ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2014.04.26

ニュース

【第9節 山形戦 コメント】柱谷監督

【試合総括】 柱谷 幸一監督

s140426hashiratani.jpg

ホーム連勝で来ていたので、今日もなんとか勝って繋いでいきたかったのですが、結果的に勝てなくて、非常に残念です。最後まで応援してくれていたサポーターの皆さんの後押しで、後半はかなり押し込めたのですけれども、最後、山形の守備をこじ開けることができませんでした。最後の攻撃のところの精度に関しては今日のゲームに限っては冴えなかったかなという印象です。連休でこれからゲームが続いていきますので、しっかりリカバリーして、もう一度整理し直して、次のゲームにみんなで向かって行きたいと思います。


【以下、質疑応答】

Q:後半(選手交代で)2枚投入されましたが、その意図は?

A:前で起点を作りたかったというところと、内藤も最近非常にいいパフォーマンスを練習やゲームでやっているので、前の方に入れてより攻撃を活性化させたかったので2枚投入しました。


Q:相手にセットプレーを多く与えているイメージを受けましたが、守備面での課題などはありますか。

A:コーナーキックが多いのは、相手のサイドの攻撃で深いところまで入られていたことが原因ではないかと思います。サイドの2対2の対応で少し後手を踏んだかなと思いますが、少しコーナーで足を引っ張られながらも、みんなしっかり集中してはね返したのではないかと思います。ゲーム全体の流れでいくと、質問とは少しズレますが、前半終了間際の失点というのがやはり痛かったかなという感じですね。たらればの話をするわけではないですが、最後のところをしっかりおさえて後半に入っていけば、もっと違った結果が出せたのかもしれないですね。


Q:前半最後の失点の場面ですが、サイドが失点の原因になっているのか、それとも中央の守備が原因なのか、どちらですか。

A:真ん中の守備は安定していたのではないかと思います。だから相手はサイドを攻めてきたのかもしれないですが、そこをサイドもクロスを上げさせないとか、そういう対応は必要であったかもしれません。ただ真ん中の守備に対しては非常に良い動きをしていたのではないかと思います。


Q:次の試合は福岡ダービーということですが、そこに向けての意気込みをお願いします。

A:基本的には次のゲームのことを考えてずっと準備をしてきているので、今日出た選手たちのコンディションの状態を見ることと、相手の今節のゲームも当然スカウティングするので、それを踏まえた上で決めていきたいと思います。ダービーですので、なんとか勝ちたいと思っています。


Q:5試合ぶりに無得点に終わってしまったのですが、次のゲームに向けて何か修正していくのか、或は今までやってきたことを続行していくのか、どちらですか。

A:中2日しかないので、新しいことを今からやるっていうのはなかなかできない部分があるので、やっぱり今までやってきたことを継続していくということと、これから自分たちのビデオも見るので、その中で修正点があれば修正していきたいとは思いますが、トレーニングに時間を多くかけるということはできないので、自分たちがベースとして積み上げてきたものを次のゲームに向けてやっていくというのが基本的な考えです。


Q:今日得点できなかった一番の原因は何ですか。

A:確率論からいうと数多くチャンスを作って数多く決定的な場面をつくれば、それで点を取る確率は上がると思います。後半のような戦い方をしていけば、かなり惜しいチャンスもありましたし、やはりあのようにゴールにどんどん向かって全体的に攻撃的にプレーしていく必要があると思いますし、そうすれば点は取れるのではないかと思います。

pagetop