ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2015.05.21

ブログ

スクール☆ギラヴァンツ in 小竹北小学校

皆さん、こんばんはmoon3

昨日に引き続きまして、本日も「スクール☆ギラヴァンツ」のリポートですsun

 

渡選手が奮闘していたころ、時を同じくして、3月にフレンドリータウン協定を結んだ小竹町の小竹北小学校へ小谷選手が訪問dash

初の教師体験ということもあり、不安だったようですがさぁどうなるでしょうか…sign02

 

まずは、子どもたちの待つ体育館に向かった小谷選手dash

今回は5年生と6年生総勢29名のみんなが迎えてくれましたshine

P1010225.jpg

 

簡単に自己紹介をすると早速、第1部のボールレクレーションをスタートsign01

 

P1010247.jpg

 

P1010259.jpg

 

5年生チームと6年生チームに分かれ、小谷選手は前半5年生チームに、後半は6年生チームに加わり、子ども達とのボールゲームで大はしゃぎsoccer

 

P1010279.jpg

 

P1010277.jpg

 

P1010305.jpg

 

P1010278.jpg

 

一緒にポーズを決めて写真に写ったり…

 

P1010296.jpg

 

自チームに点が入れば、1人1人とハイタッチして喜んだりflair

小谷選手も真剣に楽しんでいたからこそ、子どもたちもより一層盛り上がってくれるんですねsign03

 

さらに、担当の大國スクールコーチも小気味よい仕切りで場をさらに盛り上げますdash

 

P1010307.jpg

 

最初はおとなしく見えた生徒の皆も徐々にヒートアップして、元気な声が体育館中に響き渡っていましたhappy01

結果は接戦の末、最後は6年生が勝利を収め、なんとか上級生への面目を保つ結果にconfident

 

その後、小谷選手は代表の生徒とボールのキープ合戦を行いましたscissors

 

P1010320.jpg

 

P1010315.jpg

 

1対1に加えて、今日は2人の子どもを相手にして行いましたが、さすがはプロsign03

しつこくボールを奪いにくる子ども達を難なく交わし、プロのレベルの凄さを子どもたちに直に感じてもらいましたpaper

初めて間近で見るプロのプレーに、子どもたちの大きな歓声が沸きましたよnote

 

P1010326.jpg

 

最後に5年生、6年生それぞれのクラスと記念撮影を行い、昼休みに行われた第1部はあっという間に終了sign03

 

その後は教室へ場所を移して、「夢」についての授業を行いましたschool

 

P1010329.jpg

 

小谷選手は、「小さい頃からサッカー選手になりたかった。地味なトレーニングなどを一生懸命に取り組んできたからこそ、夢を実現できたのだと思う」と話し、諦めずに継続することの大切さを生徒に話しましたnotes

 

P1010331.jpg

 

また、「サッカーに取り組むことを、親が懸命に応援してくれたことも大きかった」とも言い、周囲への感謝の気持ちも忘れずにいてほしいということも伝えていましたよ。心優しい小谷選手らしいハートフルな授業でしたheart04

その後は、生徒からの質問タイムsign03

 

P1010334.jpg

 

20個ほどの質問に対して一つずつ丁寧に回答していき、子どもたちも大満足のようでしたhappy01

 

P1010340.jpg

 

P1010344.jpg

 

そして、最後は小谷選手からのサイン入りファイルのプレゼントもnote

中には色紙まで用意してきてくれた子もいて、小谷選手の訪問を心待ちにしてくれていたのだと感じました。

 

授業を終えて、小谷選手は「最初は不安でしたけど、やっていたら子ども達も明るく元気にやってくれたので、楽しく過ごせました。授業も緊張しましたが、子どもたちが真剣に話を聞いてくれて質問も多くしてくれたので、すごくやりやすかったです。今日は皆に元気をもらえたので、明日からのトレーニングも頑張ろうという気持ちになれました」と感想を口にしましたnote

とにかく人に優しい小谷選手は初体験のスクールでしたが、子どもたちと一緒に楽しみ合い、喜び合っている姿が印象的でしたshine

 

そして、小谷選手と一緒に過ごした感想として5年生の井上 毅一君は「プロサッカー選手を目指しているので、すごく参考になりました。小谷選手は子どものころから地道に練習をしていたそうなので、自分もこれから毎日1時間はサッカーの練習に充てたいと思いました」と、6年生の吉村 悠君は「プロのサッカー選手と一緒にサッカーをプレーできてよかったです。小谷選手のプレーがすごくうまかったのが印象的でした。小谷選手が言っていたように、諦めないで物事に取り組むことを大切にしていきたいと思いました」と振り返ってくれましたsign03

小谷選手からの言葉を胸に抱いて、これからの人生を歩んでいってくれることを願っていますconfident

 

素直で元気のよい生徒ばかりの小竹北小をまとめる、宮本校長先生からは「とにかく子どもたちと選手が一緒になって楽しんでくれたことが何より良かったです。レクレーションの際には、子どもたちを盛り上げることに努めてもらいましたし、授業ではキャリア教育の観点から見ても非常に有意義な時間でした。子どもたちが夢や目標をもつきっかけにもつながればいいなと思います」という言葉をいただきましたnote

明るく楽しいお人柄の校長先生だからこそ、これほど温かい校風が出来上がるのだろうと感じましたsun

 

小竹北小の皆さん、この度はありがとうございましたsign03

次はぜひ本城陸上競技場へ小谷選手を応援しに来てくださいねgood

pagetop