ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2013.03.31

ニュース

【第6節 千葉戦コメント】柱谷 幸一監督

【第6節コメント】柱谷 幸一監督
s20130331hashiratani.jpg
【試合総括】
始めに遠いところから駆けつけてくれた北九州のファンとサポーターの皆さんに感謝すると同時にこういう結果になってしまった事に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ゲーム全体の印象は決定機をことごとく決められてしまった試合だったと思います。十分な状態でシュートを打たれてしまうと確実に枠に飛んでいきますし、高い確率でゴールが決まってします。ですから相手に十分な体勢で打たせない、少しでもプレッシャーをかけてシュートに対して制限をかけないとこういう結果になってします。そこの守備の強さが最後は足りなかったのかなと思います。
攻撃に関してはある程度しっかり自分たちがボールを繋いで攻撃するという形は示せたかと思います。選手は最後まで諦めないでしっかりポゼッションして攻撃するという意識を見せてくれたので満足しています。ただやはり1番大事なのはこういうゲームを通じてしっかり学びとるという事で次に向けてチームが成長していく事が大事だと思います。次のゲームまでの1週間で今日のゲームを教訓にしてしっかりと準備していきたいと思います。


【以下、質疑応答】
Q:最初の交代はキム→渡に関しての意図を教えて下さい。
A:攻撃にパワーを使いたかったからです。大島の周りで動いて大島をサポートして大島からのボールを受けて突破して欲しい、大島を飛び越してそのスペースでボールを受けて欲しいという攻撃にパワーをかけたかったので前線を入れ替えました。
その後は大島に変えて柿本を投入しましたが、大島はしばらくプレーが出来てなくて、ようやく今週からチームに合流しましたが、90分ゲームをやれていない状態での今日のスタメンだったので、どこまで持つか考えていましたが、そのタイミングが来たので柿本を投入しました。
最後のカードは多少みんな疲れているのは分かっていましたが、DFラインに関しては田中も冨士もサイドからいい攻撃への繋ぎがありましたのでDFラインを変えるよりは小手川に変えて森村を入れて中盤の繋ぎになって欲しいという意図で森村を投入して中盤の活性化を狙いました。
ただ点差から見てもに敗戦というのは明らかな状況で後半すぐに失点して0-4になりました。ハーフタイムにも選手たちにはまず0-0という気持ちで45分戦おうと。それから逆にリスクを背負って攻めるよりも、もう一度自分たちのサッカーをしっかり確立しなければいけない45分間にしたかったのである程度のバランスは取りながら自分達のゲームを作りたいという意図で交代のカードは切っていきました。

pagetop