ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2014.06.22

ニュース

【第19節 千葉戦 選手コメント】

【第19節 千葉戦コメント】MF29 井上 翔太選手
s140621inoue-s.jpg
「ここ何試合かはゴールを決めるチャンスがある中で決められなかったので、やっと決められてホッとしました。チームにやっと貢献できたと思っています。渡が決めれば一番良かったですが、雨でスリッピーだったので、跳ね返ってくるなら自分のところに来ると思っていたので、準備ができていたから決められたと思います。みんなでシュートを打っていこうと試合前から言っていましたし、前半は自分たちのペースではいけなかったので、シュートでペースを掴んでいこうとみんなで話し合って、ちょっとずつシュートも増えましたし、それが点に繋がったのかなと思います。湘南は今シーズンは1敗しかしていない相手で強いチームですし、その中で自分たちのサッカーがどれだけできるか、やりたいことができればいいが、ゼロに抑えて点を取って勝ちたいなと思います」
Q:第一子が誕生して待望のゴールですが感想は?
「タイミング的にいい所で獲れて良かったと思いますし、これからも試合で取って、大きくなった時に振り返って見られるように頑張っていきたいと思います」


【第19節 千葉戦コメント】FW11 池元 友樹選手
s140621ikemoto.jpg
Q:惜しいシュートでしたね。
A:そうですね、少しニアに入りすぎたかなと思います。映像見なければわからないですけど、ギリギリだったかなと思います。ああいうところでシュートに持っていけたことに関してはプラスに考えたいし、押し込まれている状況で決めなければいけないというところは、しっかり意識してプレーを続けたいと思います。
Q:随分辛抱するゲーム内容になったと思いますけど、そういう事をわかっていてゲームに臨んだのではないですか。
A:そうですね。やっぱり毎試合主導権を握ってゲームを運びたいですが、こういうしっかり繋ぐことができる相手に対してああいう戦い方になってしまうことも少し割り切りながら、それでもしっかりカウンターであったり、前で起点になるということを意識しながらプレーを続けて、結果的に勝てたことはよかったですけれども、これからチームが良くなっていくためにはもっともっと変えていかなければならないことだったり、積み重ねていかなければならないことだったりがまだまだたくさんあるなとは思います。
Q:次は湘南戦ですが、連勝の波に乗ることはできますか。
A:そうですね、内容は納得できるものではないですが、開幕してからそうですけれども中々内容が上がってこない中で勝ち切るということが多いので、そういう勢いを大事にしながら、1位の相手ですので、今の自分たちがどれだけ通用するのか、個人もそうですし、チームとしても楽しみにやっていきたいと思います。


【第19節 千葉戦コメント】DF5 前田 和哉選手
s140621maeda2.jpg
Q:試合を振り返っていかがですか。
A:引いて守って、その後攻撃に繋げるパスや動き出しの部分で、今日はディフェンスの時間が多くて、切り替えられなかったり、ミスしたりが連続して、なかなかしんどいゲームでした。引いて守るというか、自分たちの陣地にボールが入ってきたら、ボールに対してもう少し行くプレーがあってもいいかなと思いますし、その辺はまだまだ緩いのか、行けないのかわからないですが、その点に関しては厳しく突き止める必要があると思います。しんどいとかは言っていられないですし、もっともっと奪った後に速く切り替えて前に出て行くスピードがギラヴァンツになくてはならないということと、あとはボールを保持する時間も必要かなと思います。
Q:前半立て続けにシュートを打たれましたが、その後何か変えたことはありますか。
A:後半に入る前のハーフタイムに、ボランチとケンペスのところが気になっていて、切った後に逆のスペースを突かれるということがあって、その辺はうまく対応できたと思います。あとはやっぱり個人個人が積極的にボールにアプローチしていこうということでした。アプローチに行かなければやっぱり相手はどんどん勢いづいていきますし、そうなってもおかしくない展開でしたけれども、勝てて良かったと思います。ただ自分たちのスタイルというものが確立されてきているので、それにプラスして、もう少しボールを奪った時の対応をしていきたいと思います。やっぱりミスが今は多いですね。それで守備時間が長くなりますし、そこは個人個人の責任感だと思います。次は湘南で強い相手なので、どれだけできるかという事と、自分たちが通用するかしないかということもわかってくると思います。スタンスというのは確立していく必要があると思うので、次のゲームは楽しみにしています。


【第19節 千葉戦コメント】FW15 大島 秀夫選手
s140621oshima.jpg
Q:渡選手とのコンビが活きるシーンがありましたが。
A:渡とこういう場面ではこうしようとかこういう狙いでという話はしていたので渡がそこに入ってくれました。1発で決めてくれればよかったですけど。
Q:その後もチャンスが何回かありましたね。
A:そうですね、でももう少しボールを失わなないようにしなければいけないし、マイボールの時間を増やすことができていれば、もう少し楽な逃げ切りができたかなと思います。何回か獲られたイメージが残っています。
Q:これでまた次回のプレー時間が増えるのでは。
A:そうですね、自分でしっかりアピールしてチャンスを作っていきたいと思います。





pagetop