ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2015.10.30

ニュース

スタジアムでの応援に関するクラブの対応について

ギラヴァンツ北九州は、2015年10月23日にオフィシャルホームページ上に掲載いたしました「スタジアムでの応援に関するクラブの基本的な考え方」において、「ぶちくらせ」コール及び掲出物は、「使用者の主観的な意図がどうあれ、感受性豊かな子どもたちにスタジアムという空間で、技を競い、勝負に拘りながらも相手をリスペクトし、フェアな戦いを表現するというスポーツの価値を体感してもらうためには不適切な表現」とするクラブの方針を発表いたしました。
これまで複数回にわたり、応援団体と協議を重ね、「ぶちくらせ」コール及び掲出物の使用中止をお願いしてまいりましたが、残念ながら合意を得ることができませんでした。
 
ついては、クラブの方針に基づき、「ギラヴァンツ北九州試合運営管理規程」を一部改正(第5条第29号追加)し、2015年11月1日以降のギラヴァンツ北九州の試合におけるスタジアムでの応援に関しては、下記のとおりの対応といたします。
 
 
 
 
1.
「ぶちくらせ(アルファベット表記も含む)」又はこれに類似するものでクラブが不適切と認める表現が記載された横断幕・大旗などのスタジアム内への持ち込みは禁止します。
【根拠規定】ギラヴァンツ北九州試合運営管理規程
第4条 運営・安全責任者が特に必要と認めた場合を除き、Jリーグ統一禁止事項の持ち込み禁止物および次の各号に掲げる物を持ち込むことはできない。
第12号 運営・安全責任者が不適当であると判断した掲示板、立看板、横断幕、懸垂幕、のぼり旗、プラカード、ゼッケン、文書、図画、印刷物等
【違反行為への対応】
スタジアム内に禁止された横断幕等を掲出又は使用した場合は、没収等必要な措置を講じます。
 
2.
「ぶちくらせ」又はこれに類似するものでクラブが不適切と認める表現を使用した応援コールや応援チャントなどは禁止します。
【根拠規定】ギラヴァンツ北九州試合運営管理規程
第5条 運営・安全責任者が特に必要とした場合を除き、いかなる施設においてもJリーグ統一禁止行為および次の各号に掲げる行為をしてはならない。
第29号 運営・安全責任者が不適当であると判断した言動
【違反行為への対応】
「ぶちくらせ」等の禁止された表現を使用した応援コールや応援チャントなどを先導した者は処罰(入場拒否・退場命令など)の対象となります。
 
 
皆様にはご心配とご迷惑をお掛けすることになりますが、クラブは今後とも「スタジアムが一体となってチームを応援する雰囲気づくり」に取り組んでまいりますので、何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
株式会社ギラヴァンツ北九州
代表取締役社長 横手 敏夫
 
pagetop