ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2016.07.24

アカデミー

【試合結果】K LEAGUEU17チャンピオンシップAグループ

【試合結果/Aグループ第2節】

[日時]

7月24日(日) 18:00キックオフ

[会場]

Yangduk Football Pitch, Pohang city

[結果]

ギラヴァンツ北九州U-18 1(0-1/1-0)1 水原三星ブルーウィングス

[得点]

27分 水原三星(PK)

73分 北九州:田中翔馬(PK)

[スターティングメンバー]

本山拓真、小塩拓輝、山下龍乃進、坪根弘希、藤井智樹、松山匠、田中翔馬、礒村波輝、吉田顕栄郎、西村廉、松下大将

  P1020890

[サブスティテューション]

木曽温己、高橋勇太、重谷陽介、空田碧波、花田康聖、草場洋輝

[交代]

54分 松下大将 → 空田碧波

59分 吉田顕栄郎 → 草場洋輝

67分 西村廉 → 花田康聖

77分 礒村波輝 → 重谷陽介

[警告/退場]

52分 山下龍乃進(警告)

P1020887P1020888

[高野監督コメント]

「スーウォンという韓国でも1、2位を争うチームに対して選手たちは奮闘してくれたと思います。樋口コーチをはじめ、紀氏GKコーチ、吉田トレーナー、通訳の李さんは、選手たちがしっかりと準備ができるような対応をしてくれていたと思います。海外での戦いにおいてスタッフワークをスムーズに行うことは難しいことです。でも彼らのおかげで選手たちが試合に集中することができました。そして、選手たちが今日特に集中すべきだったところは我々の戦い方を少し変えたところで順応していくことでした。対戦相手の戦い方を見ながら、新しいやり方でプレーするという2つのことを同時にこなしてくれました。それで、我々のイメージ通りの戦いが終始できたと思います。失点はアクシデントのようなものでPKを与えてしまいました。先制はされたものの下を向かずに戦い続けました。後半に入って残り10分を切ったところでカウンターの仕掛けからGK11の状況を作りPKを取りました。そこに精神的な成長が見受けられたように感じます。また、U-15の選手たちも勝ち点獲得に貢献してくれました。ただ、今日取った勝ち点1は大きいですが、我々は地に足をつけて前進していく必要があります。特に規律という面です。戦術面的にも修正部分は出てきていますし、修正しながら今後の成長につなげていきたいです。」

 

[MF 礒村波輝選手コメント/積極的な仕掛けによりPKを獲得]

「いいパスカットからいい仕掛けができました。一度倒されたかけましたが、倒れずに仕掛け続けてよかったです。明後日の試合も全力で頑張ります。」

 

[MF 田中翔馬選手コメント/同点ゴールとなるPKを決めた]

「守備を組織的にやれたので失点を最小限に抑えることができたと思います。勝ち点を取るチャンスはここしかないという気持ちでPKを蹴りました。」 

pagetop