ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2017.07.06

ブログ

スクール☆ギラヴァンツ in 芦屋東小学校

今回のスクール☆ギラヴァンツは、フレンドリータウンである芦屋町の芦屋東小学校にDF4鈴木翔登選手が訪問しました。鈴木選手はスクールのヒラコーチと同級生になります。

同じ年だと息もぴったりです。

 

さて、子どもたちとのゲームでも鈴木選手のおかげで大盛り上げです。

ガッツポーズからの、、、

シュートが決まってベンチに飛び込む選手のように、みんなで喜びを分かち合い。

ボールキープ対決では、プロらしく真剣に、子供相手に負けられません。

相手が何人であっても、プロは負けられません。芦屋町のマスコットあっしーくんが加わろうとも。

奥の手を使ってでも(笑)

奥の手と言っても、手は使っていません。

(本当はだめですよ)

ヒラコーチもお手上げのようです。

〇〇な顔して、実はおちゃめな鈴木選手。あっしーくんの被り物で、ハイチーズ!

6時間目は鈴木選手からたくさんのことを聞きました。

名前の翔登(ショート)は野球好きなお父さんがつけたらしく、でも小学校1年のときに仲の良かった友だちに誘われてサッカーを始めたことや、小学校4年のとき浦和レッズの試合を見てプロになりたいと思ったこと。

大学のときプロの練習参加をしてやっとスタートラインに立てた気持ちだった。プロになることに不安もあったが、楽しみも多かった。サッカーは勝ったとき、ピッチの11人だけじゃなく、控え選手やベンチ外の選手、コーチやスタッフ、それに応援してくれる人たちとひとつになれるし、全員で達成感を味わえるのが楽しい。

最初はカラダがそんなに大きくなかったけど、好き嫌いせずしっかり食事を取り、牛乳を飲む。そして寝る。朝遅くまで寝るんじゃなく、夜更かしせずに早く寝る。そしたら大きくなった。

目標にしている選手は、吉田麻也。

本番で緊張しないためには、日頃から本番を意識して練習すること。好きな音楽を聞いてコントロールするのもいい。

などなど。

最後に鈴木選手から子どもたちへのメッセージ。

「人に対して声に出して伝えよう。お礼だったり、挨拶だったり。

そして、お菓子や炭酸ジュースよりもごはんをしっかり食べよう。」

帰りにさっそくサインパネルを張り出してくれていました。

今回で、1学期の訪問は最後でした。

次は2学期です。9月にまたご報告申し上げます。

pagetop