ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018.08.10

ニュース

プノンペン・クラウンFCとパートナーシップ提携締結のお知らせ

この度、ギラヴァンツ北九州は、カンボジア・リーグのトップディビジョン「メトフォン・Cリーグ」所属のサッカークラブ、プノンペン・クラウンFCとクラブ間パートナーシップ提携を締結することとなりましたので、お知らせいたします。
今回のパートナーシップ提携は、トップチーム、アカデミーの選手強化や交流のほか、姉妹都市関係である北九州市とプノンペンと共に、両都市間の文化交流や新たなビジネスモデルを推進することも視野に取り組んで参ります。

【プノンペン・クラウンFCとのパートナーシップ提携締結内容】

経緯

2016年、「Jリーグアジア戦略」(注釈1)の推進を図るJリーグが、北九州市とプノンペン都が姉妹都市であることに着目し、それぞれのホームタウンクラブであるギラヴァンツ北九州とプノンペン・ クラウンFCのクラブ間事業提携を推薦したことをきっかけに、両クラブの交流が始まりました。

■2017年2月および12月(2回実施)
ギラヴァンツ北九州普及グループのコーチをプノンペン・クラウンFCへ派遣し、指導者養成講習会を開催

■2017年8月
プノンペン都で開催された北九州市上下水道局主催の「上下水道局ユース人材理解促進研修」において、ギラヴァンツ北九州のユニフォーム約200着をプノンペン・クラウンFCへ寄贈

これらの実績と両クラブ間の関係を経て今回のパートナーシップ提携を締結する運びとなりました。

「Jリーグアジア戦略」とは(注釈1)
アジア全体のサッカーのレベルアップをJリーグが主導して促進し、世界のサッカー市場におけるアジアの価値向上を目指す。また、アジアの中でJリーグのプレゼンスを高め、パートナーやリーグ、クラブの新規事業機会を創出し将来アジアの内でリソースを最大化させることを目的とするもの。

提携内容

【1】トップチーム強化を目的とした交流
1.選手育成を目的とした両クラブ間における若手選手の交流
2.チーム強化を目的とした指導者の交流及び情報交換
3.その他

【2】アカデミー選手及び育成年代における指導者交流
1.アカデミー選手育成を目的とした両クラブ間における選手の交流
2.育成年代における指導者養成を目的とした両クラブ間における指導者交流と情報交換
3.その他

【3】両クラブの活動拠点となる北九州市とプノンペン都の文化及び経済交流の拡大と推進
1.サッカーを通した北九州市とプノンペン都の少年少女の交流
2.北九州市及びプノンペン都に拠点を持つ企業のビジネスマッチング推進
3.その他

プノンペン・クラウンFC紹介

英字表記 PHNOM PENH CROWN FOOTBALL CLUB
創設年 2001年
エンブレム
所属リーグ メトフォンCリーグ 1部
ホームタウン プノンペン都(カンボジア)
獲得タイトル メトフォンCリーグ優勝6回(2002年、2008年、2010年、2011年、2014年、2015年)
※Cリーグ最多優勝回数クラブ
フン・セン・カップ優勝2回(2008年、2009年)

パートナーシップ提携調印式について

[開催地]
カンボジア プノンペン都

[日時/会場]

8月18日(土) 17:00  /RSNスタジアム

[出席者]
玉井行人 代表取締役社長
下田 功 普及事業本部長

 

日カンボジア友好65周年事業

今回の 「ギラヴァンツ北九州指導者派遣事業、ギラヴァンツ北九州とプノンペンクラウンFCとの パートナーシップ提携調印式」 は、日カンボジア友好65周年事業に認定されています。

玉井行人 代表取締役社長コメント

『ギラヴァンツ北九州にとっては初の海外クラブとのパートナーシップ提携となります。これまで北九州市が上下水道整備事業を通じて進めてきた相互交流をベースに、私たちのサッカーを通じた取り組みが、文化、経済など多岐にわたる分野での交流拡大・深化を促し、ひいては両都市の企業のビジネスマッチング創出にもつながっていけばと考えております。』

pagetop