に記念品としてサイン入りパネルと2018ギラフェスユニフォームをサインを入れて先生に贈呈しました。

野口選手も高橋選手もスクギラを楽しみにしてくれていて、自分の経験を生徒さんに伝える為に、自分を振り返るいい機会になっているそうです。
受けてくれた皆さんもこれから成長していく中、選手の言葉を胸にしっかりとしまっていてください。ありがとうございました!

pagetop