ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018.06.21

ホームタウン

スクール☆ギラヴァンツ in 敬愛小学校

本格的な梅雨空が続く6月ですが、今年も選手による小学校訪問事業「スクール☆ギラヴァンツ」がスタートしました。

第1回目の訪問校は、門司区の私立敬愛小学校です。ギラヴァンツファンの教職員さんも多く、この日訪問した中山選手へも熱烈な歓迎ぶりでした。

まず5時間目は、体育館で選手といっしょにゲームです。ここではスクールのヒラコーチとカズコーチのリードで運動の楽しさを伝えます。

ボールを使ったゲームでは、中山選手もフィールドプレイヤー顔負けのボールコントロールで子どもたちと対戦していました。

中山選手の活躍で、子どもたちも大喜びです。

デモンストレーションでは、得意だというスローイングを見せてくれました。体育館の端からステージの幕に直撃のスローイングにみんなびっくりしていました。

6時間目は中山選手から「夢」について話を聞きました。

もともと野球が好きだったという中山選手は近所に野球チームがなく、小学3年のとき仲のいい友達に誘われてサッカーを始めたのがサッカーとの出会いだったそうです。

GKになったのは、小学5年のときです。

中学時代に全国大会に出て、今行われているW杯代表の柴崎選手や武藤選手と対戦したりして、本格的にプロを目指そうと思いました。そのためにもサッカーの強い東福岡高校に進学しようと思いました。

東福岡高校ではサッカーや勉強だけでなく、年上の人との言葉遣いや接し方、挨拶など基本的なことも学ぶことができました。

GWのサッカー合宿では、朝4:30に起きてグランド整備をしました。これは日本一になるには日本一のグランド作りからとの教えからです。その後6:00から20:00まで練習がありました。

みんな、これから中学、高校へと進むに連れて、必ずつらい時、苦しい時があると思います。そんなときに本当の自分が出るが、大きな壁にあたっても逃げずに立ち向かえる強い人になってほしい。必ず夢は叶えられます。

児童からも、たくさんの質問がありました。

W杯は観ています。日本代表の活躍が日本を盛り上げてくれる。

 

大きな怪我はない。強いカラダに生んでくれた親に感謝しています。

 

大学4年の時、プロから声がかかったら迷わずプロになると決めていた。

 

僕にとってサッカーは、人生そのもの。サッカーに対して、うそをついたことがない。

 

最後に中山選手からのメッセージ。

夢を持つきっかけは、好きなものとも出会い。

いろいろたくさんのことに全力でチャレンジして、たくさん失敗して経験を積んでほしい。

僕の場合はサッカーですが、サッカーを楽しむことを心がけ、ずっとサッカーが好きであることを忘れない。

そして苦しいときこそ逃げないで、ポジティブな影響を与えられる人になってほしい。

 

児童代表からお礼の言葉があり、中山選手から記念のサインパネルが送られました。

プロになる夢を叶えた中山選手と接することができた子どもたちは、今まで以上にキラキラと目を輝かせていたそうです。

敬愛小学校のみなさん、お世話になりました。

また、ミクスタに応援に来られるのを、お待ちしています。

 

pagetop